保険は何歳から入ればいい?既婚/独身ごとの目安は?

                 

保険に入るタイミングで迷っている方なら一度は、

「何歳から入ればいいの?」

と思ったことがあるのではないでしょうか。

この記事では主に生命保険に入る年齢について、役立つ情報と考え方をご紹介します。

優秀なFPに相談できる保険相談 No.1、無料 保険相談の詳細はこちら

みんな何歳で入っている?

20代の約6割、30代の8割が保険に入っている

下図のとおり、男女ともに30歳代になると加入者が8割以上に増えています。

年代別の生命保険加入率グラフ

(生命保険文化センター「令和元年度 生活保障に関する調査」より作成)

平均初婚年齢・初産年齢が30歳前後なので、20歳代から大きく増えているものと推測されます。

また、一般に生命保険や医療保険は若い年齢で加入するほど月々の保険料が安くなることが多いことも理由のひとつでしょう。

学資保険の場合は子どもの年齢が最も重要

学資保険の場合は、親や保護者の年齢よりも加入時の子どもの年齢が重要事項になります。

学資保険に加入するのは、0歳から5歳くらいまでが一般的。
保険会社によっては、子どもの加入年齢に制限があります。

年代・世帯構成別 保険の必要度

結婚している方の保険の必要度を表にまとめました。
(独身の方はこちらのページをご参考にしてください)

年代・世帯構成別の保険の必要度

年代 子ども 共働き 保険の必要度
20代 あり × 非常に高い
なし × 高い
あり 非常に高い
なし やや高い
30代 あり × 非常に高い
なし × 高い
あり 非常に高い
なし やや高い
40代 あり × 非常に高い
なし × 高い
あり 非常に高い
なし やや高い
50代 あり × 高い
なし × やや高い
あり 高い
なし 低め
60代 あり × 高い
なし × やや高い
あり やや高い
なし 低め

※上記はあくまで目安です

「年齢が若い」「子どもがいる」「共働きでない」に当てはまるほど、保険の必要性は高いといえるでしょう。

子どもの有無は最重要!

自分にもしものことがあったとき、残された家族が子どもの教育費を用意しなければいけません。

また、子どもが多いほど保険の必要度は高くなるので注意しましょう。
それは、用意しなければいけない教育費が子どもの人数だけ増えるためです。

若いほど生命保険の必要性が高い理由

生命保険に関していえば、年齢が若いほど保険に入る必要性が高いと言えます。

その理由は、年齢を重ねるにつれて必要な死亡保障額は少なくなっていくからです。

下の図のように、亡くなる年齢が高くなるほど、残された家族に必要な教育費や生活費の総額(=必要保障額)は少なくなっていきます。

年齢と必要保障額の変化

つまり、「若い人ほど残りの人生が長いので必要保障額が多い=保険で備える必要性が高くなる」というわけです。

\お申込み「カンタン1分」/
〜ライフプランやマネープランのアドバイスも実施中〜

無料 保険相談お申込みはこちらから

\お申込み「カンタン1分」/
〜ライフプランやマネープランのアドバイスも実施中〜

無料 保険相談お申込みはこちらから

オンラインでの保険相談(無料)も
お選びいただけます

20代~30代は貯蓄・資産形成を始めるチャンス

若いうちに保険に入るメリットは、上で説明した
「月々の保険料が安くなりやすい」
「必要保障額が高い、若い時期のリスクに備えられる」
のほかにもあります。

それは「資産形成・資産運用は若いうちに始めるほど有利」ということ。

資産運用の世界では、運用期間が長いほどリターン(利益)を大きくしやすいのが原則です。

生命保険の中には、「貯蓄型(積み立て型)保険」という、死亡保障をつけながら貯蓄(資産運用)ができるタイプの商品があります。

貯蓄型保険に入る年齢が若いほど、リタイアまでに運用できる期間が長くなり、その分だけリターンをふやしやすくなるのです。

\お申込み「カンタン1分」/
〜ライフプランやマネープランのアドバイスも実施中〜

無料 保険相談お申込みはこちらから

\お申込み「カンタン1分」/
〜ライフプランやマネープランのアドバイスも実施中〜

無料 保険相談お申込みはこちらから

オンラインでの保険相談(無料)も
お選びいただけます

年齢以外で考えるべき要素

保険に入るタイミングを考えるときには、年齢や世帯構成のほかにも、家計の状況や生活環境も大事な要素となります。

以下に該当する項目が多いほど保険に入る必要性が高くなります。

  • 配偶者がパート・アルバイトなどである
  • 自分や配偶者の親などの扶養家族がいる
  • 貯蓄が少ない
  • 自営業者である
  • 自分や配偶者が亡くなったときの不安が強い

扶養家族がいる方は、その人数が多いほど生活費が高くなりやすいため、保険の必要性が高いといえます。

また、自営業者だと必要性が高くなるのは、遺族年金などの公的保障がサラリーマンよりも薄いためです。

\お申込み「カンタン1分」/
〜ライフプランやマネープランのアドバイスも実施中〜

無料 保険相談お申込みはこちらから

\お申込み「カンタン1分」/
〜ライフプランやマネープランのアドバイスも実施中〜

無料 保険相談お申込みはこちらから

オンラインでの保険相談(無料)も
お選びいただけます

結論:同じ年齢でも必要な保険は人それぞれ

ここまでご説明したように、年齢は保険に入るタイミングを考える要素の一つでしかありません。

生活環境や将来設計、ご自身の価値観に合った選択をすることで、結果的にお金の失敗や後悔を防ぐことになります。

また、保険に入ることを決めたとしても、どんな保障のものがよいのか、そしてそれはどこの保険会社から入ればいいのかも考える必要があります。

自分に合った保険を早く楽に選ぶ方法

「今の自分に保険が必要かどうか?」
「自分に必要な保険はどんなものか?」
「どこの保険会社の商品がベストなのか?」

一から自力で調べて考えようとすると、かなりの労力と時間が必要になるでしょう。

上のような疑問を、最短時間で、お金をかけずに解決する方法があります。

それは、FP(ファイナンシャルプランナー)への無料相談です。

FPは、幅広いお金の専門知識を持った保険のプロなので、あなたに最適なご提案をすることができます。

保険マンモスでは、わかりやすいご説明と丁寧なサポートができる優秀なFPを無料でご紹介しています。

オンラインでのご相談にも対応しておりますので、ぜひ一度お気軽にご利用ください。

執筆者プロフィール

三嶋裕貴

2級ファイナンシャル・プランニング技能士。出版社に勤務したのち、保険マンモス専属ライターとして入社。
お金の失敗を防ぐための保険選びや見直し方、資産運用などの記事を執筆。

\お申込み「カンタン1分」/
〜ライフプランやマネープランのアドバイスも実施中〜

無料 保険相談お申込みはこちらから

\お申込み「カンタン1分」/
〜ライフプランやマネープランのアドバイスも実施中〜

無料 保険相談お申込みはこちらから

オンラインでの保険相談(無料)も
お選びいただけます

優秀なFPに相談できる保険相談 No.1、豪華プレゼントキャンペーンの詳細はこちら

人の数だけある保険のカタチ 保険相談のプロフェッショナルをご紹介します。

【無料】 保険相談:お急ぎの方はこちら
〜特長を1ページにまとめています〜

保険マンモスのおすすめサービス

ネットで1分!保険診断

保険マンモスの【無料】 保険相談をシェア

気に入ったら いいね!

気に入ったら
いいね!

保険マンモスの最新情報をお届けします