専業主婦の場合の保険選び・見直しとは

                 

ご結婚されている女性の死亡保障は、各家庭における役割によって状況が変わってきます。

ご結婚されている女性の死亡保障を考えた場合、残された家族への影響は一般的には

共働きで妻が死亡したとき

となります。
例えば、専業主婦で、現在の生計を支えているのが夫であれば、万一のときも家族が経済的に困ることはあまりありません。

このように主婦の方の場合は、収入の大小によって、保険の入り方を考える必要があります。

働いている方の場合の保険選びについては、下記2つのリンクでご説明していますので、ここでは専業主婦の方について考えてみましょう。

専業主婦の保険選び

死亡保障

専業主婦には収入がありませんので、万が一の場合の死亡保障はあまり必要ありません。以下のポイントに絞って必要最低限の保障を確保すればよいでしょう。

  • お葬式代・お墓代の費用
  • 家事や育児の働きをカバーするための備え(例えば、ベビーシッター・保育料など)

医療保障

病気やけがで入院すると、医療費や雑費などの負担が増えます。また、幼い子供がいる場合は、夫は子供をどこかに預けて働かなければならず、ベビーシッターや保育料などの支出が発生することが考えられます。

これらのことを考えて、十分な保障がある医療保険に入っておくとよいでしょう。

人気の女性保険

これまで見てきたように、専業主婦の方は入院保障などの医療保険をしっかり検討する必要があります。

その中で、最近は、女性特有の病気に手厚い「女性のための保険」が数多く販売されていますので、ぜひ積極的に検討したいものです。

主婦の方の保険は、家庭内の役割によって設計が違ってきます。専門のFPに相談すると良いでしょう。

人の数だけある保険のカタチ 保険相談のプロフェッショナルをご紹介します。

気に入ったら いいね!

気に入ったら
いいね!

保険マンモスの最新情報をお届けします