保険を安くする秘訣!三角のマジック!

                 
生命保険は「三角のマジック」でもっと安くなります

必要な保障が確保でき、しかも無駄が無いのが理想的な保険です。

そして、そんな理想的な保険に加入するための保険見直しテクニックが「三角のマジック」です。

優秀なFPに相談できる保険相談 No.1、無料 保険相談の詳細はこちら

保険は三角で安くなる!!

生命保険、保険金額を縦軸、保険期間を横軸にして図に表すことができます。

あなたが加入している生命保険を図にしてみると、どちらの形になりますか?

生命保険の形

生命保険の形

残される家族に必要なお金に注目すると、正しい保険の形は三角形になります!

必要保障額は年々減少する

もし家計を支える大黒柱のあなたが死亡してしまった場合、あなたの収入が途絶えることになっていまいます。

そうなると、残された家族がその後の生活を送っていくにはお金が足りないということになります。

保険の世界ではその足りないお金のことを必要保障額といい、生命保険の保険金の額はこの必要保障額とするのが理想的です。

そして、ここが重要なのですが、この必要保障額は常に一定ではなく、時間経過とともに年々少なくなっていくのです。

子供の教育費の場合

必要保障額が年々減少していくことは、子供の教育費を例にするとわかりやすいでしょう。

ここでは、夫(30歳)、妻(25歳)、子供(3歳)という3人家族を例にして。

夫が今死亡した場合と3年後に死亡した場合で、その後の子供の教育費がどうなるかを比較してみます。

子供の教育費(今と3年後の比較)

子供の教育費(今と3年後の比較)

子供が幼稚園を卒園していれば、今後必要なのは小学校以降の教育費で、小学校を卒業していれば、今後必要なのは中学校以降の教育費となります。

このように、必要な教育費は年々減少していきます。

子供の教育費の推移

子供の教育費の推移

教育費と同様、残された家族に必要な生活費なども年々減少していきます。

無料 保険相談お申込みはこちらから

無料 保険相談お申込みはこちらから

オンライン【無料】保険相談を
ご希望の方はこちらをご参照ください

必要保障額が三角だから保険も三角に

残された家族に必要な保障額は年々減っていき、図にすると右肩下がりの三角形になります。

必要保障額の推移

必要保障額の推移

したがって、生命保険(死亡保険)の保険金額もそれに合わせて、年々減っていく右肩下がりの三角形にするのが自然な考え方です。

そして、裏を返せば四角形の保険には保障が無駄になる部分があるということです。

保険金額がずっと一定の四角形の保険に入っているという方は、保険を見直すことをおすすめします。

四角の保険と三角の保険の違い

それでは、四角い保険と三角の保険では、保険料にどれくらいの差があるのかみてみましょう?

四角い保険と三角の保険

四角い保険と三角の保険

これぞ「三角のマジック」!四角い保険を三角の保険にすると、なんと月々の保険料は半分以下になります

尚、ここでいう四角い保険とは定期保険、三角の保険とは収入保障保険や逓減定期保険などです。

ぜひ、このような無駄のない保険に見直して保険料を賢く節約しましょう

無料 保険相談お申込みはこちらから

無料 保険相談お申込みはこちらから

オンライン【無料】保険相談を
ご希望の方はこちらをご参照ください

まとめ

年々減少する必要保障額に合わせて保険金の額も減っていくようにすれば保険料を安くできます。

ただし、実際に保険料を安くするには複数の保険商品を比較して最も自分に合ったものを選ぶことが必要です。

FP(ファイナンシャルプランナー)に、是非ご相談ください!!

保険マンモスでご紹介するFPは、一人ひとりのライフプランに合わせて最適な保険をご提案いたします。

無料 保険相談お申込みはこちらから

無料 保険相談お申込みはこちらから

オンライン【無料】保険相談を
ご希望の方はこちらをご参照ください

優秀なFPに相談できる保険相談 No.1、豪華プレゼントキャンペーンの詳細はこちら

人の数だけある保険のカタチ 保険相談のプロフェッショナルをご紹介します。

【無料】保険相談:お急ぎの方はこちら
〜特長を1ページにまとめています〜

保険マンモスのオススメサービス

ネットで1分!保険診断

保険マンモスの【無料】保険相談をシェア

気に入ったら いいね!

気に入ったら
いいね!

保険マンモスの最新情報をお届けします