働いている女性の保険選び・見直しとは

                 

経済的に自立したり、家計を支えている女性が増え、ライフプランや家庭の状況に応じた保険選びが重要です。

働いている女性の保険選びの考え方

独身の場合

死亡保障は、自分が死亡した時にかかる費用を遺族に 負担させないようにする程度のもので十分で、自分の病気・けがの治療のために医療保険を検討するのがまずは必要と考えられます。

しかし、両親等を扶養しているような場合は、自分が死亡した場合に両親等が経済的リスクを負う場合がありますので、必要に応じた死亡保険が必要です。

死亡保障は基本的にはお葬式代 + αで大丈夫です!

保険に加入するときは、以下のポイントにそって優先順位を決めて保険を選びましょう。

  1. 自分が病気・けがの時の治療を目的とした保険をおさえる。
  2. 自分が死亡した時のお葬式代・お墓代に相当する最低限の死亡保険を検討する。
  3. 結婚資金や年金などの準備として、貯蓄性のある保険を検討する。

結婚している場合

自分の収入が、生活費やローン支払いなどの中で、どのようなウェイトを占めているかが重要となります。

自分の収入が生活費等にあてられていない場合は問題ありませんが、もし、生活費やローン支払いにあてられている場合、万一の時に残された家族は経済的に困ることになります。

つまり、そのリスクを補てんするための死亡保障が必要となります。

またこのことは、病気やけがで入院した場合も同様なので、医療に関する保険もしっかり検討しておきましょう。

保険に加入するときは、以下のポイントにそって優先順位を決めて保険を選びましょう。

  1. 自分の収入が家計に占めるウェイトに応じて、死亡した場合に残された家族に必要な死亡保険を検討する。
  2. 病気やけがの時の治療を目的とした保険をおさえる。
  3. 自分が主に家計を支えている場合は、所得補償保険も検討しておく。

いずれにしても、自分に何かあった時に、家族が経済的にどのくらい困るのかということを考えて保険を選ぶことが考え方の基本となります。

人気の女性保険とは

最近は、「女性のための保険」が数多く販売されています。一般の保険と比べて、果たしてどのような違いがあるのでしょうか?

女性特有の病気への手厚い保障

一般の医療保険に比べて、女性特有の病気に対して手厚い保障があります。

例えば、子宮がん、乳がんや出産関連の病気などです。(一般の医療保険でも保険金は出ます)

女性ならではのリスクに備えるという観点から、意義のある保険ですし、一般の医療保険と保障内容をよく比較検討して選択しましょう。

ボーナスが出る商品

一定期間毎にボーナスが出る商品があります。

このタイプの保険の場合、何年か毎にボーナスやお小遣いとして、給付金が受けられます。この給付金は、健康な場合に支給されるタイプと、生存していたら病気であっても支給されるタイプがあります。

特に後者のような必ず給付金を受け取れるタイプの場合は、基本的に保険料の一部を給付金のために積立てている(つまり貯蓄)ことになります。積立の分、保険料は高くなっていますし、その差額と給付金の合計額とを比べてみて、本当におトクなのか判断しましょう

このような特徴を理解して、自分にあった保険を選びましょう。

本質的な保険の意味を考えた場合は、性別による保険の違いはそれほど大きくありません。

しかし、女性ならではのライフスタイルの特徴や、特有の病気のことなどもありますので、これらをしっかり考慮して、よりメリットのある保険を選ぶことが大切です。

ただし、そこまで考えて保険を選ぶのは大変だという方は、保険のプロであるファイナンシャル・プランナーに相談して、基本から教えてもらうのも良いかもしれません。

人の数だけある保険のカタチ 保険相談のプロフェッショナルをご紹介します。

気に入ったら いいね!

気に入ったら
いいね!

保険マンモスの最新情報をお届けします