女性の生命保険えらび 4つのポイント

                 

女性が生命保険を選ぶ際、どのような点に注意したらよいのでしょうか。

例えば、下記のような疑問や希望が浮かぶ方は多くいらっしゃると思います。

「生命保険の加入って必要なの?」
「私にはどんな保障が必要?」
「生命保険はいつ加入するのがいいの?」
「掛け捨て型と貯蓄型はどちらがいいの?」
「よくFPに相談って聞くけど、どんなFPに相談するかも大切だよね」

そこでここでは、上記の疑問にすべてお答えする「女性の生命保険えらびのポイント4つ」をご紹介。女性の皆さまに良き生命保険えらびをしていただけるようサポートします。

優秀なFPに相談できる保険相談 No.1、無料 保険相談の詳細はこちら

ポイント1.そもそも生命保険の加入は必要?どんな保障が必要?

生命保険加入の必要性は、独身か既婚か、共働きか専業主婦か、子どもの有無によって変わります。

また、保障内容に関しては、生命保険に特約という形でさまざまな保障を付加することができます。

例えば、入院や手術費用を保障する「医療保障特約」や、病気やケガで働けなくなった場合のお給料代わりとなる「就業不能保障特約」などです。

下表は、上記の家庭環境に応じた生命保険加入の必要性と、必要な保障をまとめたものです。

家族環境 保険の必要性 必要な保障
独身 医療特約/(就業不能保障特約)
既婚 共働き 子どもあり 死亡保障/医療特約/(就業不能保障特約)
子どもなし 医療保障
専業主婦 子どもあり 死亡保障/医療特約/(就業不能保障特約)
子どもなし 医療保障

カッコ内は自営業の場合に必要となる「就業不能保障特約」です。自営業の方は病気やケガで働けなくなった場合の社会保障「傷病手当金」がないため、加入するのがお勧めです。

独身の場合、ご自身の葬儀費用やご両親に遺す等のご希望がない限り、死亡時の保障は不要な場合が多いでしょう。

一方で、病気になった時の保障は手厚くしておきましょう。貯蓄型の生命保険に加入してお金を貯めながら、医療特約で入院や手術の保障を得ることで、貯蓄と保障を両立できます。

既婚の場合、子どもがいる場合のほうが保障を手厚くする必要があります。さらに、妻が収入を得ている場合は、世帯年収をもとに子どもの教育プランを考えている場合が多いため、妻の収入を保障する死亡保障を付けたほうが良いでしょう。

\お申込み「カンタン1分」/
〜ライフプランやマネープランのアドバイスも実施中〜

無料 保険相談お申込みはこちらから

\お申込み「カンタン1分」/
〜ライフプランやマネープランのアドバイスも実施中〜

無料 保険相談お申込みはこちらから

オンラインでの保険相談(無料)も
お選びいただけます

ポイント2.女性が生命保険に入るベストタイミングとは?

女性が生命保険に入るタイミングは、下記がお勧めです。

  • 年齢が若いうちに加入する
  • 結婚したとき
  • 妊娠する前
  • 出産後
  • 子どもが巣立った時
  • 就業形態が変わった時

なるべく若いうちに加入するのがお勧めです。

一般的な生命保険の場合、保障が同じなら加入年齢が若い方が保険料は安くなります。死亡リスクが低く、健康を害するリスクも低いからです。

若いうちに生命保険に加入したほうが良いのは、保険料が安くなるからだけではありません。

健康告知の必要な生命保険の場合、病気をするとその後一定期間は保険に加入することができないため、病気にかかるリスクの低い若いうちに加入したほうが良いというのもあります。

次に、ライフステージが変わる時です。

大きなイベントとしては、結婚や妊娠、出産、子どもの巣立ちですね。

ご家族がふえるタイミングで新しく生命保険に加入したり、子どもが巣立った時に生命保険を見直して子どもの教育費分の保障を減らす対応もできます。

注意点は妊娠の時です。

妊娠すると妊娠高血圧症候群等、妊娠期特有のさまざまな健康リスクがあります。そのため、保険に加入できても保障内容が制限されることがあります。生命保険の加入時には医療特約を付けることも多いため、妊娠前に生命保険の加入をしたほうが、制限なく保障を得られるでしょう。

\お申込み「カンタン1分」/
〜ライフプランやマネープランのアドバイスも実施中〜

無料 保険相談お申込みはこちらから

\お申込み「カンタン1分」/
〜ライフプランやマネープランのアドバイスも実施中〜

無料 保険相談お申込みはこちらから

オンラインでの保険相談(無料)も
お選びいただけます

ポイント3.女性の生命保険は掛け捨て型と貯蓄型どちらがいい?

生命保険には、掛け捨て型と貯蓄型の2種があります。

貯蓄性の有無が大きな違いですが、それぞれを比較した特徴は下表の通りです。

掛け捨て型 貯蓄型
保険料 安い 高い
(掛け捨て型と比較して)
貯蓄性 ない
(少額だがある場合も)
ある
(返戻金※は支払った保険料を下回る場合も)
保障期間 決まっている場合が多い 一生涯続くものもある
メリット
  • 見直しがしやすい
  • 貯蓄型より安く保障が得られる
  • 長期間の保障
  • 貯蓄性がある

※返戻金とは、保険料から一定額が積み立てられ、解約や満期時に積み立てた金額が受け取れること。

女性の場合、妊娠や出産に伴って、男性に比べて就労環境の変化が大きくなります。そのため、保障期間が短期間に設定ができて見直しがしやすい掛け捨て型の保険に加入し、ライフステージや就労環境の変化に応じて保障を適正に見直しても良いでしょう。

一方で長期間の保障を得ながら貯蓄も兼ねられる貯蓄型は、若い時に加入することで、安い保険料で一生涯の保障を得ながら貯蓄もできるため、子どもの教育費等がかかる時期に加入するよりも家計への負担が減るでしょう。

\お申込み「カンタン1分」/
〜ライフプランやマネープランのアドバイスも実施中〜

無料 保険相談お申込みはこちらから

\お申込み「カンタン1分」/
〜ライフプランやマネープランのアドバイスも実施中〜

無料 保険相談お申込みはこちらから

オンラインでの保険相談(無料)も
お選びいただけます

ポイント4.女性の生命保険えらびは「誰に相談するか」が重要!?

生命保険を選ぶ際は、保険の専門家である「FP(ファイナンシャルプランナー)」に相談して、今後のライフプランやマネープランの作成も一緒に行う方は多くいらっしゃいます。

いまと将来に必要なお金を算出したり予測することで、生命保険の保障額を適切に設定することができますし、将来のお金の不安を解消したり対策をすることもできます。

しかし、「FPなら誰でもいい」という方は少ないのではないでしょうか。

できる限り優秀でマナーも良く、ご自身の環境や心情を理解して親身になってくれるFPに相談したいと思うのは当然のことです。

女性の場合は、女性FPに相談したいという方も多くいらっしゃいます。

保険マンモスでは、保険やお金の知識や相談実績が豊富で能力の高いFPだけをご紹介しています。さらに、女性FPを希望することもできます(まれに、タイミングやお住いの地域によってはご希望に沿えない場合もございます)。

ご相談は何度でも無料です。生命保険のご加入や見直しをされる際は、ぜひ保険マンモスをご利用ください。

\お申込み「カンタン1分」/
〜ライフプランやマネープランのアドバイスも実施中〜

無料 保険相談お申込みはこちらから

\お申込み「カンタン1分」/
〜ライフプランやマネープランのアドバイスも実施中〜

無料 保険相談お申込みはこちらから

オンラインでの保険相談(無料)も
お選びいただけます

優秀なFPに相談できる保険相談 No.1、豪華プレゼントキャンペーンの詳細はこちら

人の数だけある保険のカタチ 保険相談のプロフェッショナルをご紹介します。

【無料】 保険相談:お急ぎの方はこちら
〜特長を1ページにまとめています〜

保険マンモスのおすすめサービス

ネットで1分!保険診断

保険マンモスの【無料】 保険相談をシェア

気に入ったら いいね!

気に入ったら
いいね!

保険マンモスの最新情報をお届けします