保険の請求期限切れに注意!原因と対策を解説

                 

保険に加入されている方のうち、「保険金・給付金の請求をいつまでにしなければいけないか」を知っている方はどれほどいるのでしょうか。

保険の請求期限は、3年と決まっています。

では、3年を過ぎてしまったらどうなるのでしょうか?

このページでは、保険の請求期限のルールと、過ぎてしまったときの対応、請求期限切れを防ぐ方法をご説明します。

優秀なFPに相談できる保険相談 No.1、無料 保険相談の詳細はこちら

保険の請求期限は法律上で3年

法律上の請求権は3年で時効になる

法律では、保険から支払われる保険金・給付金・解約返戻金などを受け取れる権利について、権利を得たときから3年間行使しないと消滅すると定められています。

保険給付を請求する権利、保険料の返還を請求する権利及び第六十三条又は第九十二条に規定する保険料積立金の払戻しを請求する権利は、これらを行使することができる時から三年間行使しないときは、時効によって消滅する。

保険法第95条

この3年という消滅時効の期間は、生命保険でも損害保険(自動車保険や火災保険など)でも同じです。

また「権利を得たとき」とは、亡くなったときや入院・手術などをしたとき、事故などに遭われたときを指します。
※詳細は保険の約款(やっかん)をご確認ください

では、3年を過ぎてしまったら1円ももらえなくなってしまうのでしょうか?

無料 保険相談お申込みはこちらから

無料 保険相談お申込みはこちらから

オンライン【無料】保険相談を
ご希望の方はこちらをご参照ください

3年で必ず請求できなくなるとは限らない

法律上では3年で時効と決まっていますが、絶対に保険金や給付金が受け取れなくなるわけではありません。

3年を過ぎている場合でも、保険会社が何らかの対応をしてくれる可能性があります。

これは、法律上時効を成立させるためには、保険会社が「時効になったので、保険金を払わず利益を得ます」という意思表示をしなければならないためです。
(この意思表示を専門用語で「時効の援用」といいます)

一般的に、保険会社が時効を成立させることは少ないようです。

実際、一部の生命保険会社では公式サイトで「必要書類がそろっていれば請求できる」と明記しています。

無料 保険相談お申込みはこちらから

無料 保険相談お申込みはこちらから

オンライン【無料】保険相談を
ご希望の方はこちらをご参照ください

請求期限を過ぎていたらどうすればいい?

請求期限切れに心当たりがある方は、以下の流れにそって行動するとよいでしょう。

  1. 保険の契約内容を確認する
  2. 保険会社に連絡する
  3. 請求に必要な資料をそろえて手続きする

1.保険の契約内容を確認する

保険証券または「契約内容のお知らせ(ご案内)」を読んで、過去に保障対象となる事故や病気などがないかを確認します。

2.保険会社に連絡する

保険会社に連絡する際は、カスタマーセンターに電話などで問い合わせるとよいでしょう。

保険は、もしものときにご本人やご家族を守るための大切な契約です。

期限が過ぎていても簡単には諦めず、「ダメでもともと」の気持ちで保険会社に問い合わせてみましょう。

3.請求書類をそろえて手続きする

保険会社に連絡して、「書類がそろっていれば請求できる」との回答が得られたら、請求に必要な書類と手続きの方法を聞きましょう。

あとは教えられたとおりに必要な書類を用意して、手続きをするだけです。

請求期限切れの原因と対策

ここまでは請求期限を過ぎた場合の対処法をご案内してきましたが、期限切れはないに越したことはありません。

原因と対策を知って、請求にかかわるトラブルを予防しておくことが大事です。

請求期限を過ぎてしまう原因

保険の請求期限を過ぎてしまう原因には、主に次のようなものがあります。

  • 忙しくて請求することを忘れてしまう
  • 保険の契約をしたこと自体を忘れている
  • 保障内容を把握しきれていない

保険金や給付金は、基本的に請求しないと受け取ることができません。

そのため、請求もれがあるとせっかく保険料を払ってきた保険契約が無駄になってしまう可能性があります。

では、保険の請求もれを防ぐにはどうすればよいのでしょうか。

保険内容の確認・相談はプロに聞くのが早くて正確

上に挙げた3つの原因への対策は、次のとおり。

ポイント

  • 請求手続きをすぐに済ませる
  • 加入している保険契約を整理・確認する
  • 加入中の保険の保障内容を理解する

これを読んだ方のほとんどは「大変そう…」と感じるでしょう。

そんなわずらわしさを感じずに済ませたい方には、FP(ファイナンシャルプランナー)への無料保険相談がおすすめです。

FPとは、いわば「保険のプロ」。
自分の担当FPがいれば、もしものときの手続きやささいな疑問・相談などのサポートを受けることができます。

さらに、FPならあなたの保険契約の整理・確認をして、その内容をわかりやすくご説明し、それがあなたに合っているかどうかのアドバイスもご対応可能です。

保険マンモスは、保険やお金の疑問をわかりやすくご説明し、あなたのお悩みの解決をサポートできる優秀なFPをご紹介しています。

無料でご利用いただけるので、ぜひ一度お気軽にご利用ください。

執筆者プロフィール

三嶋裕貴

2級ファイナンシャル・プランニング技能士。出版社に勤務したのち、保険マンモス専属ライターとして入社。
お金の失敗を防ぐための保険選びや見直し方、資産運用などの記事を執筆。

無料 保険相談お申込みはこちらから

無料 保険相談お申込みはこちらから

オンライン【無料】保険相談を
ご希望の方はこちらをご参照ください

自分に合った保険が見つかる保険相談 No.1、4種類から選べる豪華なプレゼント、キャンペーンの詳細はこちら

人の数だけある保険のカタチ 保険相談のプロフェッショナルをご紹介します。

保険マンモスのオススメサービス

ネットで1分!保険診断

保険マンモスの【無料】保険相談をシェア

気に入ったら いいね!

気に入ったら
いいね!

保険マンモスの最新情報をお届けします