ジュニアNISAとは?制度変更で何が変わった?

                 

お子さま1人あたり1,000万円を超えることもある教育費。この費用をどのように備えていくか、悩まれるご家庭も多いようです。

教育費の準備法にはさまざまなものがありますが、その一つに資産運用を活用する「ジュニアNISA」があります。

「聞いたことはあるけど、詳しくは知らない」という方も多いこの制度。実は2020年の制度変更によって使いやすくなっているのです。

ここではジュニアNISAの特徴についてご説明します。

優秀なFPに相談できる保険相談 No.1、無料 保険相談の詳細はこちら

ジュニアNISAとはどんな制度?

ジュニアNISAの特徴

  • 年間80万円までの投資から得た運用益が非課税になる
  • 子ども1人につき1口座のみ開設できる
  • 運用による元本割れのリスクがある
  • 2024年以降ならいつ引き出しても非課税

通常は株式や投資信託の利益には約20%の所得税が課されますが、ジュニアNISAを利用した場合は、利益にかかる税金がゼロになります。これがジュニアNISAの最大のメリットです。

また、他のNISA制度と違い、口座の名義が子どもであることも大きな特徴です。そのため、きょうだいがいる場合は人数分だけ非課税投資枠が増えます。

実はジュニアNISAは2023年末で終了することが決まっているのですが、3年間の投資枠をフルに使えば、子ども1人あたり約240万円拠出できます。

制度変更で引き出し制限がなくなった

当初はジュニアNISAで投資した資金は、子どもが18歳になるまで引き出しができませんでした。

しかし、2020年の制度変更で、2024年以降ならいつでも引き出せることになりました。

引出制限がネックとなって人気がなかったため終了となったのですが、制度変更により、だいぶ使いやすくなっています。

無料 保険相談お申込みはこちらから

無料 保険相談お申込みはこちらから

オンライン【無料】保険相談を
ご希望の方はこちらをご参照ください

ジュニアNISAに向いているのはこんな人

ジュニアNISAは資産運用で教育費を準備するものなので、必ず増えるという保証はありません。

運用がうまくいかなければ、投資した金額より減ってしまう(元本割れ)リスクもあります。

ジュニアNISAを利用するかどうかは、制度の特徴と、リスクについてよく理解した上で決めましょう。

ジュニアNISAが合っている人

  • 元本割れリスクがあっても運用していきたい
  • 子どもが大きくなったら口座を渡してあげたい
  • 金融や投資の仕組みを学ぶきっかけに活用したい
  • 積み立てよりも一括買い付けで運用したい
  • 個別株への投資も検討したい

無料 保険相談お申込みはこちらから

無料 保険相談お申込みはこちらから

オンライン【無料】保険相談を
ご希望の方はこちらをご参照ください

ジュニアNISAの始め方

ジュニアNISAを利用するためには、証券会社や銀行などの金融機関でジュニアNISA口座の開設が必要となります。

申込みから投資開始までの流れは以下のとおりです。

  1. 金融機関に口座開設の申込みをする
  2. 金融機関から届く口座開設書類を返送する
  3. 金融機関での未成年口座をつくる
  4. ジュニアNISA口座開設通知が届く
  5. 投資開始

口座開設までにかかる期間は1カ月程度です。3と4の間には金融機関と税務署の間での手続きがあるので、1~2週間待つことになるでしょう。

金融機関に返送する口座開設書類には、保護者の本人確認書類のほかに、子どものマイナンバーを確認できる書類(マイナンバー通知カード、マイナンバーカードのコピー等)が必要となります。

無料 保険相談お申込みはこちらから

無料 保険相談お申込みはこちらから

オンライン【無料】保険相談を
ご希望の方はこちらをご参照ください

ジュニアNISAとその他の貯蓄法を併用するという選択肢も

教育費の準備法は、ひとつだけを選ばなければいけないというわけではありません。

自分がとれるリスクの範囲でジュニアNISAに投資し、学資保険などの比較的安全性の高い金融商品と併用するという選択肢もあります。

この2つを併用することのメリットは、ジュニアNISAでリターンを期待した運用をしながら、学資保険で死亡時のリスクにも備えられることです。

ここでいう死亡時のリスクの備えとは、「保険料払込免除特約」のこと。ただし、保険料と投資金額で出費が2種類になるので、負担が重すぎて家計が苦しくなってしまわないよう注意が必要です。

また、学資保険とジュニアNISAの配分についても、リスクとリターンのバランスをとって決める必要があります。

無料 保険相談お申込みはこちらから

無料 保険相談お申込みはこちらから

オンライン【無料】保険相談を
ご希望の方はこちらをご参照ください

まとめ

ジュニアNISAとは、資産運用によって教育費をふやしていくための制度。2023年末までで終了となりますが、制度変更によって引き出し制限がなくなりました。

投資によって大きなリターンを得られる可能性がある一方で、運用による元本割れリスクはゼロではありません。

ジュニアNISAを利用するか、あるいは他の貯蓄法と併用するかは、特徴を理解し、自分がどれだけリスクをとっていくかで決めることが重要です。

どの貯蓄法が自分に合っているか、毎月いくらずつ貯めていくか、具体的な金融商品をどれにするかを考えるのは、専門知識がなければ非常に困難です。

少しでも悩んだら、お金のプロであるFPのアドバイスを聞くことが、最も早くて安心な方法です

保険マンモスは知識・経験豊富なFPを無料でご紹介しています。あなたの人生設計に合った貯蓄法について、一度相談してみませんか?

執筆者プロフィール

三嶋裕貴

2級ファイナンシャル・プランニング技能士。出版社に勤務したのち、保険マンモス専属ライターとして入社。
お金の失敗を防ぐための保険選びや見直し方、資産運用などの記事を執筆。

無料 保険相談お申込みはこちらから

無料 保険相談お申込みはこちらから

オンライン【無料】保険相談を
ご希望の方はこちらをご参照ください

自分に合った保険が見つかる保険相談 No.1、4種類から選べる豪華なプレゼント、キャンペーンの詳細はこちら

人の数だけある保険のカタチ 保険相談のプロフェッショナルをご紹介します。

保険マンモスのオススメサービス

ネットで1分!保険診断

保険マンモスの【無料】保険相談をシェア

気に入ったら いいね!

気に入ったら
いいね!

保険マンモスの最新情報をお届けします