今加入している保険が本当に続ける価値があるか一発で見極める方法

                 

自分が加入している保険は、今のまま続けるべきか?
それとも見直しをするべきか?

それを一発で見極める方法があるとしたら、あなたは知りたいですか?

その保険に続ける価値があるかどうか素人が判断するのは簡単ではない

結論から言えば、素人が保険を続けるべきか判断するのは簡単ではありません。その理由は、判断するには多くの確認すべきポイントがあり、専門的な計算などが必要になるからです。

例えば、保険に加入する際には必ず必要保障額を計算します。必要保障額とは、万が一のことが起きてしまったときに将来必要になるであろう金額の合計から、すでに準備できている金額を差し引いたものを言います。

具体的には、残された家族の生活費や子供の教育費、車の買い替えなどの将来必要になるであろう金額を計算し、そこから預貯金や株式、不動産などの資産、会社の退職金、遺族年金や将来受け取ることができる年金などを差し引いて計算します。

このような計算を何度も行ったことがある人なら簡単かもしれませんが、ほとんどの人は難しいと感じるのではないでしょうか。

また、すでに加入している保険の正確な保障内容を把握し、その保障が何歳まで続くのか、保険料の総額はいくらになるのか、解約したらいくらのお金が戻ってくるのか、見直しをするならどこをどれくらい見直す必要があるのか、などを必ず確認する必要があります。

保険のプロなら一発で今の保険を続けるべきか見直すべきか見極めることができる

これは大袈裟なことでもなんでもなく、本当にプロと言われるFP(ファイナンシャルプランナー) なら一発で見極めることができます。

まずFP なら、加入している保険証券を見ただけで「続けるべきかどうか」見極めることができます。これは、過去に保険相談を何百何千と受けてきたFPであればだれにでも共通することかもしれません。

保険会社、保険商品、年齢と性別、保障内容、保険料などの情報を瞬時に把握し、あなたの相談内容と照らし合わせて、あなたにピッタリの保険かどうかの答えを導き出します。

そして、あなたに本当に必要な保険はどのような商品か、どれくらい保険金額が必要か、複数の保険会社の中から選んで提案までしてくれます。このように、保険のプロであるFPに相談をすれば、1回の相談であなたの保険に続ける価値があるか判断してくれます。

FPはただお金に詳しいだけではありません。保険相談の経験が豊かなFPは、相談者の質問に対してわかりやすく丁寧に説明をしてくれます。

特に初めての人に対しては、保険の「いろは」から説明してくれますので、「わからないところがわからない」という人でも安心して相談できるのでおすすめです。

自分の保険は続けるべきか、それとも見直すべきか迷ったら、ぜひ一度気軽にFPに相談してみてください。

執筆者プロフィール

保険マンモス編集部

元出版社の編集者兼ライター2人と、外資系生命保険会社と乗合代理店合わせて約20年の募集人経験を持つライター。全員がFP資格を持ち、保険マンモスのサイト全般の執筆を担当。

執筆:保険マンモス編集部/公開:2020年11月30日

人の数だけある保険のカタチ 保険相談のプロフェッショナルをご紹介します。

保険マンモスのオススメサービス

保険マンモスの【無料】保険相談をシェア

気に入ったら いいね!

気に入ったら
いいね!

保険マンモスの最新情報をお届けします