保険の見直しをする際に絶対に先に解約してはいけない本当の理由

                 
not-cancel01

保険の見直しをする際、加入している保険から新しい保険に切り替えることがあります。そのとき、新しい保険に加入する前に先に加入している保険を解約してしまう人がいますが、それは絶対にしてはいけないことです。

ここでは、保険の見直しをする際に絶対に先に解約してはいけない理由についてお話します。

先に解約してしまうと「保障の空白期間」ができて危険だから

not-cancel02

あなたは「保障の空白期間」という言葉を聞いたことがありますか?

保障の空白期間とは、加入している保険と新たな保険の保障期間の間に空白の「無保険」の期間ができてしまうことです。この期間に病気やケガをして入院してしまったり死亡してしまったとき、保険金や給付金を受け取ることができなくなってしまいます。

ですから、保険の見直しをする際には、必ず新しい保険に加入した後に加入していた保険を解約するという順番を踏みましょう。

免責期間がある保険の見直しはさらに注意が必要

not-cancel03

がん保険や特定疾病保険には、契約してから一定期間の免責期間があるものがあります。免責期間中も保険料の支払いは必要です。

例えばがん保険の場合、申込手続きをしてから契約が成立し、そこから90日間は保障されない免責期間が発生します。もし免責期間中にがんと診断されても保険金を受け取ることはできません。また契約自体が無効となってしまいます。がんも支払い対象となっている特定疾病保険も同様です。

なぜ免責期間が設定されているかというと、例えばがんと診断されていなくても、がんの疑いのある人が意図的にがん保険に加入して、すぐに保険金や給付金を受け取ろうとするケースを防ぐためです。がん保険は契約者間の公平性を保つために免責期間を設定しているのです。

ですから、がん保険や特定疾病保険などの見直しをする場合、新しく加入する保険が成立し、免責期間が終了してから今までの契約を解約する必要があります。その間は二重に保険料の支払いが発生するということも覚えておきましょう。

お急ぎの方はこちら
【無料】保険相談の特長をまとめています

保険の見直しする際に絶対に先に解約してはいけない本当の理由 まとめ

保険の見直しをする際には保障の空白期間を作らないことが大切なポイントですが、保険商品によってはさらに免責期間があるものもあります。具体的にいつ解約すれば良いかについては、新しい保険契約が成立してから、免責期間が終わってからなど自分で確認する必要があります。

もし解約しなければいけない契約が複数あったり、免責期間がある保険が複数あったりしたら解約手続きのタイミングを覚えておくだけでも大変です。そんなときは、FP(ファイナンシャルプランナー)に相談すると良いでしょう。

FPはお金の専門家ですので、もちろん保険の契約や解約についても的確なアドバイスができます。「解約のタイミングはいつ?」「解約手続きはどうすれば良い?」と一人で悩みを抱える前に、まずはFPに相談してみてはいかがでしょうか。

保険マンモスでは、全国3,500名以上のFPの中からあなたのお悩みにぴったりのFPをご紹介しています。保険の見直しで困ったら、一度保険マンモスがご紹介するFPにご相談ください。何度相談しても費用は無料で経験豊かで実績のある優秀なFPに相談できますので初めてでも安心です。

ぜひ保険マンモスの無料保険相談をお気軽にお試しください。

執筆者プロフィール

保険マンモス編集部

元出版社の編集者兼ライター2人と、外資系生命保険会社と乗合代理店合わせて約20年の募集人経験を持つライター。全員がFP資格を持ち、保険マンモスのサイト全般の執筆を担当。

執筆:保険マンモス編集部/公開:2021年2月18日

人の数だけある保険のカタチ 保険相談のプロフェッショナルをご紹介します。

保険マンモスのオススメサービス

保険マンモスの【無料】保険相談をシェア

気に入ったら いいね!

気に入ったら
いいね!

保険マンモスの最新情報をお届けします