そもそも自分に保険が必要かどうかすぐにわかる方法

                 

目に見えないからこそわかりづらい保険の必要性。なぜ保険が必要なのか、そもそも自分に保険は必要なのか、それがすぐにわかる方法についてお話します。

保険が必要かどうかすぐにわかる方法

守るべき存在

「生命保険に加入しましょう」

「生命保険の見直しをしましょう」

これは、保険会社の営業職員 との対話の際やテレビCM、インターネットなどでも多く使われている、ごく一般的なフレーズです。あなたも今までの人生で何度も目にしたり耳にしたりしたことがあるのではないでしょうか。

しかし、ここで一旦立ち止まって考えてほしいのです。そもそもあなたには保険が必要なのでしょうか?

保険は人生の中で2番目に高い買い物(一1番は住宅)と言われるように、一生のうちに数百万円以上の保険料を支払うことも少なくありません。このような高額な買い物を「なんとなく」「ないよりあったほうが良いから」という理由だけで簡単に購入を決定しても良いのでしょうか。

ですから、保険に加入する前には必ず自分に保険が必要かどうかを確かめる必要があります。そして、あなたに保険が必要かどうかすぐにわかる方法は次の3つの条件すべてに当てはまるかどうかで決まってきます。

  • 自分に万が一のことがあっても経済的に困る人がいない
  • 経済的に恵まれた資産がある
  • 家族や親族にがんなどの重い病気になった人がいない

あなたが家族を支える一家の大黒柱だった場合、重い病気になったり死亡したりしたら残された家族は今と同じ生活を続けることができるでしょうか。もし家族の生活を守ることができないのであれば、保険の加入を検討したほうがい良いもしれません。

家族がいなくても自分自身の医療費や葬儀代などをまかなうための最低限の預貯金等が準備できていない場合も同様です。300万円ほどの預貯金を準備できているかどうかが保険を検討する目安になるでしょう。

また、身近に重い病気を経験した人がいるなど、健康に対して不安がある場合も保険の加入を検討したほうが良いかもしれません。

もしあなたがこの3つの条件すべてに当てはまるとき、保険は必要ないと言えます。逆に3つとも当てはまらなかった場合、あなたはすぐにでも保険の加入を検討する必要があると言えます。

それでも自分に保険が必要かわからないときの対処法

保険が必要か一発でわかる方法の条件を3つお伝えしましたが、それでも自分に保険が必要かわからない方もいると思います。または、どれくらい保障が必要なのかさらに具体的に知りたいという方もいるかもしれません。

そんなときは、お金や保険の専門家であるFPに相談してみてはいかがでしょうか。FPならあなたに保険が必要かどうか、必要ならどんな保障がどれくらい必要かをわかりやすく説明してくれます。

もし保険に入りたいとなったとしても、手続きからアフターフォローまでしっかりとしてくれますので初めての人は特に安心です。

保険マンモスでは全国3,500名のFPと提携しており、あなたにぴったりのFPを紹介しています。ぜひ一度お気軽に保険マンモスの無料保険相談をお試しください。

執筆者プロフィール

保険マンモス編集部

元出版社の編集者兼ライター2人と、外資系生命保険会社と乗合代理店合わせて約20年の募集人経験を持つライター。全員がFP資格を持ち、保険マンモスのサイト全般の執筆を担当。

執筆:保険マンモス編集部/公開:2020年11月30日

人の数だけある保険のカタチ 保険相談のプロフェッショナルをご紹介します。

保険マンモスのオススメサービス

保険マンモスの【無料】保険相談をシェア

気に入ったら いいね!

気に入ったら
いいね!

保険マンモスの最新情報をお届けします