年齢別の死亡率

                 

男女とも60歳になるまでに死亡する確率、すなわち死亡率は10%以下です。

優秀なFPに相談できる保険相談 No.1、無料 保険相談の詳細はこちら

死亡率:何歳までにどれくらいの人が死亡するか

各年齢ごとの簡易生命表から何歳までにどれくらいの人が死亡するか?という確率をグラフ化してみました。

男性の死亡率

 令和2年簡易生命表 男性

※厚生労働省 令和元年簡易生命表(男)より

女性の死亡率

令和2年簡易生命表 女性

※厚生労働省 令和元年簡易生命表(女)より

男女とも60歳になるまでに死亡する確率、すなわち死亡率は10%以下です。

そして急激に上昇するのは、男女ともに70歳を超えてからということがわかると思います。

ところが日本で過去に売られてきた生命保険において、60~65歳になるまでの保障が手厚い反面それ以降は手薄になるものも見受けられます。

ご注意ください

60~65歳になるまでの保障を定期保険で手厚くし、それ以降の保障額はぐっと下がるような「定期付終身保険」などの場合、老後の必要な時期に保障が足りなくなる可能性があります。

無料 保険相談お申込みはこちらから

無料 保険相談お申込みはこちらから

オンラインでの【無料】 保険相談を
ご希望の方はこちらから

年齢別での必要保障額の考え方

必要保障額の考え方は、以下の場合でそれぞれ全く違った考え方になります。

  • 死亡率は低いが、万が一の場合に残された家族が困る子育て時の保障
  • 死亡率は高いが、すでに子供が独立している老後の保障

そのタイミングおいて本当に必要な保障額を知り、状況に合った保険を選ぶことが大切です。

保険マンモスがご紹介するFPは経験も豊富。ご家庭ごとの状況やご要望に合わせ、無駄のない最適なご提案をすることを信条としています。

無料 保険相談お申込みはこちらから

無料 保険相談お申込みはこちらから

オンラインでの【無料】 保険相談を
ご希望の方はこちらから

なぜ無料?よくあるご質問

保険相談はなぜ「無料」なのですか?

FPから広告料をいただいて運営しているからです。お客様の費用負担は一切ありません。ご安心してお申込みください。

保険相談の後に保険契約をしても手数料などは発生しませんか?

担当FP(ファイナンシャルプランナー)から保険の契約をしても、手数料や交通費等の経費が発生することは一切ありません。

※FPに提案された保険商品の保険料についても、お客様自身が保険会社に加入手続きをされた場合でもFP経由で加入手続きをされた場合でも、同一の保障内容であれば変わることはありません。

しつこく営業をされたりしませんか?

保険相談は営業が目的ではありませんので、しつこい売り込みなどがないよう徹底しています。

保険マンモスは保険会社ですか?

保険マンモスは保険会社ではありません。FP(ファイナンシャルプランナー)を無料で紹介するサービスなどを行っています。

保険やお金の専門知識がありません。

専門知識がなくても問題ありません。FPはわかりやすく、親身になって話をしますので、ご安心ください。

その他のご質問に関しては、下記リンクよりご参照ください。

関連コンテンツ:よくあるご質問

無料 保険相談お申込みはこちらから

無料 保険相談お申込みはこちらから

オンラインでの【無料】 保険相談を
ご希望の方はこちらから

優秀なFPに相談できる保険相談 No.1、豪華プレゼントキャンペーンの詳細はこちら

人の数だけある保険のカタチ 保険相談のプロフェッショナルをご紹介します。

【無料】 保険相談:お急ぎの方はこちら
〜特長を1ページにまとめています〜

保険マンモスのオススメサービス

ネットで1分!保険診断

保険マンモスの【無料】 保険相談をシェア

気に入ったら いいね!

気に入ったら
いいね!

保険マンモスの最新情報をお届けします