各年齢までの死亡率

                 

男女とも60歳になるまでに死亡する確率、すなわち死亡率は10%以下です。

死亡率:何歳までにどれくらいの人が死亡するか

各年齢ごとの簡易生命表から何歳までにどれくらいの人が死亡するか?という確率をグラフ化してみました。

男性の死亡率

 令和2年簡易生命表 男性

※厚生労働省 令和元年簡易生命表(男)より

女性の死亡率

令和2年簡易生命表 女性

※厚生労働省 令和元年簡易生命表(女)より

男女とも60歳になるまでに死亡する確率、すなわち死亡率は10%以下です。

そして急激に上昇するのは、男女ともに70歳を超えてからということがわかると思います。

ところが日本で過去に売られてきた生命保険において、60~65歳になるまでの保障が手厚い反面それ以降は手薄になるものも見受けられます。

ご注意ください

60~65歳になるまでの保障を定期保険で手厚くし、それ以降の保障額はぐっと下がるような「定期付終身保険」などの場合、老後の必要な時期に保障が足りなくなる可能性があります。

お急ぎの方はこちら
【無料】保険相談の特長をまとめています

また、以下の場合ではそれぞれ全く違った考え方になります。

  • 死亡率は低いが、万が一の場合に残された家族が困る子育て時の保障
  • 死亡率は高いが、すでに子供が独立している老後の保障

そのタイミングおいて本当に必要な保障額を知り、状況に合った保険を選ぶことが大切です。

更に、死亡保障だけでなく医療保障への配慮も!ライフプランニングのサポートができるFPに相談することをおすすめします。

マンモスおすすめの定期保険について

人の数だけある保険のカタチ 保険相談のプロフェッショナルをご紹介します。

保険マンモスのオススメサービス

保険マンモスの【無料】保険相談をシェア

気に入ったら いいね!

気に入ったら
いいね!

保険マンモスの最新情報をお届けします