火災保険はどんな時に支払われる?補償範囲と最も多い支払い例

                 

地震や台風等、自然災害が多い昨今。

これから火災保険に加入することを考えている人は「どの補償をつければよいのか」と考えるのではないでしょうか。

火災保険に加入中の方が住宅に何らかの被害を受けた場合は、「この被害は自分が加入している保険で補償されるのだろうか」と考えるのではないでしょうか。

そこでここでは、火災保険の補償範囲、実際にはどんな被害で支払われることが多いのか、加入している保険が補償の対象か迷った時の対処法、どの火災保険に入るか迷っている時の相談場所をまとめました。

火災保険の補償範囲

火災保険の補償範囲は、下記2つに分けて考えます。

  1. 1.対象物
  2. 2.被害内容

順に見ていきましょう。

火災保険の補償範囲1:対象物「建物」と「家財」

火災保険の対象物は、「建物」と「家財」に分けられます。

どちらか一つのみで契約が可能で、建物と家財両方での契約もできます。

そのため、これから加入する、もしくは現在加入中の火災保険の対象物がどれなのかによって補償範囲が変わります。

まず「建物」は、住居に使用している建物のこと。例えば下記の部分が建物の補償範囲になります。

  • 畳やふすま、備え付けの収納などの建具
  • 建物に取り付けてある浴槽、ガス台、調理台、流し台、エアコン等の設備
  • 一戸建ての場合、建物の基礎部分、門や塀、垣、車庫など

反対に建物として認められないのは、下記のような部分です。

  • 一戸建ての場合、庭木
  • マンションの場合、バルコニーや老化などの「共用部分」

では次に、「家財」の補償範囲を見てみましょう。

家財は主に、建物の中に収容されている、日常生活に使用している動産を指します。

例えば下記のようなものです。

  • 家具や家電製品、衣服
  • 家庭用の食器や日用品
  • 宝石や美術品、貴金属
  • 車庫を含む建物内に収容された自転車や原動機付自転車(125cc以下)

建物の外に持ち出した、あるいは建物外に設置しているものは家財として認められません。

火災保険の補償範囲2:被害内容

では、どのような被害が火災保険の補償範囲になるのでしょうか。

火災保険は各保険会社によりプランが異なり、希望に合わせて補償対象となる被害項目を細かくカスタマイズできる商品もあります。

そのため一概には言えませんが、基本的な補償のみの「ベーシックタイプ」と、補償が手厚い「総合補償タイプ」が現在でも多く見受けられます。

下表は、被害内容と火災保険のタイプ別の補償範囲をまとめたものです。

あくまでも一般的な例なので、各保険商品によって詳細は異なります。

被害内容 ベーシックタイプ 総合補償タイプ
火災
落雷
ガス爆発などの破裂・爆発
風災・ひょう災・雪災
水災 ×
外部からの物体の飛来・落下・衝突 ×
不測かつ突発的な事故(破損・汚損など) ×
給排水設備の不具合等による水濡れ ×
盗難 ×

火災保険はどんな時に支払われるのが多い?

では、火災保険は実際には、どのような被害内容で支払われていることが多いのでしょうか。

下図は、火災保険で保険金が支払われた件数ランキングです。

ポイント

  • 1位 水災・風災・雪災など
  • 2位 漏水などによる水濡れ
  • 3位 不測かつ突発的な事故(破損・汚損など)
  • 4位 落雷
  • 5位 建物外部からの物体の落下・飛来・衝突など
  • 6位 盗難による盗取・損傷・汚損
  • 7位 火災

件数ランキングでみると、火災での保険金支払いは他と比べて少ないのが分かります。

一方で水災・風災・雪災、漏水などによる水濡れ等の、自然災害や防ぎようのない被害による件数は比較的多いですね。

上位3位ではどのような被害が補償範囲になるのか、例をご紹介します。

1位 水災・風災・雪災

水災は下記のような例があります。

  • 豪雨による洪水で床上浸水し、家財と建物に被害があった
  • 土砂崩れで土砂が住宅に侵入。家財が汚れ、建物が損壊した
  • 台風による高潮で防波堤を超えて海水が流れ込み、床上浸水した

風災には下記のような例があります。

  • 竜巻で飛んできた物によって、窓ガラスが割れた
  • 台風による強風で雨どいが破損した
  • 台風でカーポートが壊れた
  • 台風で屋根瓦の一部が飛び、その部分から雨漏れを起こし家財が濡れた

雪災には下記のような例があります。

  • 積雪によって雨どいが歪んだ、破損した
  • 積雪の重みで建物の屋根瓦が破損した
  • 積雪の重みでカーポートが倒壊した

2位 漏水などによる水濡れ

漏水などによる水濡れの事例は下記のようなものがあります。

・自宅の給水管が破裂して室内に水があふれ、家具が濡れて使えなくなった

3位 不測かつ突発的な事故(破損・汚損など)

不測かつ突発的な事故(破損・汚損など)の事例は下記のようなものがあります。

  • 子どもが室内で遊んでいるとき、投げたボールで窓ガラスが割れた
  • 部屋の模様替えをしているとき、家具を壁にぶつけて穴が開いた
  • 掃除機をかけているとき、棚の上に置いてある家電製品の電源コードに足を引っかけて落下させ、壊れた

※損保ジャパン日本興亜「平成26年度個人用火災総合保険 保険金支払実績」より

お急ぎの方はこちら
【無料】保険相談の特長をまとめています

被害発生!加入している火災保険で補償されるか調べるには

すでに火災保険に加入している方が建物や家財の被害にあった場合、被害内容が加入している保険で補償されるのか、不明な場合はまず加入している保険会社に問い合わせするのが良いでしょう。

保険金の請求も下記のようにまず保険会社に連絡し、保険証券番号や事故の日時・場所、事故の状況等を伝える必要があります。

  • 保険会社に連絡する
  • 保険会社からの案内を受ける
  • 被害状況の確認
  • 保険金請求書類の記入、提出
  • 保険金の支払い

加入している保険会社が分からない場合

長期契約の場合や保険証券のペーパーレス化等で、加入している保険会社が分からない場合があります。

その際は、保険会社を調べるには下記のような方法があります。

  • 保険会社からの郵送物を探す(契約内容の確認等)
  • 通帳、銀行口座の履歴を探る(保険料の支払い履歴)
  • 住宅ローンを組んだ銀行や住宅メーカーに問い合わせる

どの火災保険に入るか迷ったときは

これから火災保険に加入する方は、まず、お住いの環境に合った補償をつけることが大切です。

例えば、洪水の被害にあう可能性が低いマンションの高層階に住んでいる場合は、水災に関する補償が必要になる可能性は低いでしょう。

どの補償をつけるかによって支払う保険料が変わるため、水災補償を付けない場合、保険料がその分安くなる可能性があります。

環境に合わせた保険に加入することは重要で、ご自身に合った火災保険を選ぶことで保険料を無駄に多く支払ったり、補償が不足することを防ぐことができます。

補償内容や保険料、保険期間等、保険商品は多種多様です。最近は細かくカスタマイズが可能な保険も多いため、ご自身で最適な保険を選ぶのは骨の折れる作業になるでしょう。

そんな時に心強いのが、保険の専門家であるFP(ファイナンシャルプランナー)。

中でも、生命保険と損害保険の両方の知識があるFPに相談するのが良いでしょう。保険料の節約につながるアドバイスももらえるかもしれません。

保険マンモスのご紹介するFPは、生命保険と損害保険両方の知識を持つ優秀なFPが多く在籍しています。ぜひ一度ご相談ください。

人の数だけある保険のカタチ 保険相談のプロフェッショナルをご紹介します。

保険マンモスのオススメサービス

保険マンモスの【無料】保険相談をシェア

気に入ったら いいね!

気に入ったら
いいね!

保険マンモスの最新情報をお届けします