新型コロナのワクチン接種証明書で受けられるお得な特典とは

                 

新型コロナウイルス感染症(以下、新型コロナ)のワクチン接種は令和4年4月現在で3回目まで進んでいますが、その接種率は1回目は81.4%、2回目は80.1%、3回目は51.4%となっています。

出典元:首相官邸「新型コロナワクチンについて」

厚生労働省は、特に高齢者や基礎疾患を有する方などの重症化リスクの高い方などにワクチン接種を勧めていますが、重症化リスクの高い方以外でもワクチン接種は「努力義務」となっていますので、幅広い世代での接種が求められています。

そんななか、ワクチン接種を証明することで「お得なことがある」とのことなので、どのようなお得なことがあるのか、ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の概要とともにご紹介します。

優秀なFPに相談できる保険相談 No.1、無料 保険相談の詳細はこちら

新型コロナのワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)とは?

ワクチン接種証明書とは、予防接種法に基づいて市町村で実施された新型コロナワクチンの接種を完了したことを公的に証明するもので、実際に接種した人からの申請に基づき2021年12月から交付されています。

接種証明書には2種類あり「パスポート情報等を記載した海外用及び日本国内用の接種証明書」と「パスポート情報等の記載の無い日本国内用の接種証明書」どちらも書面または電子版(スマートフォンアプリ)で取得することができます。

アプリで摂取証明書を取得する場合、まずは専用のアプリをダウンロード(「Google Play」または「App Store」)することが必要になります。ダウンロード後はアプリを起動し、氏名、マイナンバーやマイナンバーの暗証番号、接種記録などを登録すれば簡単に取得することができます。海外用に取得したい場合には、パスポートも必要になりますので忘れないように準備しておきましょう。

書面での申請・交付は、市町村の窓口で行います。本人確認書類と接種券番号がわかるものが必要になりますが、詳細はお住いの市町村の窓口で確認しましょう。もし接種証明書紛失してしまった場合は何度でも再発行が可能ですので、窓口で再発行手続きをしましょう。

アプリで接種証明書を発行した後に新たにワクチン接種をした場合には、アプリにでの証明書の更新が必要になります。書面の場合はその都度市町村窓口で再発行手続きを行います。

\ 累計お申込み数 57万件突破 /
〜 諦めないでください!保険の見直しで家計を改善 〜

無料 保険相談お申込みはこちらから

\ 累計お申込み数 57万件突破 /
〜 諦めないでください!保険の見直しで家計を改善 〜

無料 保険相談お申込みはこちらから

【無料】保険相談についての詳細はこちらから

新型コロナのワクチン接種証明書があると受けられるお得な特典とは

新型コロナのワクチン接種証明書を取得すると、仕事や観光、長距離移動などの際に提示することで相手に安心感を与えるだけでなく、飲食店の利用や旅行など経済の活性化にもつながるといわれています。

飲食店やデパート、ホテルや旅行会社などで、ワクチン接種証明書を提示すると、価格の割引や特典がもらえるなどお得な優待がたくさんあります。

割引や特典の一例

  • 飲食店での代金割引、ドリンクサービス
  • ホテルや旅館などの特別宿泊プラン、レストラン無料、ルームサービス割引
  • 旅行会社でのお得なプラン、特典つきプラン
  • 観光施設の利用代金割引、プレゼント
  • レンタカー割引 等

例えば東武グループでは、系列ホテルのレストラン30%オフクーポンやシークレットプランの販売を行っています(※終了しているものもあります)。また、カラオケ業界大手の「カラオケ館」では10%オフクーポンの配布を行っています。

以上はほんの一例ですが、今後さらに多くの自治体や企業が割引や特典を増やしていくということです。経済産業省では、ワクチンの接種証明や陰性の検査結果の確認ができた人に対してイベントの割引や特典などがある「イベントワクワク割」を始めることを発表しています。

これから旅行や観光を考えていてワクチン接種が完了している方は、ワクチン接種証明書を取得したうえで、どんな優待が得られるかチェックしてみるといいかもしれませんね。

※最新の割引や特典の情報は、厚生労働省や各自治体、対象企業などの公式サイト、専用アプリ内をご覧ください。

\ 累計お申込み数 57万件突破 /
〜 諦めないでください!保険の見直しで家計を改善 〜

無料 保険相談お申込みはこちらから

\ 累計お申込み数 57万件突破 /
〜 諦めないでください!保険の見直しで家計を改善 〜

無料 保険相談お申込みはこちらから

【無料】保険相談についての詳細はこちらから

ワクチン接種していても感染リスクへの備えを

新型コロナのワクチン接種証明書があると、飲食や旅行に出かけやすくなるでしょう。

「ウィズコロナ」の時代は、ワクチン接種による感染拡大対策を行いながらも、誰もが安心して楽しく過ごせるよう、手洗いや手指の消毒、人の密集した場所でのマスク着用などのエチケットを守る必要があります。

しかし、いくら気をつけていても感染・発症してしまうかもしれません。ワクチン接種から抗体ができるまで1~2週間ありますので、そこで感染してしまうこともあるので100%安心というわけにはいきません。

長期の入院で仕事を休んだり、医療費がかさむことで生活を圧迫するような経済的な負担に襲われる可能性も考えておくことも必要です。

そのためには、貯蓄だけでなく勤め先の健康保険などの公的保障、医療保険や就業不能保険などによる民間の保険など、万が一のことが起きる前に一度ご自身で確認しておくとよいでしょう。

新型コロナで入院したらいくらお金がかかるのかまとめた記事もありますので、興味がある方は新型コロナウイルスの入院費は公的保障でまかなえる?もしものときの備えはどうする?をご覧ください。

健康保険については自治体の窓口や勤め先の窓口で確認することができますし、民間の保険を含めた不安や悩みはお金の専門家であるFP(ファイナンシャルプランナー)に相談することもできます。

保険マンモスでは、健康保険などの公的保障から民間の保険まで、知識と経験をそろえた全国のFP3,500名以上と提携していますので、ウィズコロナの時代を安心して楽しむために自身の経済的リスクや公的保障・民間の保険について確認したい方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

\ 累計お申込み数 57万件突破 /
〜 諦めないでください!保険の見直しで家計を改善 〜

無料 保険相談お申込みはこちらから

\ 累計お申込み数 57万件突破 /
〜 諦めないでください!保険の見直しで家計を改善 〜

無料 保険相談お申込みはこちらから

オンラインでの保険相談(無料)も
お選びいただけます

優秀なFPに相談できる保険相談 No.1、「保険相談キャンペーンで家計応援」の詳細はこちら

人の数だけある保険のカタチ 保険相談のプロフェッショナルをご紹介します。

【無料】 保険相談:お急ぎの方はこちら
〜特長を1ページにまとめています〜

保険マンモスのおすすめサービス

ネットで1分!保険診断

保険マンモスの【無料】 保険相談をシェア

気に入ったら いいね!

気に入ったら
いいね!

保険マンモスの最新情報をお届けします