PCR検査にかかる費用はいくら?保険適用される?

                 

新型コロナウイルスに感染しているかの判断材料のひとつに、PCR検査があります。

即日で結果が分かり、唾液でも検査ができるようになったことから、「受けておきたい」と思う方も多いようです。

では、PCR検査にかかる費用はいくらなのでしょうか。

このページではPCR検査にかかる費用をケース別にまとめています。

感染が疑われるときにどうすればいいのかもご説明しているので、ぜひご覧ください。

もし、新型コロナに感染していたら?

例えば「現在加入している保険でしっかり対応できるのかどうか。

保障内容について改めて確認したい方は、以下よりご相談ください。

「お金のプロ」が無料で診断、必要に応じて保険見直しのご提案もいたします。

無料保険相談で保険を診断する

※保険の相談は、余裕をもってお早めに

【無料】保険相談についての詳細はこちらから

保険適用されれば検査料は実質無料

検査費用は健康保険適用かどうかで大きく変わる

PCR検査には、保険適用されるケースと、保険適用外(全額自己負担)となるケースがあります。

保険適用の場合、検査料は国が負担するので自己負担なし。
保険適用外の場合は全額自己負担となり、検査料が数万円かかることがあります。

この検査料負担の方針は、PCR検査だけでなく抗原検査でも同じです。

どちらになるかは、主に検査を受ける方の健康状態、感染者との接触状況によって決まります。

適用されるケース、されないケースについてそれぞれご説明していきます。

PCR検査が保険適用となるケース

保険適用となるのは、医師や保健所が「PCR検査が必要」と判断した場合です。

そのため保険適用となる可能性があるのは、発熱などの症状がある方、感染者との濃厚接触をした方です。

感染が疑われる方の行動の流れは、おおむね次のとおりです。

PCR検査を受けるまでの流れ

  1. 病院に行く前にかかりつけの病院などに電話で相談する※
  2. 電話で受診する病院が決まる
  3. 診察で医師がPCR検査の必要性を判断する

※電話相談は近くの医療機関や、自治体の電話相談センターでも可能です。
各都道府県の相談センターの連絡先は厚生労働省サイトでご確認ください。

検査費用は国が負担、ただし初診料などは自己負担

保険適用となった場合のPCR検査費用は実質無料になります。

通常の病気であれば医療費のうち1~3割を窓口で払います(自己負担分)。
しかし保険適用のPCR検査の場合、この1~3割分の金額を国が負担することになっています。

ただし、診察後に支払うお金には初診料や再診料が含まれ、この分には国の補助はありません。

また、追加検査が必要になった場合も2回目以降の検査料に自己負担分が生じます。

初回検査料以外は自己負担が発生するので、窓口で支払う金額がゼロになるわけではありません。

あくまで目安ですが、初診料・再診料の自己負担分(窓口で支払う金額)は、800~900円程度でしょう。

PCR検査が保険適用外となるケース

無症状で、感染者との濃厚接触がない場合は基本的に保険適用外になりますが、一部例外もあります。

自治体の検査無料化事業

オミクロン株感染拡大の対応として、多くの都道府県が無症状の方・感染の不安を感じているへの検査無料化事業を行っています。
対象となる条件や期間などの詳細は自治体のサイトなどでご確認ください。
※2022年6月時点の情報です

お住まいの自治体が無料化していない場合は、全額自己負担で検査を受けるしかありません。

この場合は、自治体などへの電話相談は必要ありません。

自費診療でのPCR検査を受け付けている近隣の病院に直接申し込みます。
事前予約が必要になることがあるので、申し込み方法は各病院の案内をご覧ください。

自費検査を提供する検査機関一覧(厚生労働省サイト)

自費で検査を受けるにはいくらかかる?

保険適用外の場合は自由診療となるため、病院ごとに費用が異なります。

検査料は1万5,000円~3万円程度の病院が多いようです。

また陰性証明(診断書)を発行する場合、追加費用(2,000~5,000円ほど)が発生することが一般的です。

長期間働けなくなったときの備えはできていますか?

新型コロナウイルス感染症だけでなく、その他の病気やケガで働けなくなると、収入が減って家計が立ちいかなくなってしまう可能性があります。

予想していない事態で生活に困らないようにするには、保険で備えておくとよいでしょう。

ちなみに、コロナに感染してからでは保険に入れない可能性があります。

保険を選ぶ際には、

  • 何に備えるか(病気やケガか、亡くなったときか)
  • 保険で備える必要がある金額がいくらなのか

をよく考えて決めると、保障の過不足がない合理的な保険選びができます。

保険を選ぶなら、プロに無料相談を

上にあげたような保険選びの考え方は、専門知識がないとなかなか難しいものです。

また、自分に必要な保険がわかったあと、どの保険会社の商品にすればいいか選ぶのも大変でしょう。

そんなときに役立つのが、FP(ファイナンシャルプランナー)との保険相談 です。

FPは、幅広いお金の専門知識を持った「お金のプロ」ですので、複数の保険会社の商品の中から、あなたにとって最適なプランをご提案できます。

保険マンモスでは、全国3,500名以上の優秀なFPを無料でご紹介しています。

無料でご利用いただけるので、ぜひ一度ご相談ください。

執筆者プロフィール

三嶋裕貴

2級ファイナンシャル・プランニング技能士。出版社に勤務したのち、保険マンモス専属ライターとして入社。
お金の失敗を防ぐための保険選びや見直し方、資産運用などの記事を執筆。

加入している保険の詳細がわからなくても大丈夫です

「もし新型コロナに感染したら保険金がいくらおりるのか?

保障の内容をしっかり確認したい方は、以下よりご相談ください。

現在ご加入されている保険の保障内容を「お金のプロ」が無料で診断、必要に応じて保険見直しのご提案もいたします。

無料保険相談で保険を診断する

※保険の相談は、余裕をもってお早めに

【無料】保険相談についての詳細はこちらから

保険相談はなぜ無料?よくあるご質問

保険相談はなぜ「無料」なのですか?

FPから広告料をいただいて運営しているからです。お客様の費用負担は一切ありません。ご安心してお申込みください。

保険相談の後に保険契約をしても手数料などは発生しませんか?

担当FP(ファイナンシャルプランナー)から保険の契約をしても、手数料や交通費等の経費が発生することは一切ありません。

※FPに提案された保険商品の保険料についても、お客様自身が保険会社に加入手続きをされた場合でもFP経由で加入手続きをされた場合でも、同一の保障内容であれば変わることはありません。

しつこく営業をされたりしませんか?

保険相談は営業が目的ではありませんので、しつこい売り込みなどがないよう徹底しています。

保険マンモスは保険会社ですか?

保険マンモスは保険会社ではありません。FP(ファイナンシャルプランナー)を無料で紹介するサービスなどを行っています。

保険やお金の専門知識がありません。

専門知識がなくても問題ありません。FPはわかりやすく、親身になって話をしますので、ご安心ください。

その他のご質問に関しては、下記リンクよりご参照ください。

関連リンク関連コンテンツ:よくあるご質問

\ 累計お申込み数 57万件突破!! /
〜ライフプランやマネープランのアドバイスも実施中〜

無料 保険相談お申込みはこちらから

\ 累計お申込み数 57万件突破!! /
〜ライフプランやマネープランのアドバイスも実施中〜

無料 保険相談お申込みはこちらから

オンラインでの保険相談(無料)も
お選びいただけます

優秀なFPに相談できる保険相談 No.1、「保険相談キャンペーンで家計応援」の詳細はこちら

人の数だけある保険のカタチ 保険相談のプロフェッショナルをご紹介します。

【無料】 保険相談:お急ぎの方はこちら
〜特長を1ページにまとめています〜

保険マンモスのおすすめサービス

ネットで1分!保険診断

保険マンモスの【無料】 保険相談をシェア

気に入ったら いいね!

気に入ったら
いいね!

保険マンモスの最新情報をお届けします