保険料の一時払い・全期前納とは?

                 

一般に、保険料を全額一括で払うと、月払いや半年払いよりも保険料が安くなる、返戻率が上がるといったメリットがあります。

まとまったお金が必要となるため、資産運用の一環として終身保険や年金保険、学資保険などを活用する際によく検討されます。

保険料全額を一括払いする方法には、「一時払い」と「全期前納」の2種類があります。

ここではそれぞれの特徴と、払込方法の選び方について解説いたします。

大金が動くことなので、一時払い・全期前納を検討中の方は、ぜひこの記事をご覧ください。

優秀なFPに相談できる保険相談 No.1、無料 保険相談の詳細はこちら

一時払いとは全額を「払い込む」方法

一時払いとは、家や自動車を一括払いするのと同じように、はじめに保険期間分の保険料をすべて払い込む方法です。

一時払いのメリット・デメリット

メリット

  • 保険料が最も安い、返戻率が最も高い方法である

デメリット

  • 保険料控除が受けられるのが最初の1年だけ
  • 払込免除特約(特則)のメリットがない

払込免除特約とは、がんや急性心筋梗塞、脳卒中などになったときに、以後の保険料の払込を不要とする契約です。

一時払いした時点ですでに払込が完了するので、払込免除の必要はありません。

特約の分だけ保険料は上がるので、一時払いを選ぶ際は必ず払込免除がついていないか確認しましょう

学資保険の場合は、はじめから契約者(保護者)の死亡に対する払込免除特約がついていることが一般的なので、特に注意が必要です。

\お申込み「カンタン1分」/
〜ライフプランやマネープランのアドバイスも実施中〜

無料 保険相談お申込みはこちらから

\お申込み「カンタン1分」/
〜ライフプランやマネープランのアドバイスも実施中〜

無料 保険相談お申込みはこちらから

オンラインでの保険相談(無料)も
お選びいただけます

全期前納とは全額を「預ける」方法

全期前納は、全保険期間分の保険料を前もって保険会社に「預けておく」ものです。預けたお金は、月ごとや年ごとの払込期日が来るたびに、保険料にあてられます。

まだ保険料にあてられていない分のお金は、預けているものとして扱われます。

死亡したときや解約時には、「まだ払っていないお金」として、その分が死亡保険金や解約返戻金とは別に返還されます。

全期前納のメリット・デメリット

メリット

  • 払込満了まで毎年保険料控除が受けられる
  • 死亡時・解約時に前納分の保険料が戻ってくる

デメリット

  • 一時払いより保険料が高い・返戻率が低いことが多い

年間に控除される保険料の金額には上限があるので、保険料控除を受ける回数が多いほど受け取る還付金の総額は高くなりやすいといえます。

生命保険料控除についてはこちら

\お申込み「カンタン1分」/
〜ライフプランやマネープランのアドバイスも実施中〜

無料 保険相談お申込みはこちらから

\お申込み「カンタン1分」/
〜ライフプランやマネープランのアドバイスも実施中〜

無料 保険相談お申込みはこちらから

オンラインでの保険相談(無料)も
お選びいただけます

一時払い・全期前納を検討するときの考え方

一時払いでも全期前納でも、一度に大金を支払ことになります。生命保険の場合、保険料総額は数百万円にもなるでしょう。

一度支払った保険料は基本的に引き出すことができません

支払ってから後悔しないために、必ず事前にどの払込方法がいいかを検討する必要があります。

保険料・保険金・解約返戻金の具体的な金額を見て決める

一時払い・全期前納を検討する際は、月払いや年払いと比べて保険料が具体的にいくら安くなるのか、受け取る保険金・解約返戻金がいくらになるのか、シミュレーションをして決めましょう。

シミュレーションをして、もしも一時払い・全期前納をしてもわずかな金額しか得をしないとわかったら、よりよい条件の保険商品を探すという選択肢が生まれます。

一時払い・全期前納がベストな方法かを確認する

「保険料を安くするために」と無理して全額を一括で払って、家計が苦しくなっては元も子もありません。

また、住宅ローンなどの返済が残っている場合は、一時払いや全期前納をするよりも、ローンの繰り上げ返済をしたほうが得な場合があります。

今後必要になるお金の計画に照らして、あなたの家計にとってベストな払込方法を考えましょう。

その際、お金のプロであるFP(ファイナンシャルプランナー)に保険相談をすると、最適なプランの提案を無料で聞くことができます。

\お申込み「カンタン1分」/
〜ライフプランやマネープランのアドバイスも実施中〜

無料 保険相談お申込みはこちらから

\お申込み「カンタン1分」/
〜ライフプランやマネープランのアドバイスも実施中〜

無料 保険相談お申込みはこちらから

オンラインでの保険相談(無料)も
お選びいただけます

まとめ

保険料の一括払いには「一時払い」と「全期前納」の2種類があります。

一般に、一時払いは保険料が最も安くなる一方、保険料控除を受けられるのは最初の一回だけです。

全期前納は一時払いよりは保険料が高くなりますが、払込完了まで毎年保険料控除が受けられます。

一時払い・全期前納の契約をする前に、必ず保険料総額・保険金・解約返戻金が具体的にいくらになるかを確認しておきましょう。

そのうえで、ご家庭の今後にとって一時払い・全期前納が本当にベストな方法なのかを考えることをおすすめします。

保険のシミュレーションを見る際やお金の計画を確認するときは、お金のプロであるFPに保険相談をすると、無料でわかりやすい説明を受けられ、納得した保険選びができます。

FPは、お客様ひとりひとりのライフプランから、最適な保険のかたちをご提案できます。一括払いは大金が動くことなので、後悔しないようFPに相談してから契約することをおすすめします。

執筆者プロフィール

三嶋裕貴

2級ファイナンシャル・プランニング技能士。出版社に勤務したのち、保険マンモス専属ライターとして入社。
お金の失敗を防ぐための保険選びや見直し方、資産運用などの記事を執筆。

\お申込み「カンタン1分」/
〜ライフプランやマネープランのアドバイスも実施中〜

無料 保険相談お申込みはこちらから

\お申込み「カンタン1分」/
〜ライフプランやマネープランのアドバイスも実施中〜

無料 保険相談お申込みはこちらから

オンラインでの保険相談(無料)も
お選びいただけます

優秀なFPに相談できる保険相談 No.1、豪華プレゼントキャンペーンの詳細はこちら

人の数だけある保険のカタチ 保険相談のプロフェッショナルをご紹介します。

【無料】 保険相談:お急ぎの方はこちら
〜特長を1ページにまとめています〜

保険マンモスのおすすめサービス

ネットで1分!保険診断

保険マンモスの【無料】 保険相談をシェア

気に入ったら いいね!

気に入ったら
いいね!

保険マンモスの最新情報をお届けします