Tポイントが貯まるおすすめのクレジットカード!お得なTポイントの貯め方

今回はTポイントを貯めている方・これから貯めたい方向けに、一番おトクな方法をご紹介したいと思います。

TポイントがファミリーマートやTSUTAYAで貯まることは、どなたもよくご存知ですよね。でもこれだけではちょっと不十分です。

さらに貯め方工夫すれば、今よりもっとおトクになりますよ。これからご紹介するクレジットカードを活用して、ぜひあなたも効率よくTポイントを貯めてください。

Tポイントの貯め方&使い方!意外と知られていないお得な活用術

クレジットカードをご紹介する前に、まずTポイントの貯め方を頭に入れておきましょう。Tポイントって、どこでどう貯めるのが一番おトクなのでしょうか?

Tポイントロゴ画像

Tポイントは加盟店を利用した時に貯まる

Tポイントは、特定のお店やサービス(=Tポイント加盟店)を利用した時に貯まります。レジでポイントカードを提示すると、利用額に応じてTポイントが付与されるのです。

Tポイントが貯まるお店としては、TSUTAYAやファミリーマートが有名ですよね。またAmebaやTSUTAYA オンラインゲームなどネットサービスでも、Tポイントを貯めることができます。

お店によってTポイントの貯まり方が違う

ポイントの貯まり具合(=付与率)は、利用するお店やサービスによって異なります。

通常は200円の利用につき1ポイントですが、その倍のTポイントが貯まるお店もあります。

Tポイント加盟店 付与率
TSUTAYA 220円につき1ポイント
ファミリーマート 200円につき1ポイント
Ameba 100円につき1ポイント
TSUTAYA オンラインゲーム 200円につき1ポイント

Tポイントは全国の様々なお店で貯まる

これ以外にも、Tポイントが貯まるお店やサービスは全国に数多く存在します。加盟店であることを知らなければ、Tポイントを取り損ないますので気をつけてくださいね。

以下はTポイント加盟店の一例です。図書館でもTポイントが貯まるだなんて、ちょっとびっくりですよね。

  • マルエツ(スーパー)
  • Aコープ東日本(スーパー)
  • ハックドラッグ(ドラッグストア)
  • ウエルシア / ウエルシアドットコム(ドラッグストア)
  • ジョイフル本田(ホームセンター)
  • 島忠・ホームズ/シマホネット(ホームセンター)
  • エディオン(家電)
  • 吉野家/そば処吉野家(飲食)
  • 食べログ(飲食)
  • 得タク(タクシー)
  • ミニミニ(不動産)
  • ENEOSでんき(電力)
  • GREEN DOG(ペット)
  • 高梁市図書館(図書館)
  • 武雄市図書館(図書館)

Tポイントは加盟店でそのまま使える

Tポイントは貯めるだけでなく、使うことも重要です。

Tポイントの有効期限は最終変動日(Tポイントを貯めたり使ったりした日)から1年間ですので、初心者の方もポイントを失効させる心配はないでしょう。

Tポイントは貯めたお店で1ポイント=1円としてそのまま使えますから、消費しやすいのが魅力です。

Tポイントを効率よく貯める方法!Tポイントが貯まるクレジットカードを使えばポイント2重取りでお得

Tポイントが貯まるカードは、プラスティックカードだけでなくモバイルタイプも選べます。16桁のTカード番号を会員サイトに登録すると、いつでもマイページで残高を確認することができます。

どのカードやアプリでも同じ様にTポイントを貯めたり使ったりできますが、おトク度には差がありますから、選ぶ際には注意が必要です。

Tポイントが貯まるカードは全部で3タイプ

これからTポイントを貯めようと思っている方は、カードの入手もしくはアプリのダウンロードから始めましょう。

Tポイントが貯まるカードは、大きく分けて以下の3タイプです。

タイプ 種類(例) 費用
1.Tカード ENEOS Tカード
海老名市立図書館 Tカード
枚方T-SITE Tカード など
無料
2.モバイルTカード ・Tポイントアプリ
・TSUTAYAアプリ
・ファミペイアプリ など
無料
3.クレジット機能付きTカード ・Tカード Prime
・Tカードプラス
・ファミマTカード など
一部に年会費が必要

Tポイントが貯まるカードは、加盟店のレジで申し込めばその場ですぐに作れます。発行されたカードは、他の加盟店でも同様に、Tポイントを貯めたり使ったりできます。

モバイルTカードはスマホで使えるので便利ですし、時々おトクなキャンペーンも実施されます。

クレジット機能付きTカードならポイントを2重取りできる

当記事で一番のおすすめは、3番目のクレジット機能付きTカードです。

クレジット機能付きTカードなら、利用時と決済時にTポイントが貯まり、加盟店では常にTポイントを2重取りできるからです。

カード/アプリ Tポイントの貯まり方
Tカード 加盟店にて提示:0.5%?1%
モバイルTカード 加盟店にて提示:0.5%?1%
クレジット機能付きTカード 加盟店にて提示:0.5%?1%
決済:0.5%?1%

税金や公共料金を支払ってもTポイントが貯まる

それにクレジット機能付きTカードで決済すれば、様々なシーンでTポイントを貯めることが可能となります。

通常のTカードやモバイルTカードは、Tポイント加盟店でしかTポイントを貯めることができません。しかしクレジット機能付きTカードなら、例えば税金の納付や公共料金の支払いによってもTポイントを増やすことができるのです。

クレジット機能付きTカードは、インターネットから24時間365日、いつでも申し込めますよ。

Tポイントが貯まるクレジットカード

Tポイント提携店を利用するなら断然クレジットカードの利用が断然お得です。Tポイントカード機能付きのクレジットカードなら提示と決済でTポイントが2重取りできます。

今は通常のTカードを使っている方も、これを機会にぜひクレジット機能付きTカードへの切り替えをご検討ください。

年会費無料でTポイントを2重取りできる!ファミマTカード

ファミリーマートでお買物する方には、ファミマTカードがおすすめです。ファミリーマートでは常に2.0%の高還元ですし、他のTポイント加盟店でもTポイントを2重取りできます。

またこのカードはファミペイにチャージできる唯一のクレジットカードで、利用+決済でFamiPayボーナスとTポイントがダブルでが貯まりますよ。

この他にもファミペイでは、ファミリーマートで使えるおトクなクーポンも配信されます。

ファミマTカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード名称 ファミマTカード
年会費 無料
特典 ・ファミリーマートで2.0%の高還元
・ファミペイへのクレジットチャージが可能
(チャージ金額の0.5%分のFamiPayボーナス付与)
・国内・海外パッケージツアー最大8%OFF
・レンタカー最大15%OFF
・TSUTAYAレンタル登録料無料
・年間最高50万円の海外お買い物保険付帯

急な出費に備えておきたい方はTカードプラス(SMBCモビットnext)

Tカードプラス(SMBCモビットnext)は、ローンカード機能付きクレジットカードです。もちろんTポイントが貯まる機能も付いていて、加盟店ではTポイントを2重取りできます。

クレジット機能、カードローン、Tポイントカード、Tマネーの4つの機能が搭載されてる多機能カードで、急な出費に備えておきたい方にもピッタリの1枚です。

年会費も無料ですし、こちらのカードならではの魅力として、SMBCモビットの返済時に利息分に対してTポイントが貯まります。

消費者金融でポイントが貯まるとは珍しいですよね。さらにTポイントでの返済も可能で、SMBCモビットの返済に1ポイント=1円として利用できます。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)

公式サイトはコチラ
カード名称 Tカードプラス(SMBCモビットnext)
年会費 完全無料
特典 ・SMBCモビットの利息に対して0.5%還元
・SMBCモビットの返済に1ポイント=1円として使える
・年間100万円までのお買物安心保険(海外利用および国内リボ払いと3回以上の分割払いが対象)
・登録型リボの設定可能

Tポイントが貯まるサービスのご紹介と注意点

Tポイントの会員向けサイトには、以下のように無料でTポイントを貯めることのできるコンテンツが数多く揃っています。いずれもお金を使わずTポイントが貯まりますので、時間潰しにはピッタリです。

詳しく調べてみると意外と付与率が高く、時間潰し以上の成果が期待できそうですよ。中でも流行りのポイント投資はおすすめです。

Tポイントが貯まるサービス

  • Tくじ:毎日ひけるくじが勢ぞろい
  • ゲーム:遊びながらTポイントが貯まる
  • Tスタンプ:エントリーしてスタンプを貯めてTポイントと交換
  • Tサンプル:話題の商品を無料?半額でお試し
  • Tモニター:商品モニターでTポイントが貰える
  • Tプレゼント:クイズなどに答えるとTポイントが当たる
  • Tチャット:チャットのアンケートでTポイントが貰える
  • Tアンケート/Q&A:アンケートに答えるとTポイントが貰える
  • Tポイント投資:1ポイントから運用できる

他社ポイントからの交換も可能

もしもあなたがTポイント以外にも他社のポイントを貯めていたら、交換によってTポイントを増やすことも可能です。

  • ANA(年間累計20,000マイルまで):10,000m→10,000ポイント
  • ANA(年間累計30,000マイル以上):10,000m→5,000ポイント
  • ハピタス:ハピタスポイント300p→300ポイント
  • .money:ドットマネー1,000マネー→1,000ポイント
  • モッピー:モッピーポイント500p→500ポイント
  • 三井住友カード:Vポイント500p→400ポイント
  • JACCSカード:ラブリィポイント1,000p→900ポイント

Vポイントやラブリィポイントは交換レートがやや悪く、ハピタスポイントやモッピーポイントに比べると少し損になりますのでご注意ください。

Tカードは複数持てるが、カードごとにYahoo!JAPAN IDが必要

ところでTポイントは相当前から運用されていますから、「昔どこかでTカードを作った覚えがある」という方がいるかも。

そんな方も、今回新しいTカードを作ることは可能ですよ。Tポイントの貯まるカードは、1人で何枚でも持つことができるからです。

ただしTポイントを十分に活用するには「Yahoo! JAPAN ID」が必要で、1つのIDに対して2つ以上の会員番号を登録することはできません。複数のTカードを登録したい場合は、その数だけのYahoo!JAPAN IDを持つ必要があります。

Yahoo!JAPAN ID説明画像
Tカードの登録は、Tサイトから簡単にできます。ログイン画面でYahoo!JAPAN IDとパスワードを入力し、Tカード番号を入力、「規約に同意して登録する」をクリックすれば登録完了です。

これで、ポイント数の確認や、インターネットサービスでポイントを貯めたり使ったりすることができますよ。

TポイントをひとつのTカードにまとめることも可能

先に、複数枚のTカードを持つことも可能であることをお伝えしましたが、複数のYahoo!JAPAN IDを発行したくない方や、管理が面倒という方は、複数のTカードで貯めたTポイントを、1枚のTカードにまとめることも可能です。

Tポイント統合説明画像

Tサイトの「Tカードポイント移動手続き」ページからYahoo!JAPAN IDでログインし、画面の指示に従って手続きをすれば、簡単にポイントをひとまとめにできます。

Tポイントを貯めるなら2重取り可能なクレジットカード機能付きがおすすめ

加盟店でのお買物だけでは、Tポイントってなかなか貯まりませんよね。でもクレジットカード機能付きTカードで支払えば、利用+決済でTポイントを2重取りできますよ。

またクレジットカード機能付きTカードなら、加盟店以外の利用でもTポイントを貯めることができます。

Tポイントを効率的に貯めるには、通常のTカードよりも、今回ご紹介したクレジットカード機能付きTカードが絶対にオススメです。クレジットカードにはそれぞれ特典が付いていますから、あなたの用途に合わせて選んでくださいね。

合わせて読みたい関連記事