おすすめのETCカードを目的別に厳選紹介!お得なETCカードの作り方

プライベートで、仕事で、車を運転する方にとって、ETCカードはもはや必要不可欠なツールとなっています。

ETCカードにもいくつか種類がありますが、圧倒的に多数派であり、なおかつおすすめでもあるのは、やはりクレジットカードの付帯カードとして発行するタイプです。

今回は、そんなクレジットカード付帯のETCカードの中から、特におすすめ度の高い8枚を選んで詳しく解説していきましょう。目的別にご紹介するので、きっとあなたにぴったりの1枚が見つかるはずですよ。

簡単で作りやすく特典もお得!クレジットカード会社発行ETCカードがおすすめ

おすすめのETCカードを紹介するにあたって、まずはETCカード発行の基本を確認しておきましょう。ETCカードには、大きく分けて以下の3つのタイプがあります。

ETCカード3タイプ

  • クレジットカード会社発行のETCカード
  • 高速道路6社共同発行の『ETCパーソナルカード』
  • 東/中/西日本国側道路株式会社発行の『ETCコーポレートカード』

このうち、『ETCコーポレートカード』は大口・多額の利用を前提とする、主に企業など向けに発行されているものなので、個人で作れるのは、クレジットカード会社発行のETCカードか、高速道路6社が共同発行する『ETCパーソナルカード』ということになります。

ではこの2種類のETCカードのうち、どちらが使いやすいのかと言えば、やはりそれはクレジットカード会社発行のETCカードということになるでしょう。

クレジットカード会社発行のETCカードの魅力は、なんといっても簡単に作りやすいという点にあります。

高速道路6社が共同発行する『ETCパーソナルカード』は、特段の審査がない代わりに、デポジット(保証金)を預託することが発行の条件となります。申込時にデポジットを支払ったりと手続きが多くなってしまい、発行にも2週間程度を要します。

一方、クレジットカード会社のETCカードは、クレジットカード本体の付帯カードとして簡単に発行することが可能です。中には、別途発行の手間すらかからない、ETCカード一体型のクレジットカードもあります。

こうした手軽さは、クレジットカード会社発行のETCカードの大きなアドバンテージであり、十分に選ぶ理由となり得るでしょう。

クレジットカードと一緒でも後からでも!簡単発行で費用もお手頃

それでは、クレジットカード会社でのETCカードの作り方を簡単にご紹介しておきましょう。

クレジットカード会社でETCカードを作る場合、手持ちのクレジットカードがETCカード発行可能なものであれば、すぐに申し込んで発行してもらうことができます。

また、新たにクレジットカード本体を作るのであれば、その付帯カードとして同時にETCカードを申し込むことも可能です。

ETCカードもクレジットカード本体と同様に後払いで利用するものなので、一応の審査がありますが、当然、クレジットカードそのものの審査よりも厳しいということはありません。いずれの場合であっても問題なく発行されるケースがほとんどです。

ちなみに気になる費用面ですが、クレジットカード会社発行のETCカードで発生する費用は『発行手数料』と『年会費』です。いずれもカード会社やカードの種類によって設定が異なりますが、無料、もしくは500円以内程度の少額で済むものが大半を占めています。

一方、『ETCパーソナルカード』のデポジットは月の平均高速利用額によって設定が異なり、20,000円から最大で80,000円にもなります。そう考えると、クレジットカード会社発行のETCカードの手軽さ、手ごろさがよくわかりますよね。

クレジットカードの機能に注目!目的別におすすめのETCカード解説

それではさっそく、クレジットカード会社発行ETCカードのご紹介に移っていきましょう。

といっても、ETCカード本体の機能・サービスには基本的に大きな差はありませんから、どちらかと言えばクレジットカード本体の機能・サービスの方が、この種のETCカードを選ぶ際には決め手となります。

そこで今回は、いくつかの目的別に分けておすすめのETCカードを以下のように分類してみました。

目的 ETCカード
(クレジットカード)
還元率重視の方におすすめ ・JCB CARD W
・JCB CARD W plus L
・VIASOカード
審査が不安な方におすすめ ・アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス・グリーンカード)
・dカード
急ぎでETCカードが必要な方におすすめ ・セゾンカードインターナショナル
ガソリン代のお得さ重視の方におすすめ ・ENEOSカードS
・コスモ・ザ・カード・オーパス

それぞれのクレジットカード&ETCカードのスペックを、以下に詳しく解説していきましょう。

還元率重視の方におすすめのETCカード

最初に還元率重視の方におすすめのETCカードをご紹介していきます。

他のクレジットカードに比べて、ETC利用還元率が高いカードを抜粋していますので、年会費無料の高還元カードをお探しの方にも要チェックの1枚です。

いつでも1%還元!ポイントアップ特典も充実のJCB CARD W

JCB CARD W

まず最初は還元率重視の方におすすめのカードから、JCB CARD Wをご紹介しましょう。

クレジットカードに紐づけて利用するETCカードでは、利用に応じてクレジットカードのポイントを貯めることができます。

となると、やはり還元率が高いものを選びたいという方も多いのではないでしょうか?JCB CARD Wでは、いつでも通常のJCBカードの2倍、1%の高還元率でポイントを獲得することができます。

加えて、街中やオンラインの対象店舗でボーナスポイントを獲得できるポイントアップ特典も充実しているので、実際には基本還元率以上のレートでポイントを貯めていくことができるでしょう。

JCBカードでは、ETCカードを年会費無料で作ることができるので、余分なコストがかからないのも利点です。

また、年会費無料カードながら、最高2,000万円の海外旅行傷害保険や海外ショッピング保険、JCBカード共通のトラベル特典などを多数の特典・サービスが付帯しており、海外旅行に役立つクレジットカードが欲しいという方にも満足していただける内容となっています。

ただしこのJCB CARD Wは、39歳以下の方のみ申し込み可能な年齢制限カードとなっているので、その点は注意が必要です。一度カードを作ってしまえば、40歳を過ぎても継続利用することができるので、気になる方は早めに申し込んでおくことをおすすめします。

女性向け特典・サービスをプラスでお得感アップ!JCB CARD W plus L

JCB CARD W plus L
JCB CARD Wでは少し特典内容が物足りないと感じる方、特に女性の方にチェックしてみてほしいのが、同じシリーズの女性向けバージョンであるJCB CARD W plus Lです。

このカードでは、JCB CARD Wのサービス・特典はそのままに、女性向け情報サイト『LINDAリーグ』と手ごろな掛け金で加入できる女性疾病保険を付加しています。

特に情報サイト『LINDAリーグ』は、美容やグルメ、ファッションなど女性に嬉しいジャンルのサービスのお得情報や優待がたっぷり詰まっており、普段の生活で活用のチャンスを見つけることができるはずです。

もちろん、常時1%の還元率や各種付帯特典、ETCカードなどの付帯カードは、JCB CARD Wと全く同じように利用可能なので、よりお得感の強い1枚と言えるでしょう。

ETCカードでポイント2倍の1%還元!VIASOカード

VIASOカード

40歳以上で、もうJCB CARD Wは作れない…という方にも高還元率でETCカードを利用できるおすすめのクレジットカードとしてご紹介したいのが、三菱UFJニコスのVIASOカードです。

このカードも年会費無料、さらに最短翌営業日のスピード発行が可能と、手軽に作れる1枚となっています。3日~1週間程度で手元に届くので、急ぎでカードが必要という時にも頼もしいですよね。

そんなVIASOカードの最大の特徴は、貯まったポイントが直接キャッシュバックされるという点です。カード利用額1,000円ごとに5ポイント貯まり、1ポイント=1円としてキャッシュバックされるので、還元率は0.5%ということになります。

とはいえ、基本還元率0.5%では、高還元率とはとても言えないと感じる方も多いですよね。実はこのカードは、特定の利用で還元率が上がるタイプの高還元カードなのです。

具体的には、対象キャリアの携帯電話やインターネット、そしてETCカードの利用で通常の2倍のポイントが獲得できます。つまり、VIASOカードでETCカードを作れば、いつでも1%還元で利用できるということになるのです。

ETCカードを還元率重視で選びたいという方には、このVIASOカードも立派な高還元カードと言えるでしょう。ポイントがそのままキャッシュバックされるので、ポイント交換の手間がいらないというのも魅力ですよね。

VIASOカードにはその他にも、入会後3ヶ月間の利用状況に応じて最高10,000円のキャッシュバックが受けられる入会特典や最高2,000万円の海外旅行傷害保険など、複数の特典・サービスが備わっています。

クレジットカード審査が不安な方におすすめのETCカード

クレジットカードには審査がありますが、中には審査が不安な方もいらっしゃるかもしれません。

続いては、審査が不安な方におすすめの間口が広いカードをご紹介しましょう。

過去に延滞歴がある方には外資系のアメックス・グリーンカード

アメックスグリーンカード

新たにクレジットカード付帯のETCカードを作りたいけれど、過去に支払い延滞などの履歴があって審査に通りにくく、不安…という方もいるかもしれません。

そんな方に、ぜひ候補に入れてほしい1枚が、アメリカン・エキスプレス・カードです。アメリカン・エキスプレス・カードは外資系人気国際カードブランドのスタンダードカードとして発行されており、そのグリーンカラーの券面からグリーンカードとも呼ばれています。

そんな人気のハイステータスカード、アメックス・グリーンカードを審査が不安な方におすすめするのは、まさしく外資系ブランドだからこそです。

クレジットカードの審査基準は、主に過去の利用履歴と現在の生活状況に関する項目に分類されますが、日本国内のカード会社では、どちらかというと過去の履歴を重視するところがあります。一方、アメックスのような外資系カード会社は、過去よりも現在の状況に重点を置く傾向が強くなります。

そのため、過去の延滞歴などがネックになっている方は、国内カード会社よりもアメックスの方が意外と審査に通る可能性が高いという逆転現象が起きることがあるのです。

もちろん、アメックスはステータスの高さに比例して年会費の高額なクレジットカードとして有名であり、一般カード扱いのアメックス・グリーンカードであっても、その年会費は13,200円(税込)と、一般的なゴールドカードに匹敵する水準となっています。

しかし、そのサービス・特典の充実度もまたコストとステータスにふさわしいものであり、特にトラベル関連を中心とした多彩な特典と手厚い補償は大きな魅力です。

過去に延滞があっても、今ではアメックス・グリーンカードを難なく維持できる!という自信がある方なら、チャレンジしてみる価値があるのではないでしょうか?

なお、アメックスのETCカードは発行手数料こそ935円(税込)かかりますが、年会費は無料です。一度作ってしまえば、気兼ねなく使い続けることができるでしょう。

高還元カードとしても人気!流通系で作りやすいdカード

dカード

もう1つ、審査が少し不安な方におすすめのカードが、NTTドコモ主体で発行しているクレジットカード、dカードです。こちらはアメックス・グリーンカードとは異なり、年会費無料のどなたでも気軽に作れる1枚となっています。

この種の日常生活を支えるサービスを提供する会社が発行するクレジットカードは、総称して流通系クレジットカードと呼ばれており、その間口の広さを魅力としています。自社ユーザーとなり得る幅広い人をターゲットとしているため、審査基準が厳し過ぎず、比較的、作りやすいのが特徴です。

そんなdカードの最大の利点は、人気の共通ポイント、dポイントがいつでも1%貯まるという点にあります。審査が不安な方におすすめというだけでなく、高還元カードでもあるのです。

もちろん、ETCカードでも同じように利用に応じて1%のdポイントが貯まります。なお、ETCカードは年会費初年度無料、次年度以降も前年度1度でもETC利用があれば無料ということで、継続利用する限りはコストゼロで使い続けることが可能です。

さらにdカードには、dカード特約店となっている対象店舗でボーナスポイントが獲得できたり、dポイント加盟店ではカード提示だけでもポイントが付与されたりと、ポイントアップにつながる特典・サービスも多数備わっています。

貯まったポイントもそのまま加盟店で1ポイント=1円として使うことができ、暮らしの中で活用しやすい1枚と言えるでしょう。

ETCカードをお急ぎの方におすすめ!セゾンカードインターナショナル

とにかく急ぎでETCカードを手に入れたい!という方におすすめしたいのが、セゾンカードインターナショナルです。

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナルは、なんとETCカードも一緒に最短即日発行が可能となっています。

『ETCカード即日発行サービス』を実施している対象のセゾンカウンターで申し込むと、その場でETCカードを発行し、受け取ることができるのです。必要なものもセゾンカード本体と本人確認書類のみで、とても簡単に申し込むことができます。

さらに即日発行対応のセゾンカウンターでは、セゾンカードインターナショナル本体も最短即日発行が可能です。セゾンカードインターナショナルとETCカード、2つとも当日に申し込み、発行してもらうことができるというのはすごいですよね。

ただしクレジットカード本体とETCカードをどちらもその日に申し込む場合、即日発行で受け取るためには少し手順に注意が必要です。

通常、ETCカードを申し込むのであれば、カード申し込み時に一緒に手続きを行うことになると思いますが、セゾンカードインターナショナルでこれをやってしまうと、ETCカードだけ郵送で後日発行となり、その日に受け取ることができません。

必ず、まずはセゾンカードインターナショナルを単体で申し込み、受け取ったその場でETCカードを個別に申し込むようにしてください。また、即日発行が可能なカウンターでなければ対応ができないので、その点も事前によく確認が必要です。

なお、年会費はセゾンカードインターナショナル本体も無料、ETCカードも永年無料となっており、コストをかけずに作ることができます。

クレジットカード自体のサービスも、有効期限無期限の永久不滅ポイントが貯まったり、西友/リヴィン/サニーでの対象日5%オフをはじめとする様々な優待が備わっていたりと、なかなか充実しているので、しっかりと活用することができるでしょう。

ガソリン代を節約したい方におすすめのETCカード

最後に、年会費無料のクレジットカードの中からガソリン代を節約したい方におすすめのガソリン代が割引となるカードをご紹介していきます。

ガソリンいつでも2円/L引き!カーサービスも充実のENEOSカードS

ENEOSカード

ETCカードを作りたいと考える方のほとんどは、普段から外出や仕事にマイカーを利用していることと思います。

そうなると、カーライフにメリットのあるサービスが備わったクレジットカード付帯のETCカードを選びたいという方も多いのではないでしょうか?

そこでおすすめしたいのが、ガソリンがお得になる、いわゆるガソリンカードと呼ばれるタイプのクレジットカードでETCカードを発行するというパターンです。

まずは、ENEOSのガソリンカード、ENEOSカードSをご紹介しましょう。

ENEOSカードにはC/P/Sの3種類がありますが、ENEOSカードSはその中でも最もスタンダードなタイプです。年会費も他の2つのタイプが初年度無料、次年度以降1,375円(税込)となるのに対し、ENEOSカードSは初年度無料、次年度以降も年間1度でもカード利用があれば翌年無料の実質無料カードとなっています。ETCカードも、もちろん年会費無料で作ることができます。

そして気になるガソリン特典はというと、ENEOSカードSでは、いつでもENEOSの対象SSでガソリン・軽油を2円/L引きで利用することができます。

加えて、ロードサービスや『カーコンビニ俱楽部』でのメンテナンス料金割引、レンタカー優待と言ったカーライフに役立つ様々な優待特典が付帯しているので、様々なシーンで活用することができるでしょう。

普段からENEOSのSSを利用している方なら、絶対に持っておいて損はない1枚です。

他の2つのタイプに関しても、年会費がかかる分、より充実したガソリン特典が備わっているので、気になる方はチェックしてみてください。

コスモ石油でお得!イオン特典も充実のコスモ・ザ・カード・オーパス

コスモ・ザ・カード・オーパス

もう1つ、ガソリンがお得になるカードとしてご紹介したいのがコスモ・ザ・カード・オーパスです。

このカードは、イオンカードがコスモ石油と提携して発行しているクレジットカードで、年会費無料となっており、ETCカードも発行手数料・年会費無料で作ることができます。

こちらはまず入会特典として、入会から最大3ヶ月間で、コスモ石油での給油最大50リットルまで1リットルにつき10円のキャッシュバックが受けられます。

それ以降も、コスモ石油での給油時にいつでもコスモ・ザ・カード会員の特別価格が適用されるので、ずっとお得にガソリンを購入し続けることが可能です。

また、コスモ・ザ・カード・オーパスはイオンカード提携カードということで、イオン関連の特典・サービスが充実しているのもポイントです。

電子マネーWAONが基本機能として付帯しているほか、イオングループ対象店舗でいつでもポイント2倍、お客様感謝デーは5%オフ、イオンシネマでは常時割引など、多数の優待を受けることができます。

普段はコスモ石油でガソリンを入れて、イオンで日用品や食料品をショッピング…というライフスタイルの方にとっては、非常にメリットの大きいカードとなりますね。

あなたが重視する条件は?自分に合ったETCカードならもっと活用できる

ETCカードという普段から利用する機会の多いツールこそ、ポイントがお得に貯まったり、クレジットカードの付帯特典が充実していたり、はたまた申し込んだその日に発行可能だったりと、より自分にとってメリットの大きいものを選ぶことで、活用度はグッと高くなります。

今回ご紹介したカードは、クレジットカード本体、ETCカードともに年会費無料の気軽に作れるものも多く、幅広い方におすすめできるサービスばかりです。

ぜひこの機会に、自分が重視する条件にぴったり合う、本当の意味で活用できるETCカードを見つけてみてはいかがでしょうか?

関連記事