過払い金なぜわかる?調べ方は?無料診断で簡単にシミュレーション!

2010年以前に借金・キャッシングの経験がある方は、過払い金が発生している可能性があります。

「取り戻せるなら取り戻したい。でもいきなり専門家に相談するのはちょっと…。自分でできる調べ方は?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

こんなときに役立つのが、過払い金シミュレーションです。そもそも過払い金とはどのようなものなのか、基礎知識からシミュレーションの使い方まで、詳しく解説します。

誰にも言えず苦しんでいませんか?

そもそも「過払い金」とはどんなお金?請求して大丈夫?

「もしかしたら自分にも過払い金があるかもしれない」と思ったとき、ワクワクする気持ちと共に、不安を抱く方も多いはずです。

  • 過払い金って一体何?
  • 請求したら、何か不利益が生じるの?
  • 金融業者の怒りを買うのでは?
  • 過去の借金が、家族にバレてしまわないの?

借金問題は非常にデリケートなもの。こうした不安を抱えているのは、あなただけではありません。一つ一つ、丁寧に解消していきましょう。

そもそも過払い金とは、過去に行われていた「利息制限法の上限を超えた貸し付け」において、返済し過ぎたお金のことを言います。

利息制限法の上限は、最高でも20%。しかし一方で、出資法が定める上限金利は、29.2%だったのです。つまり、29.2%以下であれば、「利息制限法の上限は超えていても、出資法により「合法」ということに。

この、利息制限法の上限金利以上、出資法の上限金利以下のことを、グレーゾーン金利と言います。

長く問題視されつつも、「あくまでもグレー」として放置されてきた状況は、2006年に大きく方向転換します。

最高裁が、利息制限上の上限金利以上でお金を借り返済していた方が、本来返さなくても良かった金利分を、請求できると認めました。これが、過払い金返還請求です。

つまり過払い金返還請求とは、法律に則った手続きであり、最高裁判所でも認められたの。むしろ、過去に金融業者から提示された金利の方が、違法だったのです。

支払い過ぎたお金を取り戻すのは、当然の権利!

もちろん、過払い金請求をしからといって、業者から嫌がらせを受けるようなこともありません。

ただし、過払い金請求をするためには、業者側とやり取りした上で、和解する必要があります。何も考えずに手続きすると、家族に知られてしまう可能性もあるでしょう。

また自身の借金の状況によっては、ブラックリストに登録されてしまう恐れもあります。正しい知識を身に付けた上で、請求することが大切です。

まずは現状把握から!過払い金を知るための4つの方法

過払い金の難しいところは、過去に借金していても、過払い金が発生しているかどうかは、わからないということ。

「おそらくないだろう」「あってもごく少額で、取り戻すほどのものではない」と、安易に判断してしまう方もいます。

「過払い金があるのかないのか」「あるならばいくらあるのか」は請求するにあたって最も重要なことです。実は、過払い金は「引き直し計算」によって自分でも知ることができます。

過払い金返還請求で後悔しないためのコツは、自身の状況を適切に把握することです。そのための4つの方法を紹介します。

ネット上のシミュレーションツールを利用

ネット上で「過払い金 シミュレーション」と検索すると、無料で使えるツールが多数ヒットします。自分にどれだけ過払い金があるのか、調べる手がかりになるでしょう。

「無料で過払い金の有無を調べられるなんて怪しいのでは?」と感じるかもしれませんが、怪しいツールではありません。利用したから依頼しなくてはいけないということはないので安心してください。

過払い金シミュレーションの多くは、弁護士事務所や司法事務所が公開しているもの。まずは過払い金の目安を伝えることで、相談への足がかりにしてもらおうという狙いがあります。

弁護士事務所や司法書士事務所の宣伝目的で設置されているため、ほとんどの場合、24時間無料で利用できます。また、その場ですぐに結果を得られるでしょう。

サイト上で入力を求められる情報は、以下のとおりです。

  • 借入金額
  • 借入時期
  • 年利
  • 毎月の返済額

入力できる情報量が多ければ多いほど、より正確な数字を導きやすくなるでしょう。

無料シミュレーションツールを使う場合、とにかく手軽に結果を得られる一方で、情報の信ぴょう性については、それほど高くはありません。

実際の過払い金計算は、債権者から取引履歴を取り寄せて複雑な計算を行います。ツールで出せるのは大まかな金額ですが、弁護士事務所・司法書士事務所にとっては、とにかく一度連絡してもらうことが目的なので、「目安」がわかれば十分なのです。

シミュレーションツールを使う場合、こうした特徴を頭に入れた上で、賢く活用する必要があるでしょう。

過払い金シミュレーションツールは、「過払い金チェッカー」という名称で公開されていることも多いです。基本的な内容はどちらも同じなので、まずは簡単なチェックとして利用してみるとよいでしょう。

また、今もまだ借金を抱えているという場合は、「借金減額シミュレーター」を使用することで、過払い金発生に加え、借金を減らせる可能性を知ることも可能です。こちらも弁護士事務所や司法書士事務所運営のものを使用すれば安心です。

弁護士・司法書士事務所の過払い金無料診断を利用

弁護士事務所や司法書士事務所によっては、サイト上のツールではなく、メールやファックスで、無料診断を行ってくれる場合もあります。

求められる情報は、以下のとおりです。

  • 借入金額
  • 借入時期
  • 借入先
  • 年利
  • 毎月の返済額
  • 連絡先メールアドレスや電話番号

こちらの場合、弁護士や司法書士が直接対応してくれるため、シミュレーションツールよりも精度が向上します。

無料で診断してもらえるのは、もちろん宣伝のためなので怪しいことはありません。

「過払い金が発生している可能性が高い」と判断されれば、電話がかかってきて営業を受けることがあります。ただ結果を知りたいだけという人にとってはデメリットに感じるかもしれません。

シミュレーションツールよりも、応対の手間がかかり、心理的ハードルが高い点がデメリットと言えます。

また弁護士や司法書士が対応してくれるとは言っても、この段階で伝えられる数字は、あくまでも目安です。その点は、シミュレーションツールとそれほど変わりありません。

実際に請求手続きをスタートしてみたら、全く違う金額になった!というケースも多いですから、注意してください。

取引履歴の開示請求

過払い金の状況を把握するためには、過去にどういった条件でお金を借り、返済しているのかが、重要なポイントとなります。

つまり、過去の契約条件や返済状況さえわかっていれば、過払い金についてもある程度予測できるのです。

まずは自宅に、以下のような書類が残っていないかどうか確認してみましょう。

  • 貸金業者が発行した借入明細書
  • 取引残高報告書
  • 契約時に交わした書類

こうした書類をチェックすれば、契約時の金利がグレーゾーン金利に当てはまるのかどうか、確認できます。

書類が残っていない場合でも、諦める必要はありません。

  • 信用情報機関(CIC・JICC・全銀協)へ情報開示請求をする
  • 貸金業者に対して取引履歴の開示請求をする

いずれかの方法で、過去の契約状況を確かめられるでしょう。書類が手元に届いたら、そこから過払い金の有無を計算できます。

貸金業者には請求されれば取引履歴を開示しなくてはいけない義務があります。しかし、個人で取り寄せると後回しにされたり、業者が合併した場合は複数に分けて届いたりと、取り寄せまで2~3ヵ月かかる場合があります。

注意すべき点は、取り寄せる理由を聞かれても「過払い金請求をするため」だと正直に言わないこと。請求の際に不利になってしまうことがあるので、「自分の債務を見直すため」などと答えるのが無難です。

弁護士や司法書士に正式依頼する

より確実に過払い金について知りたい場合は、弁護士や司法書士に依頼して調査してもらうのが一番です。

「過払い金があるかどうかわからないのに、調査を依頼するなんて…」という気持ちもわかりますが、実際には、調査してみないとわからないケースは多くあります。

弁護士や司法書士側もそれはわかっていますから、遠慮する必要はありません。

ただし、本格的な調査を依頼するためには、それなりの費用が発生します。まずは無料相談である程度の情報を得て、その上で依頼するかどうか検討するのがおすすめです。

弁護士や司法書士に調査を依頼した場合、専門家の方で過去の取引履歴を取り寄せてくれます。その情報をもとに引き直し計算を行い、過払い金がはっきりする仕組みです。

気になる費用については、以下を参考にしてみてください。

費用名目 目安の金額
相談料 0円~5,000円
着手金 1万円~2万円/1社
基本報酬 1万円~3万円/1社
成功報酬 2万円~3万円
過払い金報酬 取り戻した金額の20%前後
(※裁判になった場合は25%前後)

ただしこれらの報酬は、相談する事務所によっても異なるもの。相談料や着手金は発生せず、実際に過払い金を取り戻して初めて費用が発生するという事務所も存在しています。

弁護士や司法書士に依頼する場合、どのタイミングでどういった費用が発生するのか、事前にしっかりと確認しておくことが大切です。

過払い金は専門家に相談しなければ取り戻せない?

過払い金シミュレーションなどで「過払い金が発生している可能性が高い」とわかったら、「自分の手で取り戻したい」と思う方もいるでしょう。

過払い金返還請求は、専門家に任せる人が多いですが、「専門家しか手続きできない」というわけではありません。自分で手続きすることも可能です。

無料シミュレーションツールの結果をそのまま使うことはできませんが、自身の手で必要書類を取り寄せ、引き直し計算・和解交渉を行えば、過払い金を取り戻せます。

自分で手続きすれば、専門家に支払う報酬は発生しません。できるだけ多くのお金を手元に残したい方にとって、自力での手続きは非常に大きなメリットがあるように思えます。

ただ、自分でできる手続きを、あえて弁護士や司法書士に依頼する人が多い理由は、相談するメリットの方が大きいためです。

  • 難しいことを、すべて一括してお任せできる
  • 法律の知識をもって、より良い条件で業者と交渉をしてくれる
  • 引き直し計算で失敗しない
  • 自分で業者とやりとりしなくていいので、家族にバレにくい
  • 過払い金返還請求のデメリットについて、事前に相談できる

過払い金返還請求は、請求した側とされた側、双方が納得して初めて受け入れられるもの。有利に交渉を進めるために、専門家が持つ知識や技術は必須です。

また、面倒な作業や難しい作業、そして家族にバレるリスクがある作業を、すべてお任せできる点も、非常に大きなメリットと言えるでしょう。

最初にお伝えしたとおり、過払い金返還請求には、残念ながらデメリットもあります。どのデメリットが当てはまるのかは、人によって異なるもの。

弁護士や司法書士が味方についてくれれば、自分の場合に発生しうるデメリットを理解した上で、回避方法まで相談しやすくなるでしょう。

せっかくお金を取り戻すのに、わざわざ報酬を支払うなんて…と思う気持ちも、よくわかります。しかし、専門家に依頼した方が、より多くのお金を取り戻しやすいのも事実です。

自力で過払い金返還請求をする方法

過払い金返還請求の具体的な方法は、以下の通りです。

1.請求先の金融業者に取引履歴の開示請求をする

まずは過払い金を確定させるため、取引履歴の開示請求をします。請求した事実を証拠として残すため、文書で請求するのがおすすめです。

  • 普通郵便(書留)
  • 内容証明郵便
  • FAX

業者によっては、請求に応じないケースもあります。文書で請求しておけば、後に裁判になった場合でも、証拠として採用できるでしょう。

また、「一部分のみ開示請求に応じる」というケースもあります。金融業者側は、「開示請求=過払い金返還請求の可能性」を視野に入れて動き始めるもの。

「10年以上前のデータは残されておらず、開示できない」と伝えてくるようなケースもあります。この場合、開示のみで裁判にまでもつれてしまう可能性もあるでしょう。

2.引き直し計算を行う

無事に過去の取引履歴を入手できたら、次は引き直し計算を行います。インターネット上で過払い金計算ソフトを探し、使用するのがおすすめです。

引き直し計算には、以下のような情報が必要となります。

  • 年月日
  • 借入金額
  • 返済額
  • 利率
  • 利息
  • 日数
  • 残元金

履歴から見つけ出し、入力していきましょう。間違いがないよう、正確に操作する必要があります。

3.引き直し計算をもとに業者に請求・交渉する

引き直し計算が終わったら、その結果をもとに、過払い金返還請求書類を作成します。ネット上で公開されている、テンプレートを活用すると便利です。

出来上がった請求書は、内容証明郵便で相手方へと送付しましょう。

内容証明郵便で出すためには、定められた形式に沿った書面である必要があります。文字数制限や使用できる文字の種類、同封便数など、細かなルールを把握した上で準備してください。

請求書が業者側の手にわたったら、そこから交渉がスタートします。

金融業者にとっては、支払う過払い金額は、できるだけ低く抑えたいもの。一方で、請求する側は「すべて返してほしい」というのが本音でしょう。

相手の意見も聞きつつ、いかに自分の意見を通すかがポイントとなります。

4.交渉がまとまらなければ裁判する

交渉がまとまらなかった場合には、裁判になります。和解による解決よりも、長い時間が必要となるでしょう。

裁判になれば、必要書類を準備したり、指定された時間に裁判所に出かけたりと、自身の手間も増えてしまいます。

5.過払い金返還へ

一定条件で合意、もしくは裁判で決着が付いたら、その内容に基づいて過払い金が返還されます。

専門家に過払い金返還請求を依頼した場合の流れ

専門家に依頼した場合の流れは、非常にシンプルです。

なぜなら、先ほど紹介したステップのほぼすべてを、弁護士や司法書士が行ってくれるためです。依頼人は、要所で専門家から報告を受けるのみとなります。

金融業者側も、法律のプロを相手にすることの意味をよく分かっています。自力手続きでつまづきがちなポイントも、プロ相手ならスムーズに進むといったケースも、決して少なくありません。

手続きの途中で困ったことやわからないことが出てきた場合も、相談しながら進めていけます。相手方の対応に、ヤキモキさせられることもありません。

専門知識を持った相手との交渉は、金融業者側も構えてきます。折り合いをつける条件も変わってくる可能性があります。

過払い金請求の相談するなら?弁護士・司法書士事務所

では過払い金請求の相談は、具体的にどこにすれば良いのでしょうか。おすすめ事務所を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

【弁護士事務所】

事務所名 特徴
弁護士法人・響 相談料は何度でも0円、初期費用も0円。
交渉力に自信あり。全国24時間相談可能。
天音総合法律事務所 完済過払いなら着手金は0円。
365日24時間、全国からの相談をフリーダイヤルで受付中。
ベリーベスト法律事務所 弁護士への相談は何度でも無料。相談のみでもOK。
秘密厳守でプライバシーにも配慮。
サンク総合法律事務所 借金問題の相談料0円、初期費用0円。
365日24時間、全国からの相談を受付中。

【司法書士事務所】

事務所名 特徴
みつ葉グループ 相談料0円。完済過払いの場合着手金・基本報酬も0円。
完済できず任意整理となった場合も、減額成功報酬は0円。

どこも安心して依頼できる事務所ばかりです。相談料や報酬の節約にもつながるでしょう。

弁護士事務所と司法書士事務所の両方を紹介していますが、司法書士事務所が扱えるのは、「1社あたり過払い金が140万円以下」の案件のみとなります。

シミュレーションも活用し、もしこれ以上の金額になるようであれば、弁護士事務所を中心に相談先を探してみるのがおすすめです。

日本司法支援センター「法テラス」に相談することもできる

過払い金の相談は、法テラスの窓口でも受け付けています。

法テラスは、法律相談や法律事務所の紹介、債務整理費用の立て替えなどを行っている国が設立した機関です。

利用するには収入要件などを満たす必要がありますが、要件を満たした場合、過払い金の相談は3回まで無料で行えます。

さらに要件を満たせば費用の立て替え制度も利用できます。立て替え費用は月5,000円ほどを分割で支払っていくので、無理なく返済していくことができるでしょう。

生活保護を受給している方は、立て替え費用の返済が猶予されます。費用を心配して過払い金請求をためらっているなら、法テラスに相談し条件を満たしているかどうか確認してみましょう。

シミュレーションは最初の一歩!おすすめの調べ方は専門家

手軽に利用できる過払い金シミュレーションは、自身の状況を知るための第一歩と言えるでしょう。「専門家に相談する前の足がかり」として利用するのがおすすめです。

シミュレーションで得られる結果は、あくまでも目安。利用するツールによって、異なる金額が表示されるのも、そのためです。

  • 本当はいくら過払い金が発生しているのか?
  • 過払い金を取り戻せる可能性はあるのか?

こうした情報は、専門家に相談し、詳しい調査をしてもらった上でわかること。シミュレーション結果だけを見て、一喜一憂しないように注意してください。

今回紹介した5つの弁護士事務所・司法書士事務所であれば、過去に数多くの過払い金返還請求を請け負っています。

たとえ過払い金が発生していなくても、嫌な顔をされるようなことはありませんから、安心してください。

弁護士事務所や司法書士事務所は、「過払い金を取り戻したい」と願っている人の味方です。遠慮する必要はありません!まずは無料相談を活用してみましょう。

↓借金を減らす救済措置↓
関連記事