ニッテレ債権回収会社から督促…無視はやばい?身に覚えがなくても放置NG!

ある日突然「ニッテレ債権回収株式会社」というところから督促の電話やハガキがきて怖い…と思って、そのまま放置してしまっていませんか?

ニッテレ債権回収株式会社は、借金の回収を専門的に行う債権回収会社の一つです。ニッテレサービサーと呼ばれることもあります。法務大臣の許可を受けて「借金回収」を行っているプロです。

「なぜ連絡が来たのかわからない」「身に覚えがない…」という場合、つい無視したくなりますが、放置するのは危険です。

ニッテレ債権回収から連絡が来た理由や、電話で伝えられる要件、問題を放置した場合に起きるリスク等を解説します。

突然の電話にも慌てず、適切に対処するためのコツも紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

誰にも言えず苦しんでいませんか?

ニッテレ債権回収株式会社は怪しい?会社概要&業務内容は?

ニッテレ債権回収株式会社の会社概要は以下のとおりです。

社名 ニッテレ債権回収株式会社
(ニッテレ・サービサー)
住所 〒108-0023
東京都港区芝浦3丁目16番20号 芝浦前川ビル 5F
電話番号/FAX 03-3769-4611(代表)/03-3769-4118
設立 昭和61年8月1日
営業許可 平成11年6月1日
許可番号 法務大臣第7号
事業内容 ・特定金銭債権の受託とその管理・回収及び買取業務
・上記以外の正常債権の受託(集金代行)業務
・事務代行業務
・法務手続きの代行その他債権の管理・回収全般にかかわる業務
資本金 5億25百万円

ニッテレ債権回収株式会社は、設立から30年以上、債権回収業務を主に担ってきた企業です。平成11年からは、法律の変化に伴い、法務大臣の許可を受けた上で営業しています。

ニッテレ債権回収とは、なかなか返済されない借金回収のプロということになります!

ニッテレ・サービサーでは、主に以下のカードの債権回収業務を担っています。
  • ドコモdカード
  • DCMX
  • クレディセゾン

ただしこれ以外にも、

  • 自治体
  • 電力会社
  • ガス会社
  • 携帯会社
  • プロバイダー業者

これらの企業がニッテレ・サービサーに債権を売却するケースもあります。

各種企業から債権を購入したニッテレ・サービサーは、各事業者の代わりに借金を回収するための行動を起こし、そうして得たお金を利益にするという仕組みです。

ニッテレ債権回収会社から電話がきたときに、「見知らぬ会社から突然連絡がきた!」と焦る方は多いと思います。ニッテレ債権回収との間に、接点がないのは当然のこと。

過去に利用した事業者がニッテレ債権回収に依頼したことによって、そこから連絡が来ているというわけです。

ニッテレ債権回収の電話番号と連絡が来る理由

ニッテレ債権回収株式会社は、全国各地にサービシングセンター及びコールセンターを構えています。債務者への連絡は、これらのセンターから行われるケースが一般的です。

以下の電話番号から着信があったら、相手先はニッテレ債権回収株式会社です。

札幌サービシングセンター ・0120-250-078
・0120-206-006
・0120-374-888
・0120-760-874
・0120-821-451
東京サービシングセンター 0120-481-215
福岡サービシングセンター 0120-680-575
福岡コールセンター ・0120-545-808
・0120-152-105
ドコモdカード受託センター ・0570-783-890
・0570-783-866

ニッテレ債権回収株式会社から連絡が来る理由は、主に以下の4つです。

  • 債権譲渡のお知らせ
  • 取り立て
  • 諸連絡
  • カード不正利用の可能性

最も多いのは、過去に利用し、返済できていない金融業者やクレジットカード会社から、ニッテレ債権回収へと債権譲渡が行われたことを通知する連絡です。

債権譲渡に伴って、あらためてニッテレ債権回収から取り立てを受けるケースもあるでしょう。

ただこのほかにも、単純に各種諸連絡で連絡されている可能性もありますし、カードが不正利用されているケースでも連絡が来る可能性があります。

「ニッテレサービサーからの連絡に、まったく思い当たる節がない…」という場合は、こちらのケースに当てはまる可能性も。まずは過去の返済・支払事情をしっかりと思い返してみましょう。

ニッテレサービサーからの連絡を無視してはいけない理由

ニッテレサービサーからの連絡を、安易に無視するのは危険です。

なぜなら、もし督促の連絡であった場合、「連絡が取れない=返済が見込めない」と判断されてしまう恐れがあるから。

相手は借金回収のプロですから、強制執行による差し押さえも目前と捉えておいた方が良いでしょう。

ニッテレからの通知に身に覚えがない場合でも、過去の支払いや返済に漏れが生じている可能性も。連絡しなければ相手方から裁判を起こされ、預金や不動産、車に給料など、自身の財産を差し押さえられてしまうでしょう。

自身のカードが不正に利用されていた場合でも、それを説明し、証明する機会が失われてしまいます。

また、ニッテレからの連絡を無視したからといって、そのまま借金がチャラになるわけではありません。むしろ遅延損害金の加算によって、総返済額はますます増加します。

「よくわからないから連絡を無視する」のではなく、「よくわからないからこそ状況を明らかにし、適切に対処する」ことを心掛けましょう。

安易に連絡してはいけない場合もある!

ニッテレからの連絡を無視するのは厳禁です。が…

自分から安易に連絡するのも、実は避けた方が賢明です。

なぜなら、ニッテレから連絡が来た時点で、すでに借金の消滅時効条件をクリアしている可能性があるから。この場合、相手の連絡に対して安易な発言をすることで、時効が中断しリセットされてしまう恐れがあります。

企業対個人の取引の場合、最終取引(返済)から5年以上経過していれば、時効の援用手続きを経て、返済義務がなくなります。しかし、その過程で少額でも返済したり、借金の存在を認めたりすると、時効が中断してしまうのです。

つまり、ニッテレから連絡が来た時点では「あとは時効の援用手続きをするだけ」という状態であったのが、電話の内容によって、リセットされてしまうというわけです。

ニッテレから連絡があった際に、気軽に応じて良いのは「最終返済日から5年以内である」という条件を満たしている場合のみです。

この場合、時効を迎えられる可能性はありませんから、どういった要件なのか、直接聞いてみるのがおすすめです。

連絡内容に身に覚えがない!落ち着いてチェックするべき3つの内容

ニッテレサービサーから電話が来た際に、すぐにでも連絡したくなるのが、「借金や延滞に思い当たる節がない」場合です。

「何かの間違いでは?」と思うのは当然のこと。とはいえこの場合も、いったん落ち着いて、以下の3つのポイントをチェックしてみてください。

相手の電話番号

債権回収会社を名乗る詐欺手口は、決して珍しいものではありません。ニッテレサービサーを名乗り、お金をだまし取ろうとする手口もあるので、注意してください。

ニッテレからの連絡は、電話やSMSでも行われますが、ホームページ上で案内されている番号以外から連絡が来ることはありません。これ以外の番号は、すべて詐欺と捉えてください。

【電話連絡の場合】

  • 0120-481-215
  • 0120-250-078
  • 0120-206-006
  • 0120-374-888
  • 0120-760-874
  • 0120-821-451
  • 0120-680-575
  • 0120-545-808
  • 0120-152-105
  • 0570-783-890
  • 0570-783-866

【SMS連絡の場合】

  • 0120-481-215
  • 0120-206-006
  • 0120-374-888
  • 0120-760-874
  • 0120-821-451
  • 0120-680-575
  • 0120-545-808
  • 0120-152-105

※2022年5月時点の情報です

ニッテレサービサーから身に覚えがない連絡が届いた場合でも、まずは相手先の電話番号を確認しましょう。本物のニッテレからの連絡なのかどうか判別できます。

万が一詐欺業者からの連絡であれば、応じる必要はありません。SMSや留守番電話で別の番号へ連絡するよう求められるケースも多いですが、すべて無視してください。

自身の信用情報について

ニッテレからの連絡内容に思い当たる節がなくても、実際に返済や支払いが滞っているケースもあります。信用情報機関から、自身の信用情報を取り寄せましょう。

信用情報には、過去の借金の履歴が記載されています。ニッテレから連絡が来るということは、債権がすでに譲渡されているということ。事故情報が記載されているはずです。

信用情報機関には、以下の3つがあります。

  • 全国銀行個人信用情報センター
  • JICC
  • CIC
情報開示請求は、窓口や郵送のほか、インターネットからも手続き可能です。正確な状況をつかむためにも、できるだけ早く行動してみてください。

信用情報に何も問題がなければ、ニッテレサービサーからの連絡は、本当に単純な連絡事項である可能性が高まるでしょう。

時効の可能性について

「過去の借金はきちんと清算したはずだけど…」など、過去に取引があったものの、現時点で思い当たる節はないという場合には、時効の可能性についても考慮しましょう。

念のため、最終返済日の日付から、時効の可能性についても調べておくと安心です。

自分ではよくわからない…という場合は、弁護士や司法書士といった専門家に相談することをおすすめします。

無視?連絡する?迷ったときの対処法は「弁護士に相談」

実際にニッテレ債権回収から連絡があった場合、速やかに連絡した方が良いケースもあれば、連絡しない方が良いケースもあります。

自分の場合はどちらなのか、悩む方も多いでしょう。このような場合におすすめなのが、弁護士や司法書士への相談です。

法律のプロである弁護士に相談すれば、時効の可能性についても、しっかりとチェックしてもらえるでしょう。そのまま時効の援用手続きに進めば、借金を返済しなくても済む可能性もあります。

司法書士も、140万円以下の借金について時効援用を代行可能です。

残念ながら時効の援用が難しい場合でも、ニッテレサービサー側との返済条件に関する交渉をお任せできます。

一括返済を求められているところを、分割払いにしてもらうだけでも、返済負担は軽減されます。しかし、こちらの要求を飲んでもらうためには、一定の法律知識が必要になるでしょう。

交渉事を任せることで、自分で連絡して交渉するよりも、良い条件で話をまとめられる可能性が高くなります。

すでに裁判を起こされている場合でも、弁護士が付いていれば安心です。まずは今後、どういった道を探れるのか、無料相談でアドバイスをもらうのがおすすめです。

弁護士の中にも、得意分野・不得意分野があります。ニッテレサービサーからの連絡で悩んでいるときには、借金問題に強い弁護士を探してみてください。

返済が難しいなら債務整理の検討も

ニッテレ債権回収株式会社から何らかの請求を受け、その内容に間違いがない場合、速やかに返済するのがおすすめです。

しかし残念ながら「金銭的に余裕がなく返済が難しい…」という場合もあるでしょう。この場合は、債務整理について検討しましょう。

債務整理とは、法律で認められた借金問題救済制度です。借金が返済できないほど膨らんでしまった場合に、一定のルールのもとで決められた手続きを踏み、借金を減額したりチャラにしたりするための制度になっています。

債務整理の種類や大まかな特徴は以下のとおりです。

任意整理 相手方と直接交渉することによって、将来利息や遅延損害金をカットし、一定期間で返済する方法。
個人再生 裁判所を通じて手続きをし、借金額を最大で10分の1にまで圧縮する方法。マイホームを手放さずに借金を整理できる可能性がある。
自己破産 裁判所を通じて手続きをすることで、借金をチャラにする方法。一定額以上の財産は、すべて手放さなければならない。

借金減額効果は、自己破産がもっとも大きいものの、自身が保有する財産の多くが処分されてしまいます。マイホームも例外ではないでしょう。

裁判所を通さずに手続きできる任意整理は、素早く借金を整理できるというメリットがあります。一方で、借金の減額効果はそれほど高くはありません。また、ニッテレサービサー側と、直接交渉する必要があるでしょう。

債務整理について検討する場合も、借金問題に強い弁護士に相談するのがおすすめです。自分にはどの債務整理が合っているのかアドバイスしてもらえますし、手続きをしっかりサポートしてもらえるでしょう。

初めての債務整理でも、安心して手続きできます。

ニッテレ債権回収株式会社からの電話には冷静に対処しよう

ニッテレ債権回収株式会社は、その業務の性質上、直接取引していない相手に対して、借金や延滞金を返済するよう求めてきます。

見知らぬ相手からの突然の請求に、詐欺を疑ってしまう人も多いかもしれません。しかし利用先業者が債権を譲渡していれば、「ある日突然ニッテレから連絡が来る」という事態が発生します。

簡単に「詐欺だろう」と判断せず、まずはその通知内容を確認するところからスタートしましょう。

ニッテレからの通知に思い当たる節がない場合や思い当たる節はあっても返済が難しい場合には、弁護士や司法書士などへの相談をすぐしてみてください。

法律のプロの目で情報をチェックした上で、より良い解決方法を提案してもらえます。

↓借金を減らす救済措置↓
関連記事