任意整理とは?しない方がいい人って?任意整理で迷ったらすぐ専門家に相談を!

任意整理は、借金を整理するための債務整理の一つです。

借金問題を解決するための方法ですが、「しない方がいい」「しなければよかった」と言われることもあるようです。

「借金を整理できるのに、なぜ任意整理しない方がいいの?」と疑問に思う方に向けて、任意整理のデメリットやしない方が良い人の特徴などの理由や、任意整理の仕組みについて解説します。

誰にも言えず苦しんでいませんか?

そもそも債務整理とは?任意整理とは?

債務整理は、借金返済が難しくなった場合に、借金を減額したりチャラにしたりするための手続きです。

「借金減額できる」「チャラになる」と聞くと、「なんとなく怪しい…」と不安になる方もいるのではないでしょうか?しかし債務整理は法律で認められた借金整理方法であり、一定の条件を満たせば誰でも利用できるのです。

債務整理には、主に以下の3つの方法があります。

  • 自己破産
  • 個人再生
  • 任意整理
自己破産とは、破産申立書を裁判所に提出し、免責許可をもらう手続きのこと。裁判所は、借金の原因や本人の支払い能力などを総合的に考慮して、免責許可を出すかどうか決定します。許可が下りれば、一部を除いた財産を処分される一方で、借金の返済義務がなくなります。
個人再生とは、裁判所に再生計画案を提出して認可を受ける手続きです。認可が下りれば、借金は5分の1から10分の1と大幅に減額され、原則3~5年で完済します。マイホームを手元に残して借金減額できる可能性があります。
任意整理は、裁判所を通さずに債権者と直接交渉する方法です。借金の利息や毎月の返済額、返済期間について交渉します。無事に合意できたら、新たな条件のもとで借金を返済していきます。

自己破産・個人再生・任意整理はどれも「債務整理」ですが、手続きの結果やその後の生活には大きな差が出ます。

借金減額効果が高いのは自己破産ですが、一部を除いてすべての財産を手放すことに。

一方で任意整理の場合、減額効果は低いものの、素早く借金を整理でき、整理する債務も選べ、特に財産を手放す必要もないというメリットがあります。

債務整理を検討する際には、それぞれの特徴やメリット・デメリットについて考慮した上で、自分に合った方法を選択する必要があるでしょう。

任意整理できる人にも条件がある!

任意整理は、誰でもできるわけではありません。任意整理ができるのは、以下の条件を満たしている人です。

  • 任意整理後の借金を返済できる能力がある人
  • 任意整理後の借金を返済する意思のある人
  • 貸金業者側が交渉に応じてくれる場合

任意整理は、以下の手順で行われます。

  1. 借金の状況を確認する
  2. 元本から過払い金過払い金を差し引く(※発生している場合のみ)
  3. 将来利息をカットする
  4. 返済期間を新たに3~5年に設定し、返済していく

過払い金とは、過去の返済で貸金業者に払い過ぎていた利息のこと。実際に過払い金が発生しているかどうかは、個々の状況によって異なります。

過払い金があるかチェック
過払い金が発生している場合を除き、基本的に任意整理では、借金の元本が減ることはありません。このため、「将来発生する予定の利息をカットしたら、完済できるのか?」が、任意整理できるかどうかの、大きな壁となるでしょう。

返済能力が十分にあっても、返済意思がなければ、業者側は交渉に応じません。

裁判所を通さない任意整理に応じるかどうかは、金融業者側の自由なのです。「債務者に返済する意思が見られない」と判断されれば、任意整理で和解することは、非常に難しくなります。

業者によっては、最初から「任意整理には応じない」という立場をとっているところも。借入先がこの条件に当てはまっている場合、残念ながら任意整理は不可能です。別の債務整理を検討しましょう。

「任意整理しない方がいい」と言われる3つの理由

借金問題で困っていて、「任意整理できる人の条件」に当てはまっていても、実際には「任意整理しない方がいい」と判断されるケースもあります。

「借金を減額できるのに、なぜ?」と思いがちですが、しない方がいいと言われる理由は、主に以下の3つです。

理由1「借金減額効果が低いから」

任意整理の特徴は、債権者と債務者が直接交渉して借金を整理すること。

裁判所を通して行う個人再生や自己破産よりも手軽な一方で、借金減額効果が低いという特徴があります。

任意整理 借金の将来利息のみカットされ、元金は減らない
(※過払い金が発生していない場合)
個人再生 借金の元金が5分の1~10分の1にまで減額される
自己破産 すべての借金がチャラになる

年利15.0%で借りた借金が100万円あり、毎月2万円ずつ返済している場合、任意整理によって50万円以上の将来利息をカットできる可能性があります。

ただし、「100万円」という元本が減るわけではなく、毎月2~3万円を返済し、3~5年で完済するよう求められます。

個人再生を選択すれば元金そのものが10~20万円までに圧縮されますし、自己破産なら0円になりますから、任意整理の借金減額効果は限定的と言えるでしょう。

債務整理の目的は、借金を減らすことです。その他の方法を選んだ方が高い効果を期待できることから、「任意整理しない方がいい」と言われることもあるようです。

理由2「借金が少額でデメリットの方が大きいから」

任意整理でカットできるのは、主に将来利息です。もともと借金額が少なく、発生する利息も少ない場合、デメリットの方が大きくなってしまう恐れがあります。

  • カットされた借金額以上に、弁護士・司法書士報酬がかかってしまう
  • ごくわずかなメリットのために、ブラックリストに登録されてしまう
任意整理をはじめ、債務整理にはデメリットもあります。メリットよりもデメリットの方が大きいと考えられる場合、あえてしない方が良いケースもあります。

理由3「任意整理に応じてくれない業者もあるから」

先ほどもお伝えしたとおり、任意の交渉に応じるかどうかは、業者側の自由です。

応じてくれない業者を相手にする場合、反対に、一括返済を求められてしまう恐れがあります。リスクを避けるためにも、「しない方がいい」と考える人もいます。

もちろん「した方がいい」ケースもある!メリットは?

「しない方がいい」と言われることもある任意整理ですが、任意整理ならではのメリットもあります。個々の状況によっては、もちろん「した方がいい」ケースもあるのです。

  • 保証人付きの借金は除外して、その他の借金を整理したい
  • 官報に記載されない方法で、借金を整理したい
  • 長期間返済が続いていて、過払い金が発生している可能性が高い

任意整理ならではのメリットで、特に大きいのは、「交渉する相手を選び、借金の一部のみ整理することができる」という点です。

保証人がついた借金を債務整理した場合、請求は保証人のもとに。保証人に迷惑をかける恐れがあります。任意整理なら、こうした借金を除いて手続きを進めることができるのです。

また、個人再生や自己破産のように、債務整理の事実が官報で公告されることはありません。職場や家族に知られずに手続きを進められる可能性も高いでしょう。

過払い金が発生している場合、単純に借金を減額するだけではなく、現金として手元に返ってくる可能性も。もちろんこの場合も、「任意整理した方がいい」ケースに当てはまります。

いずれにしても、自分だけでする方がいいのかしない方がいいのかを判断すると、結果として「損」をしてしまう可能性があります。弁護士や司法書士といった専門家に相談してみて、自分の借金に向いている方法を知ることが大事です。

借金が減らせるのかどうかは、無料の借金減額シミュレーターを利用すれば、減らせる可能性やいくら減らせるかを確認できます!

\相談前に確認!/

「任意整理しない方がいい人」は具体的にどんな人?

「任意整理した方がいい」「しない方がいい」を判断するためには、さまざまな条件が関連してきます。

自分はどちらかよくわからない…という方に向けて、任意整理しない方がいい人の条件を具体的に紹介します。

生活の見直しによって、返済を続けられる可能性がある人

任意整理によって借金が減るのは魅力的。しかしその反面、

  • ブラックリストに登録されるため、一定期間ローンが組めない
  • クレジットカードの利用や新規発行ができない

といったデメリットがあります。

収支の見直しや生活全体の工夫で、任意整理しなくても完済できる可能性がある人は、まずはそちらを選択するのがおすすめです。

  • 副業などでお金を稼ぐ
  • 携帯電話の契約を格安プランへと変更する
  • 不要物を売却して返済金に充てる

これらの工夫を取り入れてみてください。

近々ローンを組む予定がある人

先ほどもお伝えしたとおり、任意整理でブラックリストに登録されれば、新たなローンを組むことは難しくなります。

近い将来、ローンを組みたいと思っている人は、債務整理以外の方法で問題解決を目指した方が良いでしょう。

  • 住宅ローン
  • カーローン
  • 教育ローン
  • スマートフォンの月賦払い

ローンの中には、生活と密接に関わっているものも多いですから、ぜひ慎重に検討してみてください。

家族からの援助が受けられる可能性がある人

自身の生活が苦しくても、家族から援助が受けられるのであれば、そちらを頼るのがおすすめです。ブラックリスト入りを避けられるからです。

家族からお金を借りる場合、後のトラブルを防ぐため、事前に返済期間や金額を定め、正式な書類にして残しておきましょう。

苦しい期間が一時的だと思われる人

たとえ借金の返済が苦しくても、あくまで一時的な状況と思われる場合、任意整理しなくても乗り越えられる可能性があります。

いきなり任意整理の手続きをとるのではなく、まずは借入先に相談してみましょう。返済日や返済額の調整に応じてもらえる可能性があります。

任意整理を含め、債務整理は金融業者にとってもできれば避けたい事態です。「今は返済が難しいけれど、あくまで一時的なもの。返済を続けたい」という意思を見せれば、融通を利かせてくれるケースも少なくありません。

銀行系のカードローンを利用している人

銀行系のカードローンで任意整理をする場合、銀行側が債権回収のため、預金口座を凍結するケースがあります。

もし、凍結された口座が生活に密接に関わっているメイン口座だとしたら、ただちに以下のような影響が出てしまうでしょう。

  • 給料の振込ができない
  • 生活費が引き出せない
  • 各種支払いの自動引き落としが行われない

口座が凍結される期間は、約2~3ヶ月。また任意整理によって、本当に口座を凍結するかどうかは、利用先の銀行によっても異なります。

一般のカードローンよりもデメリットが多くなる恐れがあるため、銀行系カードローンの任意整理は、慎重に判断しましょう。

住宅ローンや車のローンの支払いで困っている人

住宅ローンやカーローンといった目的別ローンは、審査が厳しく、使途が限られているため、非常に低い金利で提供されています。

任意整理の基本は、将来利息のカットによる借金減額。しかしそもそもの金利が低ければ、任意整理をするメリットは極めて少なくなってしまいます。

住宅ローンやカーローンのほか、奨学金や教育ローンも低金利なものが多く見られます。返済が厳しくなった場合、任意整理以外の方法を検討した方が良いでしょう。

勤務先からの借金を整理したい人

勤務先でお金を借りている場合も、金利が低く、任意整理によるメリットがほとんどないと考えられます。

また、任意整理の事実を職場に隠し通すことは不可能になってしまいます。なんとか支払い続けられないか、検討するのがおすすめです。

任意整理しても完済できる見込みがない人

任意整理した場合、将来利息をカットした元本のみを、整理後3~5年で分割して支払っていくことになります。

「たとえ元本のみでも、完済は難しい…」という場合、そもそも任意整理をする意味がありません。任意整理ではなく、自己破産や個人再生を検討しましょう。

債権者から、すでに強制執行の準備をされている人

借金問題で困っている場合、すでに業者側が、強制執行の準備に入っているケースもあります。この場合、任意整理によって差し押さえを回避するのは難しいでしょう。

自己破産や個人再生であれば、強制執行を止める効果がありますから、任意整理よりもそちらを検討するのがおすすめです。

消滅時効を迎えている可能性がある人

借金には時効があり、すでに時効が成立していれば、元本を含め借金を返済する必要はありません。

消滅時効を迎えている可能性がある人が、任意整理の手続きをすると、「本来であれば返済しなくても良かった借金に、返済義務が生じる」ということに。

借金が消滅時効を迎えるのは、最後の取引から5年経過したときです。

ただし借金の時効の考え方には、難しい点も多いもの。自分で勝手に判断するのではなく、専門家に相談し、手続きを進めていくのがベストです。

任意整理した方がいいのかどうか…判断は難しい!相談先は?

世の中には、任意整理した方がいい人もいれば、しない方がいい人もいます。素人の立場で判断に迷うのは当たり前のこと。ぜひ一度、借金問題に強い弁護士や司法書士に相談してみてください。

過去にさまざまな借金問題を扱ってきた弁護士・司法書士であれば、

  • 任意整理は可能なのか?
  • 任意整理でどの程度のメリットが生じるのか?
  • 借入先は任意整理の交渉に応じてくれるのか?
  • 任意整理によって銀行口座が凍結される可能性があるのか?
  • 任意整理以外の債務整理を選んだ方がいいのか?

このような疑問を明らかにした上で、最適な債務整理方法についてアドバイスしてくれるでしょう。

正式に契約すれば、報酬を支払う必要はありますが、過払い金の有無の確認や金額の確定、業者側との交渉まで、すべてを一括でお願いできます。

すでに返済が滞っていて、督促を受けている場合でも、弁護士や司法書士が受任通知を送った段階でストップさせられます。

「任意整理を考えているが、わからないことが多い」「一刻も早く通常の生活に戻りたい」という方にとって、非常に大きなメリットと言えるでしょう。

任意整理の相談でおすすめの弁護士事務所3つ

任意整理の相談先で困ったときは、以下の5つの事務所をチェックしてみてください。どこも実績豊富な弁護士事務所です。

  • 弁護士法人・響
  • 天音総合法律事務所
  • ベリーベスト法律事務所
  • みつ葉グループ
  • サンク総合法律事務所
  • どこも相談は無料でできるので、一度話をしてみて、依頼先を決定するのがおすすめです。任意整理をスムーズに進めていくためにも、ぜひ専門家への相談を検討してみてください。

    任意整理した方がいい?迷ったときは専門家に相談を

    任意整理は借金を整理するための方法ですが、「しない方がいい」と言われると、悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

    本当に任意整理した方がいいのか、それともしない方がいいのかは、それぞれが抱える事情や借金の状況によって異なります。判断に迷ったときは、安易に自己決定するのではなく、専門家に相談しましょう。

    借金問題に強い弁護士や司法書士に相談すれば、「自分の場合は任意整理した方がいいのか?」という点について、具体的なアドバイスがもらえます。

    債務整理で失敗しないためにも、まずは一度相談に訪れてみてくださいね。

    ↓借金を減らす救済措置↓
    借金減るかもSPイラスト13
関連記事