闇金(ヤミ金)とは?借金の取り立ては怖い?家族や会社への影響やおすすめの相談先

闇金に手を出すきっかけは、「少しでもいいので借りたい」という軽い気持ちからの方や、「審査がなくても借りられる」「即日OK!誰でもOK!」といった甘い誘惑に惹かれてなどではないでしょうか。

しかし、闇金で借金して一時的にお金が手に入っても、その後待っているのは「高い金利」そして返済できないと待っている「取り立て」です。

わらにもすがる思いで借りたお金を返すために、再び闇金に手を出してしまい、延々と負のループに陥ってしまう…そして「取り立て」が…。

高額な金利でお金を貸して、借りた人の弱みにつけ込み、精神的に追い込むのがヤミ金の怖さと言えるでしょう。取り立ては怖い、家族や職場への影響なども耳にします。

最近では「ソフト闇金」という賃金業者もあります。一体どのような賃金業なのでしょうか?「ソフト」と聞いて優しいイメージを持っていませんか?

そもそも違法だから、「踏み倒すことができるかも?」と軽い気持ちで借りてしまうと、後々とんでもない目に遭う可能性もあります。

「闇金」から、うっかり借りてしまわないよう、まずは闇金について知ることが必要です。

そして、気づかないうちに借りてしまっていた、すでに闇金に借りてしまってどうすればいいか悩んでいるという方に、今後どう対処すればいいかについて、しっかりと解説していきます。

誰にも言えず苦しんでいませんか?

そもそも闇金って何?闇金にもいくつか種類がある

闇金とは別に「ヤミ金」や「闇金融」と称され、国や都道府県に賃金業としての登録をしていない「違法な業者」のことです。

無登録で違法、国や都道府県が定める登録番号がないのは勿論、事務所の住所を持たず電話番号のみのところも多く、「即日融資可能」や「ブラックでも借りられる」などは闇金である可能性が高いです。

よくある大手消費者金融や銀行系カードローンなどとは違い、違法な高金利を課す無登録賃金業というのが特徴。そのお金は反社会的勢力の資金源とも言われています。

普通に生活していると闇金とは縁がないように思えますが、実はさまざまな方法で私達の生活に近いところに存在しているのです。

例えば…

  • 電信柱や週刊誌などの融資勧誘広告
  • SNSからダイレクトメールを送り融資を勧誘
  • 官報を確認し、自己破産者を狙って直接連絡
要するに、今まで闇金とは無縁だった人も軽い気持ちで「少しだけなら借りてみよう」とスマホ1つで簡単に闇金業者と繋がりを持ってしまうことができてしまう世の中なのです。

また、国が発行する官報には自己破産者の名簿が掲載されています。閲覧しない限りは一般的には他人には知られることはありませんが、闇金業者はそこにも目を付けています。自己破産者を確認し直接連絡してくる場合も…。

自分は大丈夫と思い借りてしまったら危険です。違法な利子、執拗な取立てなどの違法行為も関係ないのが闇金のやり口!

闇金の種類を紹介!

闇金にはいくつか種類があります!後から「闇金だった…どうしよう」となっては大変です。

知っておくべき闇金の種類を紹介します。

090金融 携帯電話の番号と事業社名だけで営業し何者か明かさないため、何かあって行ってみたらそんな事務所は存在しない…なんてことも。多くのの闇金の手口がこちら。
押し貸し 闇金が勝手に口座にお金を振り込み、後日高額な利息を請求。過去に闇金を利用した際の口座など個人情報を悪用。
システム金融 事業者に対して小切手など担保にして事業資金の貸し付けを行う。貸付金額に高額な利息を課し、小切手など不渡りを恐れる心理を利用する手口である。
自動車金融 車を担保に取り融資を行う。リースや保管料など貸金以外の取引をするのが特徴。
都イチ金融 貸金業登録を受け合法な営業を装う闇金。登録番号が「都1」で始まるのが特徴であり最近は少なくなった。
脱法質屋(偽装質屋) 正当な質屋の営業法を利用して高金利を騙す。年金受給の高齢者が被害者に多く、支給日に引き落としができるよう質屋では認められない口座引き落としの手続きをさせる。
自動車金融 安く自動車を買いたたき、差額分のお金を貸す
年金担保金融 将来受け取る年金を担保に、お金を貸し出す手口。

主に以上の闇金の種類が上げられています。見聞きしたことがあるものもあれば、聞き慣れないものもありますし、闇金とは気づきにくいものもあります。

事業主や高齢者など特定の人を狙ったものあります。間違って利用しないよう注意が必要です。

ひと昔前のように対面で契約することは少なくなり、最近ではインターネットを通じて活動を行う闇金業者が増えています。

公式サイトを持たず、闇金ということを隠しながらSNSで活動している業者も多く、「SNSなら気軽に借りられる!」と思いがちですが、その考えは危険です。

簡単にお金を手にできる=闇金 と疑ってかかっても良いかもしれません。

超高金利!闇金から借金したときの利子はいくら?

闇金の利子は高いことで知られていますが、一体いくらぐらいなのでしょうか?高金利のことを表す言葉に「トイチ」「トサン」「トゴ」などがあります。トイチは10日で1割の利子、トサンは10日で3割、トゴは10日で5割です。

漫画や映画で有名な「闇金ウシジマくん」では、主人公が「トゴ」で貸付を行う暴利闇金融を経営しています。目にしたことのある方もいるのではないでしょうか?

闇金業者は、このような信じられないほどの超金利で貸付を行っています。ある程度の返済実績を積めば金利が下がることもありますが、それでもかなりの高金利です。

例えば…トイチで3万円借りたとしても10日で3,000円、1ヶ月で10,000円近い利子が発生します。これの繰り返しで、借りたお金よりも利子が高くつき抜け出せなくなってしまいます。

注意!ソフト闇金と闇金の違いは知ってる?

巷で聞く「ソフト闇金」一体どんなものか知っていますか?「ソフト」というワードで優しいのかな?安心してお金を借りられるのでは?とイメージしてしまいますね。

優しいイメージに騙されては絶対にダメ!「ソフト闇金」も違法な賃金業者、闇金同様無登録で営業し高額な利子が発生します。

近年、多重債務者の急増が社会問題となり自ら命を絶つ人が増えているとのこと。そのため貸金業の法律が変わりました。

闇金業者も警察による捜査や芋づる式の逮捕から逃れるため、悪質非道な取り立てをしない「ソフト闇金」と呼ばれる手口に変わってきているそうです。

ソフト闇金のホームページを見ると、自らを「優良店」だと言って、「安心安全」「ゆっくり返済」をうたい文句にしているところが多々あります。

「24時間365日OK」「審査は3秒」「在籍確認なし」「バイトやパートでも借りられる」などと、魅力的に感じる言葉が並んでいて信用してしまい、ちょっと借りてみたい!と思ったり、既に借りてしまったという人もいるのではないでしょうか…。

闇金はどんな人が借りているの?実は主婦も多い!

誰しも生活するためにはお金は必要です。

「1回だけ借りたい」「お金を借りられる身内がいない」「夫や家族にバレずにお金を借りたい」などさまざまです。

  • 一般的な消費者金融などは審査が通らずお金を借りられない人
  • 多重債務など新たな借入が難しい人
  • 過去に債務整理をしてブラックの状態の人
  • 突然失業にあってしまった人
  • 過去に借金があり社会的信用や信頼を失った人
  • 自分名義でローンを組めない専業主婦
  • 自営業・個人事業主
  • ギャンブルや買い物依存症の人

特に、主婦は闇金からターゲットにされやすいです。すでに家族に内緒で闇金から借りているという方もいるのではないでしょうか?

主婦の中には、生活費の補填や子どもの習い事費、買い物代などにお金が必要で、キャッシングに慣れている方は意外と多いです。

しかし、専業主婦は自分での収入がないため、銀行や消費者金融でキャッシングしようとしても審査に通りにくいです。

主婦は、一般的な業者からの借り入れが難しいことに加え、働いている夫のお金での返済が期待できることから、闇金に狙われやすいのです。

子どものいる主婦を狙って、子どもに危害を加えるような脅しや取り立てをしてくることも。女性なら抵抗できないだろうという考えもあるのでしょう。

また、闇金と知らず「お金貸します」というDMで軽い気持ちで借りてしまう人も多いようです。

お金を貸すときには優しく丁寧に対応してくれますが、お金を返せないとなると、状況は一変。厳しい取り立てが始まります…

闇金から借金!厳しい取り立ての実態って?

闇金からお金を借りて期日までに返せないと「取り立て」をされます。

取り立てといえば、ドラマや映画のシーンで、自宅玄関をバンバン!と叩き「金を返せ!」と大声を上げるところを目にしたことがあるかと思います。

闇金に手を出そうかと迷っている方の中には、取り立てされても我慢すればいい、取り立てといっても耐えられる程度だろうと甘く思っている方もいるかもしれません。

しかし、現実はそんなに甘いものではなく、恐ろしい取り立てを行ってきます。
防犯カメラや身バレを警戒し、警察の通報や逮捕を避けるため、家に来るとは別の方法で取り立てが行われることが多いです。

闇金の実話エピソードを紹介します。

実際にあった闇金の取りたて例

闇金の取り立ては自分だけでなく、家族や職場など周辺の人たちにまで及ぶ場合があります。

  • 自分の携帯電話や自宅に電話してくる
  • 夫、妻など配偶者に連絡する
  • 職場や子供の学校に連絡する
  • 実家や兄弟に連絡する

お金を借りる際、氏名、住所、電話番号、家族構成や連絡先、務めている会社や子供の学校など聞いてきます。これは、取り立てに使うための情報を得ているのです。

闇金から借りていることは人には知られたくないものですが、家族や近しい人に闇金を利用していることを知らせたり、借金返済の肩代わりを要求したりしてきます。

脅し文句やセリフは単純なのですが、借りたお金を返せない…という負い目から、大変大きなダメージを与えられます。

  • 逃げても無駄!どこまでも追い込むからな!
  • お金が返せないなら、家族や親族のところにも行くからな!
  • ◯日までになんとかできないなら、どうなっても知らないからな!

闇金の取り立ては、悪質であり恐怖です。自分だけではなく周りを巻き込み、かなりの精神的苦痛にさいなまれます。

そして、実際に周囲への影響が出てくることも…。

  • 職場:迷惑をかけ信頼を失い、職を失うことにもなりかねません。
  • 家族:子供がいじめられたり、保護者としての信用を失い、子供が不登校になる原因にもなりかねません。家族に危害を加えるぞ!などの脅しを受ける場合も…

電話も1度だけではなく、日に何度も何度もかけてきます。多い時にには1日に100件の着信なんてことも…これを「鬼電」といいます。相当な嫌がらせ行為です。

自宅や勤務先以外の取り立ての電話や訪問、早朝深夜の電話は違法行為です。しかし闇金闇金業者自体が違法ですから、取り立てにルールは通用しません。

「回収業者に債権を譲渡するぞ」と脅してくることもありますが、正規の債権回収業者が闇金からの委託を引き受けることはありません。回収業者を名乗るところから連絡があってもそれは回収業者ではなく闇金業者の仲間です。

言葉で精神的に追い詰める以外にもこんな取り立てや嫌がらせが!

「ええ!?信じられない!」「こんなこともまでするの!?」という方法ですが、実際にあった取り立ての実態としてあげられています。

  • 頼んでいない荷物やピザなどのデリバリーを自宅に届ける嫌がらせ
  • 救急や事故が起きていないのに救急車や消防が来る
  • 第三者に言いふらす、ビラなどを貼り付けられる
  • 動物などの死骸を自宅に送ってくることで精神的ダメージを負わせる

代引きの荷物やデリバリー料金を支払うと、借金の支払いが遅れていても実はお金があるんだな!と闇金業者に知られ、取り立てがエスカレートした!なんてことも。

これらは、返済されるまでずっと続き、借金取りのことばかり考える日々となってしまう可能性があります。

直接的に押しかけて取り立てという方法よりも、増えてきているのが、精神的にどんどん不安に追い込む方法。取り立てに追い詰められて、夜逃げを考えたり、悲しい結末になってしまったというケースも…

想像以上に怖い闇金の取り立てに悩んでいる人が後を絶たないのが現状。自分だけならまだしも、家族や職場にも影響が出ることを恐れて相談するにもできず、一人で悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

実際に闇金から借金している人や過去にしていた人が、恐怖の体験談をつづっているブログも多数あります。闇金の実態や借金地獄からの脱出法などを知ることができるでしょう。

闇金からの借金、返せないとどうなる?

「一刻も早く抜け出したい!でも返済が難しい…」という闇金の利用者は多いはずです。闇金に手を出したのは変えようのない事実になりますが、返せないとどうなるのでしょう?

闇金には今後一切手を出さないと誓い、早く今まで通りの生活に戻りたい人や借金を少しでも減らしたいという人の為の解決法を紹介します。

闇金は返済の義務はない!踏み倒すとどうなる?

闇金業者は、貸金業の登録せず営業しているので違法であることは先にお伝えしました。

法定年利の上限を超える高額な貸付も違法であり犯罪です。ですから、「不法原因給付」になり、法律上は返済の義務はありません。

不法原因給付とは、不法な原因に基づいてなされた給付のこと。民法では、不法原因給付は返還請求できないと定められています。つまり、不法な原因で貸し付けたお金は戻ってこないということです。

当事者間で合意し、しっかりと契約を交わしていても、法律に違反した金利での貸し借りに返済の義務は発生しません。

法律上は踏み倒しても問題はないのですが、お金を借りておきながら逃げる「借り逃げ」にはリスクが伴います。踏み倒すとどんどん利子が膨れ上がり、より強い取り立てを受けることになるでしょう。

返済の義務がないからといって、最初から踏み倒す目的で闇金から借りるのは不法原因給付になりません。

借りた側が闇金を騙したということになり、詐欺罪に問われる可能性があります。踏み倒す前提で借りると違法とはいえ返済義務が生じてしまうので注意しましょう。

闇金の業者は暴力団組織であったり、反社会的勢力が背景にある組織がほとんどです。「返さなくても問題ないだろう」と安易な気持ちで闇金に関わるのは非常に危険です。

身内が闇金から借りていた…。相続放棄はできる?

よくあるケースとして、親やきょうだいが闇金から借金していて、亡くなった後に発覚するというもの。死後3ヶ月ほど経ってから突然連絡が来たリ、督促状が届いたりすることがあります。

法律では、相続するか相続放棄するかの答えは3ヶ月以内に出さないといけないと決められています。闇金業者は、相続放棄できなくなるタイミングを見計らってアプローチしてくるのです。

しかし、闇金との契約はそもそも法的に無効なので、相続する義務はありません。

闇金側は法律上無効であることを知った上で督促を行ってきます。取り立てに困る場合は、闇金の解決実績がある弁護士や司法書士などの専門家に相談しましょう。

勝手に保証人にされていることも…

闇金業者は、お金を貸し付ける際、緊急連絡先として借主に他の人の個人情報を聞き出します。もし、借りた本人が返せなくなったときに「保証人」として連絡するのが目的です。

身内の誰かが闇金から借りるときに、あなたの個人情報を業者に伝え、勝手に保証人にされているというケースがあります。

しかし、この場合も法的に無効なので、返済する義務はありません。もし支払ってしまうと「保証人であることを認めた=追認」と捉えられてしまい、責任を負わなくてはならない場合があります。

債権者から連絡が来て、保証人であることを認めたり、返済する意思がある様子を見せたりしても、追認と見なされてしまう可能性があるので気をつけましょう。

警察はどこまで対応してくれるのか

「困った時は警察に対応してもらおう!警察が助けてくれる!」…そう考える人もいるはずです。

しかし、警察は借金問題などお金に関するトラブルは、民事不介入の原則で基本は対応できません。当事者同士の話し合いで解決を求められます。

被害届を出しても、警察には捜査義務がありません。交渉すれば、警察が闇金業者に警告の電話をかけてくれることもありますが、警察から電話がかかってきたというだけで闇金業者が手を引くことはないです。

ただし、問題のある取り立て行為や、度を超えた嫌がらせには警察が対応してくれることがあります。

  • 取り立ての際、殴る蹴るの暴力行為を受けた
  • 住宅に侵入し物を壊された
  • 「殺す」など脅迫をされた

以上のような暴力的な行為、被害が出るなどであれば、捜査の対象になるかもしれませんので、すぐに相談しましょう!しかし、きちんとした証拠が必要です。

証拠がないと警察も動けないため、ボイスレコーダーやカメラで記録し、証拠を揃えておくのが望ましいです。

ギリギリのところでの取り立てを行ってきますが、自宅に押しかけるなど、直接的な取り立てが少ないのはこのせいです。警察の介入は闇金にとっては非常に面倒!避けたいことなのです。

ちなみに、闇金からお金を借りること自体は違法ではないので、万が一、闇金業者が逮捕されても借りた人まで一緒に逮捕されることはありません。

闇金業者は貸金業法違反や出資法違反の罪、暴行罪、脅迫罪、恐喝罪などで逮捕されることがあります。

闇金からの借金を返せない…どう対処すればいい?

お金の貸し借りのトラブルは警察では解決できないのが実情。ならどこに相談すれば助けてもらえるの?と疑問ですよね。誰にも相談せずに闇金業者とあなただけで交渉するのは危険です。

闇金で借金、取り立てに悩んだ時に相談を受けてくれたり、解決法を提案してくれるのが「弁護士」です。弁護士に相談すれば、闇金との関係を安全に断ち切ることができます。

違法の貸金業である闇金が恐れているのは、警察の捜査や逮捕はもちろんですが… 闇金業者が最も相手になって困るのは、「法律のプロである弁護士」です!弁護士が間に入ることを何より嫌がります。

借金問題に強い弁護士に相談が一番の近道

闇金の取り立てに悩んだら借金問題や闇金問題に特化した弁護士に相談がベストです!闇金からの借金問題を取扱っている弁護士事務所を探すのが第一歩です。

闇金の借金は返済義務はなしとされています。しかし知識のない一般利用者には強気で取り立ての電話や脅しをしてきます!

そこで法律のプロである弁護士に相談して直接交渉して貰うことで取り立てをストップできるのです。

弁護士に相談すると、次のようなメリットがあります。

  • 警察とは違って確実に対応してくれる
  • 高確率で闇金問題を解決できる
  • 被害金を回収できることもある

弁護士は、闇金の摘発や検挙を目的とせず、穏便に解決をこころみてくれます。闇金から報復されるリスクを最小限に抑えて解決できるので安心です。

可能性は低いですが被害金を回収できることもあるので、その場合は取り戻したお金を弁護士費用に充てることもできるでしょう。

弁護士事務所の中には債務整理を扱っていても闇金問題を扱っていないところもあるので、まずは闇金の問題に力を入れている事務所を探してみてください。

闇金被害の解決に積極的に取り組んでいる事務所は多くあります。早ければ相談したその日のうちに解決できることも。ソフト闇金のように闇金だと確信が持てない場合でも相談できます。

弁護士への相談は費用がかかるため躊躇しがちですが、後払いや分割払いに対応している事務所も多いです。事務所によっては初回相談無料や24時間対応のWEB相談を実施しているところもあります。

いずれにせよ、1人で取り立ての恐怖に怯えたり、家族や職場に迷惑を掛けているのならば勇気を出して相談してみましょう。

債務整理は闇金で借りたお金に対しては対象外…

債務整理は、法律に基づいて借金を減らしたり無くしたりする手続きのことですが、闇金からの借金は債務整理の対象外です。

闇金から借りたお金は法律的に借金と認められないため、解決するには闇金と直接交渉するしか方法がないのです。

しかし、闇金から借入してしまった方たちは、闇金以外に正規の業者からも借入している人が多いのが現状です。

キャッシングや金融機関からの借金などがあって困っている場合は、債務整理をして減額や免責が可能です。

「消費者金融などでの借金を返せない→闇金に手を出してしまう」というパターンが多く、その場合は債務整理するのがおすすめです。

債務整理にはメリット、デメリットがありますので必ず確認しましょう。

  • 任意整理…貸し手に利息のカットや長期分割払いにして毎月の支払い額を下げるよう交渉。毎月の返済が楽になればという方向け。
  • 個人再生…裁判所に申し立て借金の大幅な減額を認めてもらい、およそ3~5年の分割払いで完済を目指す方法。
  • 自己破産…裁判所に申し立て借金の全額免除を認めてもらうこと。債務が多額で返済が無理、生活ができない場合の手続き。

どの手続きでも一定期間はブラックリストに載り、新たな借入などができなくなるデメリットがありますが、債務整理は今の借金を根本的に解決できる唯一の方法です。

交渉事や、裁判所とのやり取り、書類作成などが伴うため、法律のプロである弁護士や司法書士に手続きを依頼することをおすすめします。

あなたの借金問題には、どんな方法が最適なのかのアドバイスを受けることもできますし、何より悩みを打ち明けることで、精神的にも楽になれるはずです。

いくら減らせるか、今すぐ調べる方法

闇金以外でも借金はありませんか。

債務整理をした方がいいのか分からない、でも、今ある毎月の借金返済を楽にしたい人におススメなのが、「借金減額シミュレーター」です。

WEB上で、借入額や借入期間、借り入れ社数などフォームに入力するだけで、簡単にいくら減らせるかが分かる「借金減額診断」が手軽でおすすめ。

無料で24時間利用できるものが多く、匿名でOK。フォーム入力は1分もあれば十分できます。プライバシーは守られ、借金問題解決へのスタートを簡単にきることができます。

敷居が高い印象がある法律事務所や弁護士・司法書士事務所ですが、これであれば気軽に活用できますよね。

無料の減額シミュレーターは、借金減額できる可能性や方法、減らせるかもしれない金額を知るためのツール。診断結果はあくまでも目安です。

診断をしたら、債務整理の手続がすぐにスタートするわけでもないため、実際に依頼する場合は、専門家との契約が必要です。費用もかかります。

闇金には絶対手を出さないで!専門家に相談が解決の近道

闇金について、色々とお伝えしました。

闇金からの借金は、何1つ良いことはありません!あなたの生活を闇の渦へ引きずり込みます。闇金からお金を借りることは絶対いけません!

闇金か?迷った場合は、日本貸金業協会の貸金業相談・紛争解決センターのサイトなどで、闇金業者一覧リストが見れ、自由に検索ができるのでチェックしてみるのもおすすめです。

もし、今の借金をどうにかしようと闇金に手を出そうとしているのであれば、それは本末転倒。どんどん借金地獄に陥ってしまいますよ。

それよりも、弁護士などの専門家に相談し、合法的な方法で借金を根本から解決することを目指していきましょう。

闇金からの借金でなければ、債務整理で借金を減らせる可能性だってあります!

  • どうしてもお金が必要なので、闇金から借りようか迷っている方
  • すでに闇金からお金を借りてしまい、高額な金利が払えないと悩んでいる方
  • 恐怖を感じる取りたてに怯えている方

闇金の取りたての実態を知り、放置せず、法律の専門家に今すぐ相談することで解決の糸口を見つけられますよ。

↓借金を減らす救済措置↓
関連記事