借金減額シミュレーターは怪しい?嘘?からくりや仕組み、利用方法、デメリットを解説

「借金の返済が苦しい…」「減額できる方法ない?」と、インタ―ネットで検索しているとき、「あなたの借金減額できるかもしれません!」「匿名OK!最短60秒で無料診断!」「減額シミュレーターで借金減額!」などという広告を見かけたことはありませんか?

借金のことを検索していなくても、インスタグラムなどのSNSやYouTube、漫画サイトなどあらゆるところで何度も広告が表示されて「うざい」と感じてしまう方もいるかと思います。

借金減額シミュレ―ターとは、今ある借金をどのくらい減らせるか、簡易的に診断できるWeb上のツールで、借金減額診断とも言います。

しかし、「無料で診断できるなんて怪しいのでは?」「そもそも借金を減らすことなんてできるの?詐欺じゃないの?」と疑ってしまいますよね。

実は、借金は「債務整理」という法的手段によって解決が可能です。借金減額シミュレーターは弁護士や司法書士が運営し、法律に沿って診断しているため、安心して利用できます。

無料で24時間利用OK、しかも専門家の運営しているものであれば、使ってみない手は無いですよね。

借金減額シミュレーターや借金減額診断の仕組み、利用する上での注意点、債務整理について詳しく解説し、おすすめのシミュレーターを4つ紹介します。

誰にも言えず苦しんでいませんか?

借金減額とは?なぜシミュレーターで減らせるか診断できるの?

借金減額シミュレーターとはの説明オリジナル画像

借金減額とは、その字の如く、「借金を減らす」ということです。そんなことできるの?と思うかもしれませんね。

借り換えや借金一本化のおまとめローン、そして「債務整理の手続き」を取ることで、あなたの借金は減らせる可能性があるんです!

その中の一つである「債務整理」…任意整理、個人再生、自己破産など聞いたことはありませんか?

金融業者との交渉や、法的な手続きを取ることで、借金を減らしたりゼロにできるかもしれない手続きです。もちろん手続きには条件があり、またメリットやデメリットもあります。各債務整理については、後述します。

この「債務整理」をすることで、

  • 今抱えている借金を減額できるか
  • 減額できる場合、どのくらい減額できるか
  • 過払い金はあるか
  • 減額におすすめの手段

などの目安を知ることができるサービスが、借金減額シミュレーター・借金減額診断です。診断後に無料で解決方法を相談することもできます。

「借金減額シミュレーター」または「借金減額診断」は、弁護士事務所や司法書士事務所などが運営しているサービスです。

借金を解決したい人たちが無料で手軽に利用できる便利なツールで、匿名で利用できます。

法律事務所に直接相談に行かなくても、パソコンやスマホで簡単な情報を入力するだけで、24時間いつでも「借金減額」について診断できるのが魅力です。

入力する項目はサイトによって多少違いはありますが、主に借金の状況とメールアドレスや電話番号です。

  • 借入額(いくら借りているか)
  • 借入期間(いつから借りているか)
  • 借入件数(何社から借りているか)
  • 毎月の返済額
  • 滞納の有無

などに答える必要があります。借入額と借入期間は診断の際に特に重要な項目なので、正確に入力しましょう。

結果連絡を通知するため、メールアドレスや電話番号は必須です。氏名に関してはほとんどのサイトが匿名で利用できます。

診断をしたからといって、必ず債務整理を依頼しなければいけない訳ではなく、選択は自由。診断結果が信用情報などに登録されるなどもないため、安心です。

何度でも無料で利用できるので、借金を減らせたらいいな!という段階の人から、減らす手続きをしないと返済は無理…という人まで、幅広く対応できるようになっています。

借金減額シミュレーターの利用方法

診断て?という方のために、「弁護士法人 響」の借金減額シミュレーターを例に見ていきましょう。

債務整理で実績豊富な弁護士事務所のシミュレーターなので安心、無料でいつでも診断してもらえます。

1.「無料診断スタート」をクリック
弁護士法人響の借金減額診断利用方法オリジナル画像1

2.「借入金額」を選ぶ
弁護士法人響の借金減額診断利用方法オリジナル画像2

3.「借入期間」を選ぶ
弁護士法人響の借金減額診断利用方法オリジナル画像3

4.「返済状況」を選ぶ
弁護士法人響の借金減額診断利用方法オリジナル画像4

5.結果が表示!「月々の返済を減額できる可能性がある!」と出ました!!
弁護士法人響の借金減額診断利用方法オリジナル画像5

簡易診断ですが、どこかに相談する前に「借金減額の可能性」が確認できる、そして法律の専門家が診断した結果「減らせる可能性がある」ということなので、より詳しく聞いてみる価値はありますよね。

\実績豊富で安心/

無料で利用できるのはなぜ?借金減額シミュレーターのからくりや仕組み

借金減額シミュレーターのからくりや仕組みのオリジナル画像

「なぜ無料で利用できるのか」疑問に思う人は多いでしょう。「減額できます」という結果が出ても信じられず、「怪しい」「罠があるのかな?」と疑ってしまう人もいるのではないでしょうか?

Yahoo!知恵袋でも、借金減額シミュレーターに対して「本当に無料ですか?」「やはり詐欺ですか?」などど質問している人が多く見られます。

借金を「減額できる」のは、債務整理や過払い金請求をすれば減額できるというからくり(仕組み)があるからですが、無料で利用できることにも次のような理由があります。

無料で利用できるのは弁護士への「依頼につなげるため」

借金減額シミュレ―ターは、弁護士や司法書士が所属している法律事務所が運営しており、その目的は事務所への依頼を増やすため(宣伝)です。

法律事務所は、診断結果を見て、借金の相談や債務整理の依頼をしたいと思ってくれるように、無料サービスとして借金減額シミュレーターを提供しています。

借金問題を解決するには、弁護士や司法書士といった法律の専門家の力を借りる必要がありますが、事務所に電話したり相談しに足を運んだりするのは、敷居が高く行きづらいものです。

シミュレーターを利用すれば、弁護士や司法書士への相談のハードルが下がり、相談しやすくなると考えられます。法律事務所にとっては依頼が増えるメリットが期待できるため、無料で利用できるようになっているのです。

借金減額シミュレーターならWeb上で気軽に利用でき、専門家に相談するきっかけとなります。法律事務所側にとっては大切な広告塔の役割を果たしているのです。

借金減額診断の結果は過信せず、参考程度に

簡単な情報のみで診断できるシミュレーターですが、結果は本当なのでしょうか?

「減額できる可能性がある」 と表示されたり、具体的に「〇〇円減額できます」「借金を0にできます」という結果が出たりするシミュレーターもありますが、「嘘じゃないの?」と疑ってしまいますよね。

シミュレーターの結果は、弁護士や司法書士がこれまでの経験やデータをもとに計算式を組んで自動的に出しているので、嘘ではありませんが、100%正確とも言えません。

あくまで簡易診断ということを念頭に、結果は過信せず、だいたいの目安として参考程度に捉えるようにしましょう。

\専門家に相談で安心!/

借金減額シミュレーターのデメリットやリスク

借金減額シミュレーターは怪しいものではないのか?デメリットやリスクを説明するオリジナル画像
借金減額シミュレーターのメリットは、手軽に利用でき、借金を減額できるかがすぐにわかることです。その一方で、デメリットやリスクとして次の3つが挙げられます。

  • 診断結果と実際に減額できる額は同じではない
  • シミュレーターによって結果が異なることもある
  • 運営元の事務所から直接電話がかかってくることがある

借金減額シミュレーターの結果はあくまで目安で、実際に減額するときには取引履歴などさまざまな情報の提示が必要です。

シュミレ―ターでは簡単な情報しか入力しないため、情報量の差によって誤差が出るのは仕方のないことです。

数多くの法律事務所がシミュレーターを提供していますが、減額可能額はシミュレーターによっても異なる場合があります。弁護士や司法書士によって想定する手続きが違えば結果も変わってきます。

1つだけではなく、いくつかのシミュレーターを利用してみて結果を比較してみるとよいでしょう。

また、電話番号の入力は必須のところが多く、直接電話がかかってくることがあります。診断結果だけ知りたい人にとって、連絡が来るのは避けたいものですが、電話は借金問題を早く解決させるためのものです。

実際に債務整理を行うには面談が必要で、診断だけでは借金の早期解決は難しいため、事務所は法律相談や債務整理を促してきます。

備考欄に連絡不要の旨を記載したり、メールでの連絡を希望などを事前に伝えておけば、対処できる場合もあります。

電話といってもしつこくかかってくるわけではありませんし、状況を確認するためのもので、契約を迫られるようなことはありません。シミュレーターを利用してもその後依頼するかは自由なので、依頼しない場合は断ればいいだけです。

ほとんどのシミュレーターは安心して利用できますが、もう一つのデメリットとして、一部のサイトで情報を悪用される可能性があることが挙げられます。次の点には注意してください。

借金減額シミュレーターを利用する上での注意点

シミュレーターを利用する前に注意しておきたいことを2つ紹介します。

①運営元は必ずチェック!詐欺サイトに注意

借金減額シュミレーターの運営元は法律事務所だと前述しましたが、法律事務所以外が運営しているものもあり、闇金が関わっているような詐欺サイトも存在するので注意が必要です。

詐欺サイトだった場合、個人情報を悪用されたり、嘘の診断結果を出して新たに借金を背負わされたりするトラブルに巻き込まれる可能性があります。

「借金減額シミュレーターって安全?」と疑問を持つ方は多いですが、ちゃんと実在する法律事務所が運営している場合は安全です。

  • 運営元は実在する法律事務所か
  • 住所や勤務先を入力する必要がないか
  • 無料で利用できるか

これらはチェックすべきポイントです。

「〇〇法律事務所」という記載があっても実在していない可能性もありますし、運営元がはっきりわからないシミュレーターは使わないようしましょう。

運営元の記載があって実在する会社であっても、法律事務所ではない会社の場合もあります。どのような会社かわからないと不安ですし、しつこく営業してくる可能性もあるので、法律事務所が運営のシミュレーターを使うのが安全です。

シミュレーターを利用するのに住所や勤務先の入力は不要です。また、診断手数料などを請求してくるサイトにも注意しましょう。

口コミや評判など実際に利用した人の意見や感想をチェックしておくと安心です。「利用方法が簡単だった」「債務整理の良いきっかけになった」などの体験談は参考になるでしょう。

「実際に○○円減額できた」「月々の返済額が減った」「電話がかかってきて、無料で相談に対応してもらえた」」など、そのシュミレ―ターが効果的だったかどうかがわかります。

「1時間ぐらいで診断結果がわかった」「すぐに電話がかかってきて教えてくれた」など、結果はどれくらいの時間で、どんなふうに返ってきたかなどもわかります。

基本的によい口コミが多く見られますが、中には「電話がしつこい」「弁護士費用が高すぎた」という意見もあるので、いろいろな口コミを見ておくとよいでしょう。

\専門家運営の診断はコチラ/

②奨学金や税金など、減額できない借金もある

借金減額シュミレ―ターで表示される結果は、債務整理したときに減額できる金額です。

債務整理の対象となる借金は、消費者金融や銀行のカードローンやキャッシング、リボ払い(ショッピング枠も含む)です。次のような借金は債務整理に向いていないので、注意が必要です。

  • 奨学金
  • 税金
  • 公共料金
  • 養育費
  • 闇金からの借金

奨学金の返済が苦しく減額を試みている場合、債務整理はできますが、してもメリットがあるとはいえません。

奨学金は一般的な借金より低金利なので債務整理をしてもカットできるのはわずかですし、奨学金には連帯保証人を付ける必要があるので、債務整理後に連帯保証人が返済の責任を負うことになってしまいます。

また、年金や市民税などの税金、下水道料金などの公共料金、養育費や交通違反での罰金などを滞納したことによる借金は、債務整理の対象外となり、減額は不可能です。

さらに、「闇金」からの借入は違法なので、返済義務はなく債務整理も基本的にはできませんが、取り立てが怖い、辛いと悩んでる場合は、「闇金に強い弁護士」への相談をおすすめします。依頼すれば即日で取り立てがストップし、利息や元金をゼロにできる可能性もあります!

リボ払いで返済に困っている人は早めに債務整理を

リボ払いは月々の支払い額を事前に決め、利用額に関わらず一定の金額を毎月払っていく方法です。元金に毎月手数料(金利)がプラスされていく仕組みです。

一見便利な支払い方法で利用者も多いですが、未払い額を把握しづらいという難点があり、いつの間にか残高が膨らんでいたというトラブルが多いです。

  • 年利15%ほどの手数料が毎月かかる
  • 返済期間が長引きやすい
  • 支払い残高が増えていても気づきにくい

これらはリボ払いのデメリットです。

リボ払いでは、利息だけ返済して元金が一向に減らないということもあり得ます。「使い過ぎても毎月一定の額で済む」とメリットの裏には、「いつまでも完済できない」というデメリットがあります。

リボ払いを正しく使うには、むやみにリボ払いにしないこと、明細書を確認して残高を把握すること、毎月の返済額は多めに設定すること、などが大切です。

「リボ払い救済制度」という言葉を見聞きしたことはありませんか?リボ払いは債務整理の対象で、リボ払い救済制度は債務整理のことを意味します。

リボ払いの返済がきつい場合、任意整理によって解決できることが多いです。元金が多額だったり他にも借金があったりする場合は任意整理では解決が難しいですが、早めに債務整理を検討してみましょう。

借金を減らす方法は、債務整理しかないの?

借金減額シミュレーターで「借金減額できる」という診断結果が出た場合、それは、債務整理をした場合の減額についてです。

債務整理以外で借金を減額したい!という方におすすめの方法は、「おまとめローン」や「借り換え」です。しかし、減額シミュレーターでは、この方法での減額結果を出すことはできません…。

借金減額シミュレーターで債務整理で減額可能!という結果がでた場合でも、おまとめローンや借り換えで解決が期待できる場合ももちろんあります。

この2つの方法で減額できるのは、基本「利息」だけなので、借入額が多い場合の利用は難しいですが、紹介しておきます。

「おまとめローン」と「借り換え」について

おまとめローンと借り換えの特徴を紹介します。

借金を一本化できる「おまとめローン」
複数の借入先を1社にまとめ、借金を一本化する方法です。借入先をまとめることによって利息を減らせるため月々の返済額が減ります。返済期日を月1回にできて返済の管理が楽になりますが、審査は厳しいことが多いです。
低金利の会社へ「借り換え」
消費者金融をやめて銀行カードローンで借りるなど、低金利の会社へ借り換える方法です。金利が減るため月々の返済額を減らせます。借入額が多い場合や滞納している場合は審査が厳しく、返済が長期化する可能性は否めません。
おまとめローンや借り換えでメリットが得られる人もいますが、借金の状況によっては向いていない人もいます。月々の返済額は減らせても、返済期間が長期化し、結果的に支払総額が増えてしまう場合は債務整理を検討した方がよいでしょう。

債務整理の条件や特徴は?メリットデメリットを比較

おまとめローンや借り換えで解決できそうになく、債務整理が必要となった場合は、任意整理、個人再生、自己破産の3つの方法から弁護士や司法書士と相談して自分に合うものを選びます。

借金を合法的に減らせる「債務整理」

債務整理のそれぞれの特徴は次のとおりです。

金利をカットできる「任意整理」
借金を正しい金利で計算し直し、弁護士や司法書士が債権者と直接交渉することによって金利をカットする方法です。元金のみを、3年または5年に分割して支払っていくため、月々の返済負担は軽くなります。
最大90%減額できる「個人再生」
借金を5分の1~10分の1に圧縮し、3年または5年かけて返済していく方法です。安定した収入が継続的に見込めることが条件で、再生計画案に沿って滞りなく返済していく必要があります。
借金をゼロにできる「自己破産」
生活必需品を除く財産を失うのと引き換えに、すべての借金を免除できる方法です。借金解決の最終手段ともいえる方法で、生活への影響はありますが、借金がゼロになるメリットは非常に大きいでしょう。

これら3つの方法のメリット・デメリットは以下のとおりです。

メリット デメリット
任意整理 利息をカットできる
裁判所を介さず手続きできる
債権者を選択できる
生活への影響は少ない
ブラックリストに載る
(過払い金で完済できれば載らない)
手続き後も返済は残る
安定収入の見込みがないとできない
個人再生 元金を大幅に減らせる
住宅を残して手続きできる
ブラックリストや官報に載る
裁判所を介すため手続きに費用や時間がかかる
連帯保証人に迷惑がかかる
手続き後も返済は残る
安定収入の見込みがないとできない
債権者を選択できない
自己破産 借金をゼロにできる 免責不許可事由の場合、免責が許可されない場合あり(ギャンブルで借金や浪費など)
住宅や車、家財などの財産を手放す必要がある
ブラックリストや官報に載る
裁判所を介すため手続きに費用や時間がかかる
生活への影響が大きい
連帯保証人に迷惑がかかる

債務整理に共通するメリットは、依頼するとすぐに取り立てがストップすることです。

弁護士や司法書士に債務整理を依頼すると債権者には受任通知が送付されますが、受任通知を受け取った後の取り立ては法律で禁止されています。

借金を滞納し、しつこい取り立てに悩んでいる方は債務整理を行うことで安心できるでしょう。

一方、債務整理に共通するデメリットは、ブラックリストに載ることです。

ブラックリストに載ると、一定の期間クレジットカードの利用や新規作成ができなくなります。(任意整理は約5年、個人再生と自己破産は約5~10年)ローンを組んだり携帯電話の分割払いをしたりもできなくなるため、生活に支障が出るでしょう。

個人再生と自己破産においては、連帯保証人に残債が一括請求され、支払えなかった場合は連帯保証人も債務整理しなければいけなくなるというリスクがあります。

自己破産では借金を帳消しにできるというメリットがある反面、財産を手放さなければならないなどデメリットが大きく、しない方がよいケースの人もいます。

どの方法が適しているかという判断は自分では難しいですが、借金減額シミュレーターでは自分に合った債務整理方法について専門家にアドバイスをもらうことができます。

借金を減額できるのには、国が認めた借金救済制度である「債務整理」があるからです。借金減額シュミレ―ターは怪しいものではなく、安心して利用できるツールです。

過払い金が発生している可能性を見落とさないで!

借金を減額できるもう一つの手段として、「過払い金返還請求」があります。

任意整理の手続きと基本的には同じです。過払い金によって大幅に減額できれば、一気に完済できる可能性もあります。残債よりも過払い金が多いケースももちろんあります。

過払い金とは、違法な金利によって払い過ぎていた金利のことです。2010年まで、多くの貸金業者が「グレーゾーン金利」と呼ばれる高額な金利で取引を行っていましたが、その後の法律の改正によって借入上限金利は20%と定められました。

2010年6月17日以前の借入が現在も残っていて、返済を続けている場合、過払い金請求を行うと払い過ぎていた金利を取り戻せる可能性が高いです。

すでに完済している借金であっても過払い金請求は可能です。「借金を過払い金によって完済できた場合」あるいは「完済済みの借金を過払い金請求した場合」はブラックリストには載りません。

過払い金には「時効」があるので、心当たりのある方は早めにシミュレーターで診断してみましょう。そしてすぐに専門家に相談して手続きを踏んでもらうことをおすすめします!
過払い金をすぐ確認!

債務整理で借金減額をしない方がいいかも…という方もいる

債務整理で借金を減額することに注意した方がよい方もいます。

  • 住宅ローンの利用を検討している方
  • 子どもの奨学金の利用を検討している方
  • クレジットカードの新規発行や更新の予定がある方
  • 物件の賃貸契約をする予定がある方

これらに該当する人は、シミュレーターで減額できると診断結果が出ても、債務整理以外で解決を検討した方がよいでしょう。

債務整理を行ったことが信用情報機関に登録される(ブラックリストに載る)と、ローンやクレジットカードの審査で落ちる可能性が高いからです。

住宅ローンの審査では必ず信用情報を確認されるため、債務整理をしたという事故情報が登録されていると審査を通過できません。

奨学金においては、父母が連帯保証人になる必要がありますが、連帯保証人になるには債務整理中でないこと、ブラックでないことなどが条件です。

クレジットカードの新規発行や更新時の審査でも信用情報が確認されるため、これから発行や更新予定のある方は手続きを断られてしまうでしょう。

物件の賃貸契約を行う際には不動産会社による審査と家賃保証会社による審査に通過する必要がありますが、債務整理をすると家賃保証会社の審査に引っかかる可能性が高く、信販系保証会社の場合は確実に落とされてしまいます。

債務整理を検討している方は、今後の予定をよく考えてから行うように気をつけましょう。

診断結果を見て、すぐ相談ができる専門家の減額シミュレーターがおすすめ!

借金を減らせる可能性、いくらどういった方法で減らせるかを確認できる、借金減額シミュレーターは多数ありますが、どれを使おうかと迷ってしまう方もいると思います。

診断結果を比較するためにも、1社だけでなく2~3社のシミュレーターを利用してみるとよいでしょう。入力にかかる時間は1分ほどですし、診断だけなら無料なので、色々なシミュレーターを利用してみて損はないでしょう。

無料でいつでも診断OK、専門家のものなので安心、診断結果を見てすぐに相談しやすい、おすすめのシミュレーターを提供している法律事務所を4つ紹介します。

弁護士法人 響

「弁護士法人 響」には、約20名もの弁護士が所属し、メディアに出演する弁護士もいることで有名です。シミュレーターは、利用方法で紹介したとおり、3つの簡単な選択式の質問に答えるだけで診断が可能です。

事務所は東京、大阪、福岡を拠点としていますが、書類の郵送や出張も可能で全国的からの債務整理依頼に対応しています。

債務整理の方針としては、基本的に任意整理と過払い金請求で解決を図ります。

シミュレーターでも任意整理を行った場合にどのくらい減額できるかを診断した上で、一人ひとりに合った債務整理方法を提案してくれます。

アヴァンス法務事務所

大阪に本店、東京に支店を持つ使用書士事務所。クライアントに最高のサービスを提供することを目的として尽力している事務所です。

お客様からの意見や指摘に対して事務所内で共有、業務改善をすることで顧客満足度向上につなげています。どういった意見に対し、どう動いたのかがHPに掲載されているので大変参考になりますよ。

借金返済のプロが完済までしっかりサポートしてくれます。借金問題の相談料は0円、相談実績は23万件以上と大変頼りになる存在です。

アヴァンス法務事務所に債務整理を依頼すれば、毎月の返済額を減額できる可能性があります。

また、督促を止めたり、返済の一時停止もできる可能性が高いです。家族や周囲にバレずに内緒で悩みを解決してもらえますよ。

依頼後のサポートも大変充実!お客様専用の管理画面で24時間いつでもスマホやPCから進捗確認ができたり、返済のおまとめ管理(毎月アヴァンスに振り込むことで、各債権者に振り分けて返済してくれる)というサービスがあるため安心してお任せできます。

アヴァンス法務事務所を利用して任意整理をした方の感想が載っていたので一部紹介します。財産を残せて家族で内緒で手続き可能な方法「任意整理」が得意です。

【借金に頭を悩ませる必要がなくなった】
8社から借りては返済を続け、10年以上が経った頃、限界だと思い手続きを依頼。「任意整理」で月々の返済額が7万円以上減ったことで、借金返済のことばかり考えていた日々から開放され前向きになれました!
【旦那さんに内緒で完済できそう!】
借金のことを旦那に内緒にしていたため、いつバレるかドキドキの毎日。パート収入だけでは返済困難になったため、「任意整理」の依頼とし、返済額を半分程度まで減らすことに成功!返済負担が減ったため、内緒のまま借金完済ができそうです!
【督促電話から開放された!】
返済せずに借金滞納をした結果、毎日のように督促電話が…。放置していたら職場にもかかってきたため相談。アヴァンスと契約後、督促の電話がすぐになくなり、毎月の返済額も7万以上減額することができました!

アヴァンス法務事務所の無償の借金減額シミュレーターで、あなたの借金が減る可能性を探ってみませんか!

公式HP:https://avance-jud.jp/
債務整理に関する問い合わせ専用のフリーダイヤル:0120-000-986

弁護士法人 天音総合法律事務所

「弁護士法人 天音総合法律事務所」には債務整理の経験が豊富な弁護士が複数所属しており、実績も豊富です。

多くの方が借金の減額に成功しており、対応が良く親身に話を聞いてくれたと口コミでも評判のよさが伺えます。事務所は東京と福岡にありますが、全国からの依頼に対応しています。

シミュレーターはたった3つの簡単な質問に答えるだけで、30秒ほどの早さで完了します。その後、電話がかかってくるので、希望する方はすぐに相談できるでしょう。

公式HP:https://amane-law.or.jp/contact/
フリーダイヤル
0120-964-564(全国無料相談ダイヤル)
0120-964-664(女性専用ダイヤル)

ベリーベスト法律事務所

「ベリーベスト法律事務所」のシミュレーターはチャット形式になっているタイプのものもあり、より気軽に利用できるのが特徴です。簡単な8つの質問に応えれば診断ができます。

全国に多数の事務所を構える国内トップクラスの大手法律事務所で、債務整理や過払い金請求に注力している弁護士が多数所属しています。全国展開している安心感や知名度の高さは魅力的です。

また、費用においては債務整理の相談は何度でも無料です。正式に契約するまで費用はかからないため、納得できるまでじっくりと相談できるでしょう。

公式HP:https://www.vbest.jp/
フリーダイヤル:0120-666-694

司法書士法人 みつ葉グループ

「司法書士法人 みつ葉グループ」は、さまざまな業務を取り扱う中でも、特に債務整理に力を入れている事務所です。債務整理の専属チームが設けられているのが特徴で、貸金業者との交渉経験を持つ多数の司法書士が在籍しています。

司法書士法人のため、弁護士に依頼するよりも費用が抑えられることや、土日祝日でも電話相談が可能なこと、何度でも無料相談ができることが魅力です。

シミュレーターは3つの質問に答えるだけで簡単に診断できます。任意整理や過払い金で完済できた事例が紹介されています。

公式HP:https://saimuseiri-kaiketu.com/overview/
フリーダイヤル:0120-739-002

どこがよい?法律事務所を選ぶポイント

借金減額シミュレーターでの診断後に法律事務所に相談しに行く場合、どこに相談するかの見極めは大切です。法律事務所によって、料金体系やサービス、得意分野や雰囲気などが異なるので、次のポイントをよく見て選びましょう。

  • 初回相談料が無料などのサービスはあるか
  • 費用は良心的で説明はわかりやすいか
  • 債務整理の実績は豊富か
  • 債務整理した場合のリスクも教えてくれるか
  • 話しやすい雰囲気の事務所か
  • 口コミは良いか

弁護士事務所と司法書士事務所、どちらでも債務整理手続きを行えますが、司法書士に依頼した方が費用は安いです。

ただし、司法書士事務所では借金が多額の場合(140万円以上)は対応できず、個人再生と自己破産手続きも丸ごと依頼することができません。

弁護士事務所は費用が高い分、トータル的にサポートしてくれます。費用を抑えたい人や比較的少ない借金の場合は司法書士事務所が向いているといえるでしょう。

また、弁護士事務所や司法書士事務所はそれぞれ得意とする分野が異なります。債務整理の実績が豊富か、債務整理を得意分野としているか、という点をホームページで確認しておきましょう。

債務整理のメリットばかりでなくリスクについてもきちんと教えてくれる事務所がおすすめです。家族にバレたくないという人は、プライバシーを保護に努めてくれる弁護士に依頼すれば、電話や郵便物の配慮をしてくれます。

シミュレーターで診断してもらった事務所から連絡が来ても、必ずしも契約する必要はないので、安心して依頼できる事務所を選びましょう。

借金に困ったら、まずは借金減額シミュレーターを活用して!

借金返済に困ったら、放置せず、すぐに何らかの対応をしないと、気づけば借金地獄に陥ってしまっていた…という事態を引き起こしかねません。

返済のために借金…そして貸してくれるところがなく闇金に借りる…などは絶対にしてはいけません。

それよりも、「借金を減らす」ことを視野に動くことが必須です。その最初の一歩が、「借金減額シミュレーター」を利用して、減額の目安を知ることです。

減額診断ツールは信頼できるかどうか不安に思う方は多いですが、借金減額シミュレーターは安心して利用できる便利なサービスです。

借金を減額したい方は、信頼できるサイトを見極め利用してみてください。無料でいつでも利用OK、専門家の運用サイトであれば安心です。

ただし大まかな診断であることを忘れず、正確な診断を知りたい場合は診断後に法律事務所を利用し、適切なアドバイスを受けましょう。借金問題を解決するには専門的な知識が必要で、一人で悩んでいても解決は難しいことが多いです。

借金に関する相談は多くの法律事務所が取りあつかっていて、WEB上で無料減額診断できる事務所も様々。借金苦から早く抜け出すために、減らせる目安をすぐ確認できるシミュレーターをすぐ利用してみませんか!
↓借金を減らす救済措置↓
関連記事