プラチナカードはステイタスを証明してくれる!おすすめプラチナ紹介

プラチナカードはクレジットカードのランクで言えば、ブラックカードを除いて最上位に位置するステータス度120%のカードなのです。

現在では、各クレジットカード会社からプラチナカードが発行されています。インビテーションを受けないと取得できないカードから、申込にて審査をクリアすれば取得できるカードなど、取得方法も様々になってきています。

そんなステータス性の高いプラチナカードの必要性や、どうすればカードホルダー(カード所持者)になれるのか。そして気になる年会費など、今回はプラチナカードの情報を出来るだけ詳しくお届け致しましょう。

ブラックカードは別!?現実的にプラチナカードが最上位ランク

ご存じだと思いますがクレジットカードのランクで、最上位に位置するのはブラックカードですよね。

しかし、世の中にブラックカードホルダーは多く存在していませんし、正直セレブな方しかブラックカードホルダーになることが出来ません。

ですから、現実的にはブラックカードを除くとプラチナカードが、クレジットカードのランクの中では最上位となります。但し、ブラックカード程ではありませんがプラチナカードホルダーになれる方も少ないのは事実なのです。

ステータス性はゴールドカード以上!ステータス度120%を発揮

当然ながらプラチナカードは、ゴールドカード以上のステータス性のあるクレジットカードで、その分、年会費も高い設定となっていますね。

カードのステータスとは、カードホルダーであればこそ普通では受けることの出来ないサービスが提供されたり、価値を知っている人がカードを見れば一目置かれるなど、個人の信用が上がることを意味します。

プラチナカード

  • プラチナカードのステータスは社会的信用がとても高い
  • カード会社のとても厳しい審査を通過している
  • 高額の年会費を支払うことの出来る経済力がある
  • 非常に良いクレヒスの持ち主である

クレジットカード会社の厳しい審査を通過してホルダーとなっているので、プラチナカードを持っていると言うだけで上記のことが判ってしまうほど、誰もが持つことの出来るクレジットカードでは無いのです。

カード年会費は高額設定!だからこそステータスが高い

先に少し触れましたが、プラチナカードの年会費は高額な設定となっています。ただ、発行されるカード会社によって金額は様々で、2万円台の年会費から10万円以上の年会費まで幅広く存在します。

どのプラチナカードを選ぶかは、ご自身のライフスタイルに合わせて選ぶことが大切ですね。例えば、業界最高峰のプラチナとして圧倒的なステータスを誇るアメリカン・エキスプレスの場合だと、次のようになっています。

ゴールドカード 31,900円(税込)
プラチナカード 143,000円(税込)

実際に143,000円(税込)という金額を、カード維持費に充てることの出来る経済力がないと、持つことのできないカードであることはお判り頂けるでしょう。

プラチナカードの歴史を創ったのはアメリカン・エキスプレス

そんなステータス性がとても高いプラチナカードは、どのような理由でいつごろ誕生したのか気になりますよね。プラチナカードの歴史を少し振り返ってみましょう。

日本でなくアメリカで誕生したプラチナカードは、今から30年以上前の1984年にアメリカに在るアメックス社が「クレジットカード最上位」のカードとして誕生させたのです。

  • 1984年までは、ゴールドカードが最上位のカードだった
  • ゴールドカードを真似したカードが増加した結果、ステータスが低下
  • ゴールドカードホルダーだった富裕層の不満が蔓延し始める
  • ゴールドカード以上のステータスを証明するカードが必要となった
  • 1984年アメックス社が、ついにプラチナカードを誕生させる
  • 1993年アメックス日本支社が、日本国内でプラチナカード発行を開始
  • 1999年アメックスが、センチュリオンカード(ブラックカード)を発行
  • 2018年現在、多くのカード会社からプラチナカードが発行されている

上記が簡単なプラチナカード誕生の理由で、プラチナカードの誕生はアメリカ社会における富裕層の方たちの「ステータスを証明するアイテム」にあったのです。

ところが、その後もゴールドカードと同様に、他社からアメックスのプラチナカードに便乗したプラチナカードが発行されてきたので、アメックスは更に上記クラスであるブラックカードと呼ばれる「センチュリオンカード」を発行して対抗しているのです。

アメックス・プラチナカードの付帯サービスは圧倒的に凄い

ここで他社のブラックカードクラスのサービスとステータスを誇るアメリカンエキスプレス・プラチナカードの付帯サービスを少し見てみましょう。

アメックス・プラチナカードのサービスはクオリティも高く、利用できるサービスの数が多すぎる為、ここでは一部を抜粋してご紹介しておきますね。

24時間365日対応してくれる専任コンシェルジェサービス

このサービスが最も特徴的なサービスで、コンシェルジェサービスを利用すればするほど、お得を感じる内容となっています。

当然、他社のプラチナカードにもコンシェルジュサービスは付帯していますが、アメックスは専任のコンシェルジュとなる為、会員情報を良く把握していて、とても細やかなサービスを提供してくれます。

  • 日程を伝えるだけで航空券チケット、ホテル予約など全ての手配をしてくれる
  • 予算・人数・徒歩圏内などの情報で、お薦めの候補を数店舗探してくれる
  • 個人では予約の取れない一流料亭の予約をしてくれる
  • 旅行中でなくとも困った相談に何でものってくれる
  • 普通では手に入らない、希少なブランド品を購入してくれる
  • プラチナ会員からの依頼は断ることは無い

上記のとおり、プラチナカードホルダーからの相談や依頼については「断ることはない」と、言われているサービスなのです。

ホテル優待サービス!スイートルームが最大半額になる

アメックス・プラチナカードのホテル優待サービスはスイートルームまでカバーしています。普段ではほとんど宿泊しないスイートルームも、記念日やゆったり宿泊したい人にとっては、魅力あるサービスとなっています。

ホテル・メンバーシップで高級ホテルの上級メンバーになれる為、様々なホテルでVIP待遇を受けられるのです。更に毎年更新時には2名分の1泊無料宿泊券が貰えます。利用できるホテルはどこも一流ホテルばかりですよ。

国内外1300ヵ所以上あるVIP空港ラウンジが利用可能できる「プライオリティパス」が無料で利用できます。同伴者1名までも無料に上に家族会員の方も無料で利用頂けます。

アメックス・プラチナカードなら家族カードを4枚まで無料で発行できますから、家族全員でVIP空港ラウンジを楽しめますね。

アメックス・プラチナカードが完全招待制から申し込み可能に

そんな最高峰のステータスとサービスを誇るアメックス・プラチナカードですが、2019年4月7日までは完全招待制で、カード会社からインビテーション(招待)が届かないとカードホルダーになれなかったのです。

ところが、2019年4月8日より完全招待制から申し込み可能なカードへと変わりました。アメックス・プラチナカードを手に入れる為に、ワンランク下のアメックス・ゴールドカードで利用実績をひたすら積んでいた方にとっては朗報ですよね。

アメックス・プラチナカードの審査ハードルは高くない!?

高いステータスとは裏腹に、アメックス・プラチナカードの審査ハードルは、それほど高くないのも魅力の1つかもしれません。

事例を見てみても年収500万円以上あれば問題ないようですし、年収400万円でも審査に通っているケースがあり、会社員の方でなく個人事業主の方でもOKです。

更に、申し込みの職業形態を選択する欄には、「主夫・主婦」や「年金受給者・不動産・利子配当による収入」の欄が設けられていて、年金受給の方でも申し込みが可能となっています。

年金受給者の方なら審査を有利に進める為にも「預貯金・有価証券類(任意)」の欄に、資産額を入力しましょう。

また、アメックス・プラチナカードなら家族カードを無料で発行できますから、ご家族全員で様々なハイレベルのサービスを楽しむことができますよ。

アメックス・プラチナカードは人生を謳歌したい方にピッタリの最高峰のカードです。より人生を楽しみたい方は是非一度申し込みしてみてくださいね。

アメックス・プラチナカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード名称 アメリカン・エキスプレス・プラチナカード
発行会社 アメリカン・エキスプレス
年会費 143,000円(税込)
特典 ・クオリティが高いコンシェルジュサービス
・2名以上で1名が無料になるコースサービス
・世界のVIP空港ラウンジが利用可能な「プライオリティパス」
・2 for 1ダイニング by 招待日和
・家族カードが4枚無料

いきなりプラチナへの申し込みが不安な方はアメックス・ゴールドから

近年アメックスの審査ハードルが下がっているとは言えど、いきなりプラチナカードへの申し込みが不安という方には、まずはアメックス・ゴールドカードへ入会し、利用実績を積むことをお勧めします。

アメックス・ゴールドカードも高いステータスのわりに審査基準は高くありません。定職についていて年収も300万円以上ある方なら十分審査に通過する可能性が高いと言われています。

ステータスの2大巨塔はアメックスとダイナースと言われている中、アメックスゴールドとダイナースの審査基準を比較しても、アメックスゴールドの方が圧倒的に入会しやすいにも関わらず、そのステータスの高さは誰もが認めるものです。

1名分のコース料理が無料になるサービスなど、ゴールドカードにも関わらず他社のプラチナクラスのサービスが利用頂ける上に、付帯サービスは年会費を大きく上回る価値があるものばかりですよ。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

アメックス以外の申し込み可能なおすすめのプラチナカード

アメリカの富裕層の方たちのステータスを、証明する為のカードとして誕生したプラチナカードですが、日本国内にはどんな種類のプラチナカードが存在しているのでしょう。

申込みをすることでホルダーとなることの出来るプラチナカードの種類をまとめてみました。クレジットカード名、発行会社、年会費、申込み条件、特徴をまとめていますので、参考にして見てくださいね。

JCBから登場する実質最高位カード!JCBプラチナ

2017年10月より新規発行された、国内でも新しいプラチナカードが「JCBプラチナ」です。JCBのブラックカードと呼ばれる最高峰カードTHE CLASS(ザ・クラス)へのインビテーションに繋がる近道となるカードです。

JCBが発行するカードの中でインビテーションなしで取得できるカードとしては最高位で、安価な年会費で、充実した付帯サービスが魅力のカードとなっています。

JCBプラチナ

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード名称 JCBプラチナ
発行会社 JCB
年会費 27,500円(税込)
申込可能年齢 25歳以上
特典 ・24時間365日利用可能な「プラチナ・コンシェルジュデスク」
・コースメニューが1名無料になる「グルメ・ベネフィット」
・世界約1,300ヵ所の空港ラウンジが利用可能な「プライオリティパス」
・人気の高いホテル・旅館にお得に宿泊できる「JCBプレミアムステイプラン」
・国内・海外航空機遅延保険が自動付帯
・最高1億円の旅行傷害保険(国内・海外)が自動付帯
・最高500万円のショッピングガード保険が付帯
・OkiDokiポイント

JCBプラチナに負けないクオリティ!三井住友プラチナカード

年会費が55,000円(税込)と高額な設定になっていますが、ステイタス制の高さは保証されるカードです。また、先のJCBプラチナに負けない、クオリティの高い充実した付帯サービスも魅力のカードとなっています。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアトラクションの待ち時間を短縮できるユニバーサル・エクスプレス・パスサービスやUSJでは三井住友プラチナ会員限定のラウンジも利用できますので、ご家族におすすめのプラチナカードですね。

三井住友プラチナカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード名称 三井住友プラチナカード
発行会社 三井住友カード
年会費 55,000円(税込)
申込可能年齢 30歳以上
特典 ・24時間365日利用可能な「コンシェルジュサービス」
・東京・大阪を中心に約100店舗の一流レストランで、コース
 メニューが1名無料になる「プラチナグルメクーポン」
・国内約200店舗のレストランで、2名以上のコース料理利用で
 1名が無料となる「ダイニング BY 招待日和」
・国内約40のホテル、約10の旅館で優待料金と併せて部屋のグ
 レードアップ、もしくは料理のグレードアップが選べる
・国内約10のホテルのスイートルームが50%オフで利用可能
・メンバーズセレクションで、世界約1,300ヵ所の空港ラウンジが利用可能な「プライオリティパス」が選べる
・海外航空機遅延保険が自動付帯、国内は利用付帯
・最高1億円の旅行傷害保険(国内・海外)が自動付帯
・最高500万円のお買物安心保険が付帯
・ワールドプレゼントポイントサービスがアップする
 「ココイコ!」

経営者の方におすすめ!セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードも、これまでご紹介したプラチナカード同様、申込可能な法人用プラチナカードです。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードも非常にコストパフォーマンスに優れています。

年間200万以上利用で次年度の年会費は半額の11,000円(税込)になり、プラチナカードの年会費の中では破格です。

ビジネス優待サービスも多数用意されてますから、経費を抑えながらもプラチナカードのサービスを利用できる点において、経営者の方にお薦めのプラチナカードといえるでしょう。

クレディセゾン「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード」

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード名称 セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
発行会社 セゾンカード
年会費 22,000円(税込)年間200万円以上の利用で次年度11,000円(税込)
申込可能年齢 20歳以上
特典 ・法人名義口座を引き落とし口座に設定可能
・社員用の追加カードで使用経費処理も一本化できる
・ビジネスに欠かせないサービスを優待価格で提供
・24時間365日、出張や会食の手配など専用コールセンターがヘルプしてくれる
・会計ソフトとの連動も可能
・世界約1,300ヵ所の空港ラウンジが利用可能な「プライオリティパス」
・国内主要31空港、海外1空港のラウンジが利用可能
・最高1億円の旅行傷害保険(国内・海外)が自動付帯
・最高300万円のショッピング安心保険が付帯
・インターネット上の不正使用による損害を補償する
 「オンラインプロテクション」
・永久不滅ポイントなので、ポイントは貯め放題

利用価値はあるのか!?プラチナカードの必要性について

一般的に考えると年会費が高額なプラチナカードの必要性は、どこにあるのか疑問に感じてしまいますよね。買い物は普通のクレジットカードで十分可能ですし、海外旅行など年に1回も行かないとすれば、どこに魅力があるのでしょうか!?

このような意見はプラチナカードを利用したことのない側の意見で、違う言い方をすれば「高額な年会費がもったいないと感じる」ステータス層になってしまうのでしょうね。

実際にプラチナカードホルダーの方達は、どのように感じているのでしょう。

アメックス・プラチナカードを使いこなしている方達

年会費143,000円(税込)を支払い、アメックス・プラチナカードを使いこなしてる方達は、経済的な余裕はもちろん、趣味や仕事で海外を渡り歩いている方達でしょう。

確かに143,000円(税込)の年会費は高額ですが、カードを有効利用すれば年会費以上のサービスを受けることができるのです。

  • プライオリティパスで、空港での空き時間を有効に利用する
  • コンシェルジェを利用して予約の取りにくい高級レストランで食事する
  • 割引サービスを利用して、一流ホテルのスイートルームに宿泊する
  • 提携のリゾートホテルを予約して長期滞在する
  • 一流のゴルフ場を優待価格で利用する
  • サービスを利用すればするほど、支出が減ってくる

つまり、プラチナカードを使う方は「クレジットカードマスター」であり、ほとんどの付帯サービスを使いこなしているので、損はしない状況になるのですよ。

その他のプラチナカードを利用する方!

では、今度はアメックス以外の会社が発行する「申込で取得できるプラチナカード」を、利用する場合を見てみましょう。

  • 海外に良く出かける
  • 休暇は家でゴロゴロでなく、活発的に外に出る
  • 良くレストランで食事をする

記事内で紹介した申し込みで取得できるプラチナカードの年会費は、22,000円(税込)から55,000円(税込)でしたね。

上記のような方は、先ず「プライオリティパス」を利用できるだけで、既に年会費以上のサービスを受けているのです。
プライオリティパスの年会費は、US$429ですから2022年5月3日現在のレートで55,761円、ほとんどのプラチナカードの年会費をカバーしているのです。

また、良くレストランでの食事を利用する方は、2名以上で1名分が無料となりますので、年間で計算すれば年会費以上の得をしていることになりますね。

重要なのは個人のライフスタイルにあり、海外に1回も行かないしレストランでの食事もしない方であれば、プラチナカードの特典を活かすことができず「年会費がもったいない」となってしまう訳です。

プラチナカードは使えばこそ、価値あるカードなのです

最高のステータスでサービス満載のプラチナカードですが、持っているだけではカード本来の力を発揮することは出来ません。
旅行、飛行機、ホテル、食事、全てにおいて活動的に、そして世界を相手にしている人に凄い力を発揮してくれるのがプラチナカ
ードなのです。

プラチナカードホルダーになるには難しい条件がありますが、現在では比較的簡単にプラチナカードを取得することができるようになっています。

アクティブなライフスタイルを送っている方には、是非お薦めしたいカードです。

合わせて読みたい関連記事