クレジットヒストリーとは!?クレヒスの重要性

クレジットヒストリーとは通称クレヒスと呼ばれている言葉で、国内の金融機関で審査を行う際に参照している情報のことなのです。

クレヒスは現在日本に3社ある信用情報機関に登録されている情報のことを指していて、クレヒスが悪いと審査に通ることは難しくなってきます。

今回はこのクレジットヒストリーついて、登録される情報や利用のされ方などを詳しく解説していきましょう。

クレヒスとは!?生きて行くにはクレヒスは無視できない重要情報

大げさなことで無く、この世を生きて行くにはクレヒスを無視して生きて行くことは不可能なのです。現実としてクレヒスはそれだけ、人生に密着した重要な情報になっているのです。

クレジットヒストリーとは!?

クレジットヒストリーとは、クレジットカードの利用履歴のことで、信用情報機関に記録されている利用履歴のことを指します。

信用情報機関には、ローンの利用状況やクレジットカードの利用状況、返済履歴などが記録されています。

国内の信用情報機関は3つ!そのいずれかに必ず登録される

最初に現在国内に存在する、3つの信用情報機関をご紹介しましょう。この3つの機関のいずれかに、情報は必ず登録されることになりますからね。

3つの信用情報機関

  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(JBA・KSC)

各機関はそれぞれ特徴があって、機関の会員も業種によって異なる状況になっています。

株式会社シー・アイ・シー(CIC)

昭和59年に設立された機関で、会員には次の業種の会員が多く所属する機関です。クレジット事業を行う企業が主な会員で、割賦販売法に基づく貸し出しを行う企業は、必ず「CIC」に登録しています。

  • クレジットカード会社
  • 消費者金融会社
  • 携帯電話会社
  • 信販会社
  • リース会社・保険会社
  • 保証会社・百貨店
  • 銀行

クレジットカード会社は「CIC」に必ず登録する

3クレジットカードが発行されると、先ずは「CIC」に登録されることになります。クレジットカードを持っている方は必ずCICに登録されていますし、カード申込みを行えばCICにその旨が登録されることとなります。

理由として、CICは下記2つの法律に基づく信用情報機関として、国から指定を受けているからです。

  • ショッピング利用:割賦販売法
  • キャッシング利用:貸金業法

CICは指定情報機関として国より指定を受けている

CICは割賦販売法や貸金業法に基づく指定信用情報機関として、国から指定を受けています。

  • 割賦販売法に基づく指定信用情報機関として経済産業省より指定を受けている
  • 貸金業法に基づく指定信用情報機関として内閣総理大臣より指定を受けている

CICでクレジットカードなどの利用履歴や返済履歴を確認できる

CICは原則として月1回以上の情報更新を義務づけられていますので、返済状況など最新の情報が登録されています。クレジットカード会社は、申込する方の返済能力を調査するにあたって、CICへ照会を行い返済状況などを確認しているのです。

携帯電話も分割で購入すれば登録されます

携帯電話を分割で購入し、契約者本人となった場合は、信用情報機関に登録されます。つまり、携帯電話代の返済履歴も立派なクレジットヒストリーとなるのです。

CICに登録される信用情報!登録内容一覧を紹介

ここで、クレジットカード会社が必ず登録する「CIC」の登録内容をご紹介しておきましょう。

情報分類 登録情報
本人識別情報 氏名、生年月日、性別、郵便番号、
住所、電話番号、勤務先名、
勤務先電話番号、居住状況、既婚有無
家族構成、公的資料番号等
(運転免許証番号や保険証番号など)
契約内容情報 契約日、契約の種類、商品名、支払回数、
契約額(極度額)、契約終了予定日、
登録会社名等
支払状況情報 報告日、残債額、請求額、入金額、入金履歴、
異動(延滞・保証履行・破産)の有無、
異動発生日、延滞解消日、終了状況等
割賦販売法に
関わる支払情報
割賦残債額、年間請求予定額、遅延有無等
貸金業法に
関わる支払情報
確定日、貸付日、出金額、残高、遅延の有無等

株式会社日本信用情報機構(JICC)

「JICC」は、主に消費者金融会社が利用している信用情報機関で、主な会員は下記の職種企業となっています。

  • クレジットカード会社
  • 消費者金融会社
  • 流通系・メーカー系カード会社
  • リース会社
  • 保証会社
  • 銀行

JICCも指定情報機関として国より指定されている

JICCは貸金業法に基づく指定情報機関として、内閣総理大臣から指定を受けていますので、現金の貸し出しをする企業は、必ず「JICC」を利用することとなっているのです。

クレジットカードなど割賦販売法が適用される借入の情報はCICにあり、貸金業法が適用される借入の情報はJICCに登録されることが多いようです。

つまりCICとJICC両方の会員である場合は、両方に同じ情報を登録するのでは無く、先の法律に関わる借入を基準に分類して登録していると言うことですね。

全国銀行個人信用情報センター(JBA)

主に銀行・信用金庫・労働金庫など銀行系の企業が利用する、信用情報機関となります。マイカーローンや住宅ローンなどの借入を行うと「JBA」(ケースによってはKSCとも呼ばれる)に、必ず登録されることとなります。

また、次にご説明するCRINによって先に説明したCICとJICCに登録されている情報を共有することが出来るので、JBAの登録情報もCIC、JICCへ提供されることとなっています。

CRIN(クリン)とは!?各機関で情報交流をしている

CRIN(Credit Information Network クリン)とは、信用情報機関3社で情報を交流しているネットワークのことです。異動情報と呼ばれている「金融事故」が発生した際に、3社が共にその情報を交流し、新たな貸し出しを防止しています。

3社で交流される情報は「金融事故情報」のみです。金融事故情報以外の問題の無い情報は各機関のみで留められますが、延滞などの金融事故情報は全ての会社で共有されることになっているのです。

  • CRINで交流される情報は「金融事故情報」のみ
  • 貸し過ぎや多重債務の発生防止を目的で交流している
  • 国内の金融機関で問題が発生すれば全て開示される

交流する目的は、申込者の「借り逃げ防止」と、貸し出す企業の「債務の焦げ付き」を、防止することが目的となっています。

審査が不安な方でクレヒス実績を積むのに最適!ACマスターカード

ここで、審査に不安をお持ちの方に初心者向けのクレジットカードを1枚ご紹介しておきましょう。ACマスターカードは年会費永年無料で、最短即日発行に対応しているクレジットカードです。

審査時間も最短で30分と業界トップクラスのスピードで対応して貰えますので、その日のうちにカードを受け取れるスピード感が魅力です。

ACマスターカードは過去の履歴よりも、今現在の状況(収入があるか)を重視する傾向がありますので、勤続年数が短い方やクレヒスを積み重ねたい方におすすめのクレジットカードです。

ACマスターカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

返済に遅れが無いと良いクレヒス!悪いクレヒスとは!?

返済を遅れること無くきちんと返済していれば、自然と「良いクレヒス」になっています。逆に「悪いクレヒス」とは、ともかく返済状況が悪い場合は、全て「悪いクレヒス」になってしまうので注意が必要ですよ。

クレジットカード審査が通らない原因!悪いクレヒスが要因!?

クレジットカードを申込んだけれど、どうしても審査に通らない方がいらっしゃると思いますが、その原因のほとんどが悪いクレヒスにあるのです。

  • 過去に本人都合による支払遅延歴がある。
  • 過去に代位弁済歴がある。
  • 現契約で数ヶ月の支払い遅延がある。
  • 現契約で複数回の支払い遅延がある。
  • 直近3ヶ月~1年程の間に、複数の融資申し込みを行なっている。
  • 消費者金融(無担保借入)の記録の借入額が、申告年収と比べて多い。
  • 他社に過剰な借り入れ件数・金額がある。
  • 中高年以上なのにクレジットヒストリーが存在しない。
  • 携帯電話などを分割払いで購入した後、電話料金を3ヶ月滞納している。

上記の状況にあれば確実に悪いクレヒスとなっていますので、カード審査だけでなく全てのクレジット審査に通ることは無いでしょうね。

良く見てもらうとお判りだと思いますが、ほとんど返済がきちんと行われていないことばかりですよね。

信用情報機関へは、本人であれば開示請求が可能

先に説明した状況が悪いクレヒスの原因なのですが、返済をきちんとしているはずなのに審査に落ちた場合はどうしても納得出来ませんよね。

そんな時は、ご自身で信用情報機関に開示請求をしてみましょう。本人の情報は、ご自身が開示請求を行うことで確認することが出来ますから、どうして審査に落ちたのか解明することが出来ると思いますよ。

  • スマホからの開示請求も可能
  • 開示請求は郵送で行うことができる
  • 手数料は郵送の場合1,000円、窓口は500円

CICの信用情報開示報告書は3種類

それでは主にクレジットカード会社が利用しているCICへ開示請求を行った場合の解説をしましょう。CICに開示請求を行うと、次の3種類の「信用情報開示報告書」が出てきます。

CICの信用情報開示報告書

  • クレジット情報
  • 申込情報
  • 利用記録

クレジット情報にはクレジットカードやローンの契約内容が記載されていて、申込情報にはクレジットカードやローンの申込年月日や申込内容が記載されています。

そして利用記録には、カード会社や信販会社が信用調査を行った記録が記載されています。

重要なのはクレジット情報にある入金状況

3種類とも大切な情報なのですが、中でも最も重要なのはクレジット情報で、最下部に入金情報の欄があり、ここに記載されるマークが重要なのです。

入金情報は24カ月分が記録されていますから、2年分は確認が出来ると言うことになりますね。

  • $:請求どおり(もしくは請求額以上)の入金があった
  • P:請求額の一部が入金された
  • R:本人以外からの入金があった
  • A:本人の事情で返済日に入金が無かった(未入金)
  • B:本人の事情とは関係無い事情で入金が無かった
  • C:入金されていないが、原因が不明
  • -:クレジット利用無し
  • 空欄:クレジット利用無し
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
状況

入金情報に登録される情報は上記の記号で表示されていますから、「良いクレヒス」は、24カ月全ての欄に「$」マークが並んでいる状態が望ましい状況なのです。

「A」のマークは、延滞をしている為、悪いクレヒスになります。また、「P」の一部入金も、本来支払うべき請求額が払えずに一部しか入金していない為、悪いクレヒスと判断されます。

申込情報でも件数が多ければ「悪いクレヒス」となりますから、3種類の「信用情報開示報告書」を総合的に見てクレヒスは判断されます。

ですが、最も重要視されるのは返済状況ですから入金情報に「$」マークが並ぶように返済をしていないといけません。

もしも開示情報の内容に誤りがある場合!?

良くインターネットの情報を見ていると「誤って登録される場合がある」との情報を見かけますが、同姓同名であったとしても他人と間違えて登録されることは基本的にはあり得ないことです。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所

上記の3つの情報は本人情報として照合されますので、全てが一致する人間はいないはずですから、誤って他人の情報を登録してしまうことは無いと言って良いと思います。

ですが、他人と間違えて登録することは無くても、誤った情報を登録してしまうことはあります。そんな場合は「情報開示を行った結果、現実とは異なる情報が記載されている」と、カード会社に問い合わせを行いましょう。

カード会社も調べれば直ぐ判ることなので、本当に間違っていれば直ぐに修正してくれます。

ただ、間違って「悪い情報」を登録すれば本人のクレヒスを悪くしたこととなり、社会的信用を損なってしまった結果となるので損害賠償請求の対象となってしまいます。

  • 信用情報機関に登録される情報は基本的には誤りは無い
  • 誰か他人の情報と間違えることは無い
  • ただ、誤った情報が登録される可能性はある
  • 明らかに誤りである情報は登録会社に連絡をする
  • 信用情報機関に申し立てても修正は行われない
  • 定期的に自身のクレヒスを確認しておくことも大切

前例としては、ソフトバンクが携帯料金の未払い情報を誤って登録したことがありますから、自分のクレヒスにおかしな点が無いか確認する為にも、情報開示は定期的に行っていた方が良いかも知れませんね。

返済を確実にして「良いクレヒス」を積み上げよう

クレヒスはクレジットを組む際には審査時に必ず参照される、重要な情報になります。長期的に返済に問題が無ければ、とても良いクレヒスが出来上がってきますよ。

将来のオートローンや、住宅ローンなど人生の中で重要なクレジットを組む際に良いクレヒスはとても有利に働きます。若いうちから良いクレヒスを積み上げることは、人生の中で最も重要なことかも知れませんからね。

合わせて読みたい関連記事