派遣社員の方におすすめのクレジットカード特集

働いている方にとってクレジットカードはとても頼れるアイテムですよね。どうしても断ることのできない付き合の時など、財布の中に現金が無くても大丈夫ですからね。

ですが、社会人であれば誰でも、クレジットカードを作ることができる訳ではありません。安定した収入が無ければクレジットカードを作ることはできないのです。

よく派遣の方や契約社員の方は、正社員の方に比べるとカード審査にとおり難いと言われていますが、それはどうしてなのでしょう。

今回は、派遣社員や契約社員の方でも正社員の方と同じように、審査に無事とおることができる秘訣を、おすすめなクレジットカードと一緒にご紹介しましょう。

派遣や契約社員の方が審査に通りにくい理由!?

初めに派遣社員や契約社員であれば、なぜクレジットカードの審査に通りにくいのか、その原因からご説明したいと思います。

これから詳しくご説明をしていきますが、ここで結果を簡単にお伝えすると「継続した仕事が保証されない職業のカテゴリに入る」となる為、安定した収入が継続的でないと判断されてしまうからなのです。

派遣社員と契約社員の違いは!?企業と直接契約しているか

今回ご説明する中で、派遣社員と契約社員の違いをきちんと理解しておいて頂きたいのです。両方とも言い方が違うだけで、内容は同じことだと思っている方が多くいらっしゃいますので、実は大きな違いがあることを理解しておきましょう。

  • 派遣社員は、派遣会社と契約して派遣会社が指定する企業で働く
  • 契約社員は、企業と直接契約を行い契約した企業で働く
  • 契約先が働いている企業と直接契約なのか、派遣会社との契約なのかの違い

派遣社員の方は正規雇用の方に比べると不安定かもしれませんが、「同一労働同一賃金」を目的として派遣法が改正されるなど、少しずつ雇用条件も公平なものになりつつありますし、派遣社員だからクレジットカードが作れないということはありません。

派遣社員や契約社員の方におすすめのクレジットカード

派遣社員や契約社員の方が審査通過する秘訣は、おすすめカードをご紹介した後にお伝えするとして、ここで先に派遣社員や契約社員の方におすすめのクレジットカードをご紹介していきましょう。

これからご紹介するクレジットカードは、年会費が無料で審査ハードルが高くないお得なクレジットカードです。

派遣社員の方におすすめ!最短翌営業日発行可能VIASOカード

VIASOカードの年会費は完全無料で審査の間口が広いカードです。また、ポイント還元率も他のカードと比較しても高還元率となっています。

ネットショッピングで「POINT名人」を経由すれば、ボーナスポイントを獲得できたり、ETC料金や携帯電話料金がポイント2倍になったりと、大変お得なクレジットカードです。

年会費が無料にも関わらず旅行保険が付帯するなど、スペックも高く、大手カード会社が発行するカードで間口が広いのが、おすすめの大きな理由ですね。

VIASOカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード名称 VIASOカード
年会費 完全無料
国際ブランド MasterCard
特徴 ・最短翌営業日に発行
・ETC料金ポイント2倍
・銀聯カード発行可能
・最高2,000万円の海外旅行保険付帯

誕生月はポイント3倍!優待豊富なライフカード

ライフカードの親会社は消費者金融のアイフルで、消費者金融系カードに属する為審査ハードルが低く、派遣社員や契約社員の方に是非ともおすすめのカードです。

ライフカードは年会費が無料にも関わらず、お出かけに役立つ優待がとても豊富な点もおすすめポイントの1つですね。その豊富な優待の一部を抜粋してご紹介しておきましょう。

  • 東北サファリパーク:10%OFF
  • ホテルマウント富士:10%OFF
  • 神戸ポートピアホテル:10%OFF
  • 黄金崎ガラスミュージアム:10%OFF
  • サカイ引越センター:20%OFF

上記はカードを提示するだけで利用できる優待の一部で、ライフカードはまだまだ沢山の優待が利用できる大変お得なクレジットカードなのです。

誕生月はポイント3倍(還元率1.5%)の高還元で利用頂けますし、年会費も無料ですから是非とも持っておきたいカードの1枚と言えますね。

ライフカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード名称 ライフカード
年会費 完全無料
国際ブランド VISA・JCB・MasterCard
特徴 ・基本還元率0.5%
・誕生月ポイント3倍(1.5%還元)
・初年度ポイント1.5倍(還元率0.75%)
・ETCカードも無料
・最短3営業日で発行可能
・優待豊富

39歳以下の方に一押し!JCB CARD W

JCB CARD Wは39歳以下の方限定のハイスペックカードで、年会費が無料にも関わらず海外旅行保険や海外ショッピング保険が付帯するなどスペックが高い為メインカードとして一押しです。

若年層の方がターゲットとなっているカードの為、通常カードより審査の間口が広く派遣社員の方でも申し込みが可能です。

こちらのカードのスゴイところは基本還元率が1%と高い点で、いつどこで利用しても高還元となる点です。

基本還元率が高い為公共料金などの固定費の引き落としもお得ですし、ETC利用分なども高還元となります。

また、パートナー店であるAmazonやワタミグループ店舗などでは2%の高還元で利用できるなど、更なる高還元で利用できる店舗も多くお得なクレジットカードです。

J.D. パワー顧客満足度(年会費無料部門)で第1位を獲得するほどの人気ぶりで、飲食店や該当ホテルを割引価格で楽しめるなど海外だけでなく国内でも優待が豊富な点も大きなメリットです。

こちらのカードはポイント還元率が高いことが最大のメリットで、基本還元率が1%もありますから利用先問わずお得に利用頂ける上に、パートナー店であるセブン-イレブンやAmazonでは2%まで還元率が上がります。

一旦入会してしまえば40歳過ぎても引き続き利用頂けますので、年会費も無料ですし39歳以下の方は今のうちに入会しておくと良いでしょう。

JCB CARD W

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード名称 JCB CARD W
年会費 完全無料
国際ブランド JCB
特典 ・基本還元率1%
・パートナー店で更なる高還元
・ETCカードも無料
・最短3営業日で発行可能
・優待豊富
・たびらば優待

39歳以下の女性に一押し!JCB CARD W plus L

39歳以下の方にはJCB CARD W plus Lが一押しです。こちらのカードは先にご紹介したJCB CARD Wの女性向けカードで、還元率や付帯保険などのスペックはJCB CARD Wと同じです。

還元率が高くお得なだけでなくJCBは優待が豊富な点も大きなメリットです。ここで日本国内で利用できる優待の一部を抜粋してご紹介しておきましょう。

  • 和食 鮨英:飲食代20%OFF
  • ほっこり居酒屋瓢膳:飲食代20%OFF
  • ジンギスカン霧島 浅草店:デザートサービス
  • リエコーヒー:10%OFF
  • AKITADINING:飲食代10%OFF
  • アルフィーネ:グラスワイン1杯サービス
  • お茶屋バー楓:ハイボール1杯サービス
  • カラオケ館:カラオケルーム代30%OFF
  • came cafe:ドリンク1杯サービス
  • ホテルリステル新宿:宿泊5%OFF
  • 美容サロンARSPACE:20%OFF
  • 美容サロンarya:20%OFF

JCBは優待が多い為、こちらでご紹介した優待はほんの一部でまだまだ沢山の優待が利用できるお得なカードです。

還元率が高い点においても女性のメインカードとして一押しの1枚と言えるでしょう。

JCB CARD W plus L

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード名称 JCB CARD W plus L
年会費 完全無料
国際ブランド JCB
特典 ・基本還元率1%
・パートナー店で更なる高還元
・ETCカードも無料
・最短3営業日で発行可能
・優待豊富
・たびらば優待
・LINDAリーグ
・オプションで女性向け保険を追加できる

派遣社員、契約社員の方が審査にとおる為の秘訣

ここでは派遣社員の方や契約社員の方が審査にとおる為には、どこに気を付ければ良いのかをご説明しましょう。

  • ステータスが高いカードへの申し込みを避け間口が広いカードを選ぶ
  • キャッシング枠をつけない
  • 虚偽申告は絶対にしない

上記が、派遣・契約社員の方が審査にとおる為の秘訣になります。順に解説していきます。

審査も間口が広いカードに申し込む

クレジットカードには以下のようにグレードがあり、グレードが高くなればなるほど審査の難易度が上がっていきます。

クレジットカードのグレード

  • 一般カード < ゴールドカード < プラチナカード < ブラックカード

また一般カードの中でも年会費が有料のカードよりも年会費が無料のカードの方が間口が広い傾向になり、カード会社によっても審査基準が多少異なることにより、審査が厳しいカードと審査が甘いカードが存在します。

派遣社員の方が最初にクレジットカードを作る時は、審査を通過しやすくする為にもなるべく間口が広いクレジットカードへ申し込むのがおすすめです。

中でも先にご紹介した2枚は年会費が無料の上にポイント還元率も高くエンターテイメント性もあるお得なカードですので、メインカードとして大活躍してくれることでしょう。

もし審査落ちした場合は6ヵ月空けたほうが無難

もしもクレジットカードに申し込みをして審査に落ちてしまった場合は、その時点から6カ月は申込みを控えないと、また審査に落ちてしまう可能性が高くなってしまいます。

  • 情報信用機関には申込み履歴と、審査の合否履歴が6カ月登録される
  • 同じカード会社の場合、高い確率で審査落ちしてしまう
  • 違うカード会社でも6カ月以内だと、審査落ちの可能性は否定できない
  • 勤務して10ヵ月目に申込んで審査落ちすると、さらに半年待たないといけない

6ヵ月必要な理由は上記のとおりで、結局1年以上待たなければならないことになってしまうので、もったいないですからね。

キャッシング枠をつけずに申し込む

キャッシング枠も同時に申し込みをすると、下記2種類に関する審査が行われ、キャッシング希望額が50万円以上の場合や、他社借入額とキャッシング希望枠が100万円を超えている場合、収入証明書の提出が必要となります。

  • ショッピング:割賦販売法に基づく審査
  • キャッシング:貸金業法に基づく審査

※総量規制などの絡みで審査通過が難しくなるケースもある為、キャッシング枠は0円で申し込みする方が審査に通過する確率は上がります。

※総量規制とは借入額が年収の3分の1を超えないよう規制する法律のこと

他社の借入はマイナス要因!借入は無いことがベスト

審査通過を目指すなら、他社の借入は大きなマイナス要因となってきます。それは、返済する金額がそれだけ少なく計算されてしまうからなのです。

初めてクレジットカードに申込む方であれば、あまり気にしなくても良いことなのですが、銀行のキャッシュカードにキャッシングサービスを付けている場合がありますよね。

給与振込の口座を開設する時に、銀行から勧められて付けている場合がほとんどなので、あまり自覚がないと思いますが、このキャッシング枠も審査の重要なポイントとなってくるので、注意しないといけません。

  • キャッシング枠がある場合は、利用していなくても借入した状態で計算される
  • 仮に、利用していれば借入の残高がネックになる

他社の借入は、無いことがベストな状況であると思ってくださいね。

年収が低くても良い好条件!独身、実家住まいが高ポイント

では、どのような条件であれば、年収が低くても審査通過となる好条件なのかをご説明しましょう。

  • 独身で、住まいは実家、親の持ち家一戸建て
  • この条件の場合、申込んだ本人の給料は全て自由に使うことが可能
  • 生活費等を考慮しなくて良いので、年収が低くても審査通過率は高くなる

このように、毎月の収入の中から生活費として必然的に出ていくお金が、全くない状態であれば審査通過率はとても高くなってくるのです。

つまり、稼いだお金を全て自由に使うことができて、最悪の場合でも親に頼れる状況であれば、働いて収入があれば派遣社員でも契約社員でも、審査通過する条件が揃ってくるのです。

申込み時とその後の2つの注意点!勤務先には要注意

ここでは、派遣社員や契約社員の方がクレジットカード審査にとおりやすくなるように、申込み時に注意する点と、申込みを完了し審査結果を待つ間に、注意しておかなくてはならないことをご説明します。

申込み時に最も注意する点!年収と勤務先は正確に申告する

クレジットカードに申込みを行う際には、申告事項を正確に入力する必要があります。これは申込み者全員に共通して言えることですが、派遣社員や契約社員の方は特に注意しないとならないことなのです。

派遣社員の方は勤務先については特に要注意で、ここを間違えると審査に落ちてしまう可能性もあるのです。

申込み時の注意点!勤務先の申告は良く考えて行おう

クレジットカードの申込み時に行う個人情報の申告は、間違えること無く正確に行うことが、審査通過のポイントになってきます。

No 申告項目 注意点
1 住所・氏名・年齢 間違えることはほぼ無い
2 連絡先電話番号 必ず出ることのできる番号を申告すること
3 勤務先住所・勤務先電話番号 重要、間違えると審査落ちの可能性あり
4 年収 多めに申告するのはNG
発覚すると審査落ちする
5 他社の借入件数・借入金額 少なく申告したり、ごまかすのはNG
審査落ちする重要ポイント
6 居住状況・既婚の有無 重要なポイント
虚偽がバレるとカード停止もありえる
7 住居形態 持家、借家の状況
虚偽がバレるとカード停止もありえる

上記以外にも多くの項目がありますが、注意しないといけない項目を抽出しています。どれも、当たり前の項目だと思うのですが、意外に間違えたり虚偽の申告をする方もいるのです。

住所・氏名は漢字の変換ミスに注意!落ち着いて再確認が大切

ありえないと思われるかも知れませんが、ご自身の名前の変換ミスや住所の変換ミスなど、意外に多いのをご存知ですか!?

特に目的を持ってわざと間違える訳ではないので、マイナス点にはなりませんが、本人確認資料と一致していなければ、訂正を求められるケースもあります。

  • 漢字の変換ミスで、免許証などの本人確認資料との照合で発覚する
  • 特にマイナスにはならないが、訂正を求められるケースもある
  • 訂正期間が必要になってくるので、カード発行が遅れる
  • 入力情報は必ずしっかり再確認することが大切

連絡先電話番号は、必ず連絡のとれる番号を申告

連絡先の電話番号は、自宅の電話番号か携帯番号になると思いますが、常に出ることのできる電話番号を申告しましょう。

  • 自宅電話番号の場合、不在が多いと連絡が中々取れないことが多い
  • 携帯番号の場合は、カード会社からの連絡には必ず出ることが重要
  • 登録されていない電話番号には出ないポリシーは改める
  • 本人確認の連絡が取れないと、審査通過の予定でも取り消しになってしまう

重要なことは、カード会社からの電話には必ず出ると言うことです。仕事中などで出れない場合は、折り返して連絡をするなど工夫が必要ですよ。

勤務先住所・勤務先電話番号は間違えると審査落ちするかも!?

派遣社員の方は、特に注意しないといけない申告項目になります。派遣社員の方の契約先は派遣会社になるのですが、勤務しているのは別の企業になっていますよね。

その為に、勤務先と問われているので実際に勤務している企業の会社名と住所、電話番号を申告してしまうのですが、それは間違いとなるので要注意です。

  • 派遣社員の方は、必ず派遣会社の住所と電話番号を申告する
  • 大きな会社では派遣社員を把握していない可能性もある
  • 在籍確認時に、会社にはいないと言われると審査落ちしてしまう
  • 契約社員の方は、企業と直接契約なので勤めている企業でOK

間違えると困ることは、大きな会社に派遣されている場合派遣社員の方は別名簿になっていることが多く、カード会社からの在籍確認に問題が発生してしまいます。

受付で社員名簿に載っていないので「そのような者は、弊社には在籍しておりませんが・・」と答えられる可能性が高いので、そうなれば審査落ちしてしまいますから要注意なのです。

年収・他社の借入情報は正直に!嘘を申告すると審査落ちする

  • 年収は多めに申告する方が多い
  • 借入は少なく申告する方が多い
  • いずれも正直に申告することが必要

先にも説明しましたが、借入がある場合は審査通過が難しくなるマイナス要素ですが、虚偽の申告をする方がもっと大きなマイナスとなってしまいます。

居住情報、既婚の有無も虚偽はダメ!嘘が発覚するとカード停止も

居住情報や既婚の有無も審査時には大きなポイントとなります。先に説明しましたが、家賃を払うことが不要で、独身であれば収入は好きなように使用することができるからなのです。

  • 借家住まいなのに、親の持ち家と申告する
  • 結婚しているのに、独身と申告する

実際にバレなければ大丈夫と、虚偽の申告をする方は存在します。ですが、カード会社は途上与信を行っています。

発覚すれば、現在利用しているカードの停止や、クレジットの残金を一括請求される可能性もありますので、虚偽申請は絶対にダメですよ。

注意点を守れば派遣や契約社員の方もカードを作ることができる

派遣社員や契約社員の方は、一般的にクレジットカード審査が難しいと言われています。ですが、先に説明した注意点を守って、おすすめのクレジットカードに申込めば、カード取得は難しくありません。

派遣法の改正によってこれからは、派遣社員の方のカード審査は有利になっていくでしょうから、ネガティブに考えないでポジティブ思考でいきましょう。

合わせて読みたい関連記事