審査の間口が広い法人クレジットカード3選

法人クレジットカードはポイントが貯まるだけでなく、経費管理や支払い調整にも役立つビジネスの必須アイテム。企業向けサービスや経営に役立つ特典も多数です。

「起業したばかりで審査に自信がない」という方もどうかご安心を。今回は、審査の間口が広い法人クレジットカードだけを厳選の上お届けします。

経営がなかなか軌道に乗らない経営者の方や個人事業主の方も、是非ご参考になさってくださいね。

審査の間口が広い法人クレジットカードの申込み前に気をつけるべきこと

いくら審査の間口が広いといっても、やはり最低限の条件を満たさないと審査をパスすることはできません。そこでまずは、法人カード審査の基本的な注意点からご説明しましょう。

経営実績があると法人カード審査に通りやすい

一般にビジネス向けカード審査で大きなポイントとなるのは「経営実績」です。目安は起業から3年と言われており、これ未満だと審査には不利になります。

3年未満だからといって即審査落ちする訳ではないのですが、起業直後の方が不利であることは確かです。

とはいえ、要はクレジットカードの選び方次第なのです。今回ご紹介する審査基準が甘い法人クレジットカードなら、ビジネスをスタートしたばかりの方でも大丈夫ですのでご安心くださいね。

個人カードのクレヒスが審査基準になる

法人カード審査では、企業の経営状況だけでなく、経営者個人のクレジットヒストリーも参照しますから、あなた自身の信用情報が問題となります。信用情報とは、以下のような金融関連の利用状況が集約されたもの。

信用情報とは

  • クレジットカードの利用・申し込み状況
  • 銀行カードローン
  • 消費者金融
  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • その他ローンや借り入れ

カード会社が信用情報機関にアクセスすれば、その人の過去数年分の履歴が閲覧できるようになっています。

2年以内のローン延滞は審査のマイナス要素

あなたは過去に、クレジットカードの支払い遅延やカードローン延滞をしたことがありませんか?もしも心当たりがあったら、今回の審査にはマイナス要素となります。

でも既に解消済みの昔の延滞なら問題はありません。

軽い延滞は解消後2年経つと、古い記録から順に消えていくからです。しかし現在も延滞中では、いくら審査が甘い法人クレジットカードでも審査通過は困難です。審査申し込みは、現在の延滞を解消してからが前提です。

自己破産や債務整理、2ヶ月を超える長期延滞などのブラック情報は5年もしくは10年を過ぎれば信用情報から消えてしまいますので、その後で審査を受ければ大丈夫です。

ただし損害を被った当の企業だけは例外で、その後もずっと審査は門前払いが続くようです。

企業は信用情報機関とは別に独自に顧客情報を保存しており、信用情報から事故情報が消えた後も半永久的に影響が残るんですね。

申し込みブラックは半年待てば復活できる

またこれ以外に「申し込みブラック」というものもあります。これは短期間に複数の審査を申し込むことが原因で起こります。

申し込み方が不自然なので、多重債務を疑われて軒並み審査に落ちてしまうんですね。したがって法人クレジットカードを申し込む際も、幾つも同時に申込んではだめですよ。

申し込みは必ず1件ずつ、審査結果が出てから次を考えるようにしてください。ただ、申し込みブラックになってしまったとしても心配は無用です。半年間申し込みをしなければ、記録はすっかり消えて元どおりになりますよ。

提出する書類はカードや希望限度枠によって異なる

審査における次の注意点は「必要書類」です。会社経営者の場合、以下のように個人向けカードとは異なる書類が必要な場合があります。

  • 本人確認書類
  • 登記事項証明書/登記簿謄本/印鑑登録証明書(いずれか)
  • 決算書

ただ必要書類はカードによっても様々です。後ほどご紹介するように本人確認書類だけで申込める法人カードもあるので、書類を出すのが面倒ならカードの種類を選べばいい訳です。

ただしキャッシングなどで多額な限度枠を希望する場合、以下のようにさらなる追加書類の提示を求められることもあります。

  • 決算書2期分
  • 不動産謄本(法人もしくは代表者名義)

個人事業主は本人確認書類だけでOK

個人事業主の場合は、基本的にパスポートや免許証など本人確認書類だけでOKです。でもやはり多額の限度枠を希望すれば、確定申告書2期分などの提出を求められます。

なお引落し口座については、法人には法人口座が必要ですが、個人事業主は屋号なしの個人口座でも構いません。

一般に希望限度枠が低いと審査基準も甘くなるため、必要書類も少なくて済みます。審査に通りやすくするには、なるべく低い希望限度枠で申込むのがコツですよ。

赤字経営でも法人クレジットカードは持てる

ところで決算資料を提出する場合、会社の経営状態も気になりますよね。

赤字経営では絶対審査に通らないと思い込んでいる方もいますが、実際にはそんなことはないんですよ。

一般に黒字経営が2年以上ないと審査通過は難しいと言われていますが、そもそも経営初年度はまだ実績すらありませんし、いずれにせよ赤字=審査落ちという単純な話ではないのです。

次にご紹介する審査の間口が広い法人クレジットカードなら、少々のハンデは他の条件でカバーすることが可能ですのでご安心くださいね。

審査の間口が広い法人クレジットカード!おすすめの3枚をご紹介

では次に、審査の間口が広いおすすめの法人クレジットカードを続けて3枚ご紹介しましょう。

どれも設立直後の経営者・個人事業主もOKの申し込みやすいカードばかり。コストパフォーマンスも良く、ビジネスにお役立ちの逸品揃いです。

起業1年目でも持てる!アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは、個人事業主の方でも申し込みが可能な法人クレジットカードです。

それにしてもアメックスなのに審査の間口が広いとは、信じられないという方も多いかもしれません。しかしこちらのカードには、確かに審査に通りやすい特徴がそなわっているのです。

外資系アメックス独自の審査基準だから通りやすい

それはアメックスが、他ならぬ外資系のクレジットカード会社だからです。本国アメリカの再チャレンジを評価する審査基準は、起業したての個人事業主の方にも大いに有利に働くのです。

経営実績やクレジットヒストリーに対する評価も国内基準とは異なり、アメックスの欧米式審査は、過去の履歴にそこまで重点をおかずに、多角的で総合的な審査が行われます。

また、アメックスは起業して1年以内でも入会できるビジネスカードとしても有名です。「アメックスは案外通りやすい」という口コミ情報が多いのは、こういった背景のせいなんですね。信用情報に自信のない方もチャレンジしてみる価値ありですよ。

また、個人事業主の方なら申し込み時に必要な書類も本人確認書類(免許証等)のみでOKで、登記事項証明書の提出は不要です。

アメックス・ビジネスカードは起業1年以内の方でも入会が可能といわれています。他の法人クレジットカードに比べて入会しやすい為、審査が不安な個人事業主様に一押しですね。

アメックス・ビジネスグリーンカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
注目ポイント

  • 個人事業主の方も申し込みOK
  • アメックス独自の審査基準で通りやすい
  • 入会しやすいわりに高いステイタス
  • 起業1年目でも申し込みOK
  • ビジネスに役立つ多彩なサービス特典

さすがアメックス!充実のサービスが付帯

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの豊富なサービスから、一部をご紹介しておきましょう。

サービス名 サービス内容
空港ラウンジ ・国内28空港・海外1空港の空港ラウンジが無料
・同伴者1名も無料(要・搭乗券)
手荷物宅配サービス ・空港から自宅までスーツケース1個を無料配送
充実した旅行保険 ・国内旅行傷害保険:最高5,000万円
・海外旅行傷害保険:最高5,000万円
オーバーシーズ・アシスト ・海外での日本語電話サポート
・現地レストラン予約や緊急時の相談など幅広く対応
・24時間通話料無料またはコレクトコールも可能
福利厚生プログラム・クラブオフ ・75,000以上の施設を優待料金で利用可能
・VIP会員年間登録料(年間6,600円税込)が無料
ビジネス情報サービス
「ジー・サーチ」
・年会費無料
ポイントをカード代金に充当できる ・貯まったポイントはカード利用代金にも充当可能
・ポイント換算レート
・1ポイント→0.3円
※メンバーシップ・リワード・プラス(参加料年間3,000円+税)登録で
1ポイント→1円

年会費無料の希少なビジネスカード!三井住友カード ビジネスオーナーズ

年会費無料の法人カードをご希望の事業主の方には、三井住友カード ビジネスオーナーズがおすすめです。

こちらのカードは法人クレジットカードの中でも希少な年会費無料のカードで、個人事業主様に使い勝手がよい1枚としておすすめです。

審査の間口も広く、通常法人クレジットカードの申し込みには登記簿謄本や決算書が必要なところ、こちらのカードはこれらの提出が必要ありません。

勿論起業したばかりの方でも申し込みOKですし、カード発行のスピードも最短で3営業日と早い点も魅力です。

利用頂ける特典も年会費無料とは思えないほど充実していて、「Visaビジネスオファー」などのビジネスに役立つサービスが優待価格で利用頂けます。

ポイントも貯まりますし、貯まったポイントはVポイントアプリで1ポイント1円でネットショップならVISA加盟店で利用頂けますし、Apple PayやGoogle Payに登録すれば実店舗でも利用頂けますので経費削減にも繋がります。

その他に海外旅行保険が付帯するなどスペックも高くおすすめです。

三井住友カード ビジネスオーナーズ

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
注目ポイント

  • 年会費は永年無料
  • 個人事業主の方も審査に通りやすい
  • 登記簿謄本や決算書の提出が不要
  • Visaビジネスオファーの優待が使える
  • 最高2,000万円の海外旅行保険付帯
  • 追加カード19枚まで発行可能
  • 最短3営業日で発行可能
企業 ビジネスサポートサービス
・日産レンタカー
・タイムズカーレンタル
優待価格
GVA 法人登記サービス 変更登記2,000円割引
ユーゴ / 印刷サイト「スプリント」 5%割引
トビラフォン Cloud 初期費用の3万円が無料
スマイルワークス 初期費用と月額費用の割引
サーブコープジャパン ・バーチャルオフィスを3ヶ月間50%割引
・役員会議室を20%割引
・ホットデスク一日無料
海外旅行保険 最高2,000万円

ライフカードビジネスライト(スタンダード)も年会費無料

ライフカードビジネスライト(スタンダード)は、ビジネスカードでは珍しく年会費永年無料です。余計な経費をかけたくないという経営者様におすすめの法人カードです。

その他にも国際ブランド別に、豊富なビジネス優待が利用できる点も大きなメリットです。

例えばVISAブランドを選択した場合、Visaビジネスグルメオファーでレストランが10%OFF、Visaビジネスオファーで事務用品が割引価格で購入できるなど、年会費無料とは思えないほど優待が豊富な法人カードですよ。

開業直後の方でも申し込みOK

ライフカードビジネスライト(スタンダード)は開業直後の方でも申し込みOKですし、必要書類も本人確認書類のみでOKです。一般的な法人カード申し込みに必要な登記事項証明や決算書は一切必要ありません。

ライフカードビジネスライト(スタンダード)は、審査の通りやすさに定評があり、法人カードを確実に手に入れたい方には一押しです。
これはライフカードの親会社が、消費者金融のアイフルであることと関係しています。一般に消費者金融系や流通系のクレジットカードは、審査に通りやすいからです。

審査に自信のない事業主様には、ライフカードビジネスライト(スタンダード)がおすすめです。

ライフカードビジネスライトなら経営に役立つサービスが使える

「年会費無料だとサービスも貧弱じゃないの?」と心配になるかもしれませんが、実際は正反対。ライフカードビジネスライトなら、経営をバックアップしてくれる付帯サービスを利用できます。

また、カード発行のスピードも早く、法人クレジットカードにも関わらず、最短4営業日で発行が可能です。

ライフカードビジネスライト(スタンダード)

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
注目ポイント

  • 年会費は永年無料
  • 個人事業主も審査に通りやすい
  • 弁護士無料相談サービスつき
  • 福利厚生サービス入会金が無料
  • 最短4営業日で発行可能
サービス名 サービス内容
クラウド会計ソフト freee 利用料金2,000円OFFクーポンプレゼント
弁護士無料相談サービス 電話または面談による法律相談が1時間無料
福利厚生サービス 1社あたり100,000円の入会金が無料
海外アシスタントサービス
<LIFE DESK>
海外日本語サービス窓口
電話1本ででホテル予約や医師の手配も可能
旅行サービス 「リロの旅デスク」国内・海外ツアー最大8%OFF
カーシェアリング タイムズカープラスの会員カード発行手数料(1,650円)が無料

審査の間口が広い法人クレジットカードを持つメリットは多大

近頃はネットビジネスが盛んとなり、副業で独立する方も増えています。その場合、起業直後は手持ちの個人向けカードで何もかも済ませている方も多いでしょう。

しかし、いつまでも個人カードを使い回すのはよくありませんよ。法人クレジットカードを作って私用と社用を区別することは、経営者に多大なメリットをもたらしてくれます。その理由をこれからご説明しましょう。

クレジットカードは生計費と事業費のどちらにも使える

一般にクレジットカードの利用目的は、個人利用の生計費に対し、ビジネス利用は事業費として区別されています。

  • 【生計費】プライベートのショッピングや自宅光熱費などの利用
  • 【事業費】事業用の物品購入、オフィスの公共料金、出張旅費などの利用

そして一般的な個人向けクレジットカードの入会時には、申込書でカード利用目的として以下のいずれかを選択するようになっています。

カード利用目的の3パターン

  • 生計費決済
  • 事業費決済
  • 生計費決済と事業費決済の両方

もしもそのクレジットカードを事業にも使う可能性があるなら、「生計費決済と事業費決済の両方」をチェックしておくといいでしょう。

ただこの区分は、さほど厳密に考えなくても大丈夫です。仮に申込書で「生計費決済」を選んでも、カード入会後に新たにビジネスを始めることだってあるからです。

仕入れに個人カードを使うと注意されることがある

例えば普段生計費に使っているクレジットカードを、以下のような事業に使用したとしても特に問題はありません。

  • 事務所の備品購入
  • 出張先のホテル宿泊
  • 取引先の人との会食
  • 社用車のガソリン代
  • 商品の仕入れ

しかしそれまでなかったような多額の商品買い付けにクレジットカードを使った場合、カード会社から注意を受けることがあります。

仕入れに個人カードを使うと換金目的を疑われる危険性が!

これはクレジットカードを、換金など不適切な目的に使っているのではないかと疑われるためです。ですから、注意を無視して使い続けると、カード利用停止・強制解約ということもあり得るんですよ。

このような重罰を課せられるのも、換金利用が「カード規約違反」に当たるからです。個人利用前提のクレジットカードを事業に使い回せば、ルール違反を疑われる危険性があるんですね。

カードが止まれば仕事も停滞しますし、強制解約を食らえばクレヒス上もよろしくありません。カード停止は信用問題に関わりますから、ビジネスにも差し障りが生じるでしょう。

個人向けカードの事業利用は規約違反ではない

でも個人向けカードで仕入れをしたからといって、誰もが必ず換金を疑われる訳ではないんですよ。

カード会社は普段からその人の利用状況をチェックしており、おかしいと判断した場合にだけ確認や注意に踏み切るようです。また、その基準もカード会社によって異なります。

こちらにも事情を説明するチャンスはあり、即カード解約になったりはしませんので、カード会社の指示には従うようにしてくださいね。

多額の仕入れをするなら法人カードが無難

とはいえ、今後もクレジットカードで商品の仕入れを続けるつもりなら、やはり注意を受ける前に法人クレジットカードを作ることをオススメします。

「プライベートは個人カード」「ビジネスは法人カード」という原則を守っていれば、安心してお仕事に専念できるでしょう。
それに法人クレジットカードに入会すれば、他にも多大なメリットがもたらされます。

法人カードなら事業用の支出を一括管理できる

事業用の法人カードを使うことの大きなメリットの一つが、経費の管理が以前よりもずっと楽になることす。私用カードを事業にも使い回すと、毎回経費の仕分け作業に大変手間がかかります。

でもあらかじめ「経費は法人カード」と決めておけば、何もしなくても自然に経費が区別されますから、プライベートとビジネスがゴッチャになることはありません。

法人カードの利用明細がそのまま帳簿に!

しかも有難いことに、黙っていてもカード会社が正確無比な明細書まで作成してくれます。帳簿にはこれをダウンロードしたり、会計ソフトに読み込んだりすればOK!本当に手間要らずです。

ただしクレジットカードの利用明細は通常半年間分しか保存されませんので、ダウンロードはこまめに行うようにしてくださいね。

法人カードで貯めたポイントは早めに使おう

さて、こうして事業にクレジットカードを使うようになると、1年後にはかなりのポイントが貯まっているはず。これもまた法人カード利用の楽しみの一つです。

ただビジネス用カードのポイントは案外使い道が決めにくく、そのまま貯めっぱなしという方も多いようです。でも通常ポイントには有効期限があるので、早く使わないと失効してしまいますよ。

貯めたポイントは、キャッシュバックや商品購入にドンドンご利用ください。

貯めたポイントを使うと雑収入として処理できる

その場合、ポイントは「雑収入」として処理できます。例えば20,000円分のポイントを、100,000円のノートパソコン代金の一部に充当した場合、仕分けは以下のようになります。

  • 消耗品:100,000円
  • 雑収入:20,000円 ポイント充当
  • 未払金:80,000円 クレジットカード払い

なおクレ
ジットカードは後払いなので、上記の通り引落し日までは「未払金」として扱うのが正確ですが、例外的に引落し時の1回記帳も認められています。

法人カードは従業員カードやETCカードを追加できる

また法人クレジットカードは、従業員カードやETCカードを追加することも可能です。スタッフにも仕事専用に自分のカードを持ってもらえば、物品購入や出張にも現金を使わずに済むので大変仕事がしやすくなります。

また、請求や報告の必要がないため、余分な作業が減って能率アップにもつながるでしょう。それと同時に、立て替えや清算の事務作業も大幅に軽減されます。また従業員カードの明細はカード毎に集約され、代表者が24時間いつでもチェック可能です。

法人クレジットカードはいいことばかり

現金をやり取りすれば間違いや勘違いも起こりがちですが、クレジットカードならばこの手のゴタゴタとも無縁でお互いスッキリ、まさに良いこと尽くめですね。

そんなこんなで法人クレジットカード導入は、あなたのビジネスに多大なメリットをもたらしてくれること間違いありません。

起業したてのあなたも、審査の間口が広い法人クレジットカードの入会からスタートしてみてはいかがでしょう?

審査の間口が広い法人クレジットカードでワンランク上の仕事を目指そう

審査の間口が広い法人クレジットカードなら、個人事業主や経営者の仕事がワンランクアップすること間違いなしです。

経費削減や事務作業の軽減、またビジネスに役立つ数々のカード特典など、法人クレジットカードには役立つ機能が満載です。

起業したてだと審査に自信のない方も多いものですが、審査の間口が広い法人クレジットカードなら、きっとあなたのご期待に沿うことができるはずです。是非ビジネスに役立つ1枚を手にしてください。

合わせて読みたい関連記事