来店不要のおすすめキャッシング5選。メリットと注意点も解説

カードローン 2021.09.24

近年では“ネット(WEB)完結”“来店不要”で融資可能なキャッシングやフリーローンが増えています。店舗に行って契約をする必要がなく、スマホやパソコンで申し込みができ、借入ができるのは非常に便利ですね。

仕事の時間を気にすることなく、休みの日にわざわざ出かける必要もありません。お金を借りるところを誰かに見られる心配もないので、精神的負担も少ないでしょう。

メリットも多いネット完結のキャッシングやカードローンは多く、どこを選べばいいのか迷ってしまうことも。それぞれの特徴をはじめ、金利や審査時間、無利息期間などを比較し、ランキングを作成しました。

ネット完結のキャッシングやカードローンのメリットだけでなく、注意点についても解説します。

ネット完結・来店不要キャッシングのおすすめランキング

スマホやパソコンで審査から申し込み、融資までできるキャッシングやカードローンは便利で人気があり、WEB完結可能な金融機関も増えています。ネット完結・来店不要キャッシング・カードローンのおすすめランキングを紹介します。

1位 SMBCモビット

HDI-Japanが主催するHDI格付けベンチマーク「対応記録/クオリティ格付け」において、2年連続で最高評価の三ツ星に認証されているSMBCモビット。電話対応のよさ、お客様への安心感において信頼できる消費者金融機関です。

20歳以上、69歳以下の安定した定期収入があれば、アルバイトや派遣社員など雇用形態にかかわらず利用できます。

WEB完結の場合、審査結果もメールで連絡。カードも発行しないので、入会完了のメールが届けばすぐに利用できます。

WEB完結の場合、電話連絡や郵送物もありません(ただし、審査で確認が必要な場合は電話で連絡がくることがあります)。

ネットでお客様の銀行口座に振込してくれるので、すぐにキャッシュカードで引き出しが可能です。

そのため、WEB完結で申し込む場合は、以下の条件を満たしている必要があります。

WEB完結で申し込む条件

三井住友銀行
三菱UFJ銀行
みずほ銀行
ゆうちょ銀行

のいずれかの口座がある。

または健康保険証を持っている。

以上の条件に問題がなければ、WEB完結での申込が可能です。

審査完了後は、届いたメールにあるURLから審査結果紹介ページにアクセスし、通過できていればそのまま入会手続きに進みます。

金融機関によって違いはあるものの、最短3分で銀行口座に振り込みされます。

気になる審査通過率ですが、SMBCモビットでは新規契約率を公表していないので正確なところは不明ですが、SMBCコンシューマーファイナンスの月次営業指標から判断することができます。

SMBCコンシューマーファイナンスの月次営業指標(2022年3月期)によると、無担保ローン新規申込数および新規顧客数の成約率は、5月~7月の平均が38.3%です。

約4割以下の人しか顧客になっていないと審査が厳しいのでは?と感じるかもしれませんが、他の金融機関と比べても変わらない割合なので、とくにSMBCモビットの審査は通過しにくいというわけではないようです。

ホームページでは10秒の簡易審査を受けることができるので、興味のある方は利用してみるとよいでしょう。本審査も最短30分で可能ですが、平日の19時までに申し込んだ場合なので、急ぎでキャッシングを利用したいなら申し込み時間には注意が必要です。

SMBCモビットの基本情報は次の通りです。

  • 金利:3.0~18.0%
  • 融資限度額:1万円~800万円
  • 審査時間:最短30分(10秒簡易審査あり)
  • 対象:安定した収入があればアルバイト、派遣社員、パート、自営業の方でも利用可能
  • 無利息期間:なし
  • 郵送物:なし(WEB完結の場合)

2位 プロミス

プロミスの特徴の一つが、30日間利息がゼロといったサービスです。プロミスをはじめて利用する方で、メールアドレスの登録とWeb明細を利用することが条件ですが、初回利用日から30日間は利息がつきません。

プロミスのWEB完結なら、審査の結果時間は最短30分。本人確認方法を「金融機関口座でかんたん本人確認」もしくは「アプリでかんたん本人確認」の手続きを行えば、郵送物なしで契約可能です。

Webで借入・返済ができるので、カードレスです。ただし、口座振替の返済になるので、契約時にWEB完結が利用できる金融機関の口座が必要です。

申し込み完了後、24時間振込可能な金融機関であれば、最短10秒で振込が可能。審査通過率においては、SMBCコンシューマーファイナンス・プロミス月次営業指標(2012年3月期)によると、5月~7月の平均成約率が37.0%。データが古いので、現在の審査通過率はSMBCモビットと変わらないとみてよいでしょう。

ホームページで「お借入れシミュレーション」ができるので、興味のある方は試してみるとよいでしょう。そのまま続けて申し込みも可能です。

プロミスの基本情報は次の通りです。

  • 金利:4.5~17.8%
  • 融資限度額:1万円~500万円
  • 審査時間:最短30分(最短15秒で事前審査可能)
  • 対象:安定した収入があればアルバイト、パート、派遣社員、契約社員、主婦、学生
  • 無利息期間:最大30日間
  • 郵送物:なし(WEB完結の場合)

3位 アコム

三菱UFJフィナンシャルグループのアコム。はじめての契約で契約日の翌日から30日間は金利なしです。インターネットから申し込めば審査結果は最短30分で、メールもしくは電話で連絡が来ます。

WEBでの申し込みはホームページから可能。提出したメールアドレスに届いたURLにログインし、都合に合った方法で必要書類を提出します。書類のアップロードがうまくいかないなど、スムーズに手続きができない場合は、ネットから申し込んだとしても、契約は店頭口や自動契約機(むじんくん)でも可能です。

審査終了後、「契約手続きのお願い」メールが届き、同意をしたら契約完了です。契約に関して確認が必要な場合は電話がかかってくることもあります。

店頭窓口、自動契約機での契約なら、郵送物はありません。インターネットで契約する場合は、お客様の希望で送付することはありますが、基本的にはありません。郵送物はACサービスセンター名で送られてきます。

アコム株式会社の「Monthly Report」(2021年7月末)によると、5月~7月の平均新規貸付率が42.1%です。SMBCモビットやプロミスと比べると、少しだけ審査通過率としては高いと言えます。

そうはいっても、アコムの審査基準をクリアできなければ、審査に通過できないことは認識しておくことです。借入可能がどうかはホームページの3秒診断で確認してみましょう。

アコムの基本情報は次の通りです。

  • 金利:3.0~18.0%
  • 融資限度額:1万円~800万円
  • 審査時間:最短30分
  • 対象:パート、アルバイトでも安定した収入があれば申し込み可能
  • 無利息期間:30日間
  • 郵送物:契約方法による

4位 レイクALSA

レイクALSAの特徴は無利息期間が長いことです。はじめての申し込みに限り、5万円まで180日間無利息借入ができます。Web申し込みなら借入全額に対して、60日間無利息です。

ただし、併用はできないので、自動契約機もしくは電話で申し込んだ場合は、30日間無利息(Web限定60日間無利息)、5万円まで180日間無利息、のどちらかを選ぶことになります。

また、21時(日曜日は18時)までに審査や書類確認が完了すれば、当時中に振り込みが可能。最短で60分融資も可能です。

レイクALSAでのWeb申し込みでは、本人確認はスマホで完了できます。契約書類は会員ページからダウンロードできるので、レイクからの書類の郵送もありません。必要な場合は、自分でダウンロードできるのも便利です。

レイクALSAでは公式アプリ「e-アルサ」を利用したセブン銀行での取引が可能です。ただし、2020年12月23日(水)よりセブン銀行ATM「スマホATM取引」による借入の利用を停止しています(2021年8月現在)。

契約時の郵送物をなしにする場合は、「スマート本人確認」もしくは「口座登録確認」を選びます。契約後、カードが必要になった場合は発行してもらえます。

Web申し込みの場合は最短15秒で審査結果がわかります。スマホで本人確認・契約手続きが完了すれば、登録した金融機関口座に振り込んでくれます。

新生銀行四半期データブック2020年12月末「無担保ローン(レイク事業)」の資料によると、2020年6月~12月の平均成約率は33.2%。この数字から見ると、審査通過率は低い方と言えるでしょう。

レイクALSAの基本情報は次の通りです。

  • 金利:4.5~18.0%
  • 融資限度額:1万円~500万円
  • 審査時間:最短30分(最短15秒審査可能)
  • 対象:安定した収入があれば派遣社員、パートやアルバイトでも申し込み可能
  • 無利息期間:最大180日間
  • 郵送物:なし(WEB申し込みの場合)

5位 アイフル

アイフルのWEB申し込みは最短25分融資も可能です。アプリをダウンロードすれば取引がスマホで完結します。カードレスで原則24時間365日利用可能。スマホアプリでセブン銀行ATMやローソン銀行ATMで借入・返済が可能です。

契約時に「カードレス」「口座振替」を選択すれば、郵送物も一切ありません。カードが必要な場合は、あとから発行することもできます。

はじめてアイフルを利用する場合は、最大30日間無利息(契約日の翌日から)できるのもメリットです。原則、申し込みの際に自宅や勤務先への連絡はしていません。

アイフル月次推移(2020/4~2021/3)の資料によると、2020年4月~9月の平均成約率は、40.3%。審査通過率はアコムと同程度といったところでしょう。

アイフルの基本情報は次の通りです。

  • 金利:3.0~18.0%
  • 融資限度額:1万円~800万円
  • 審査時間:最短25分
  • 対象:安定した収入があればパートやアルバイトでも申し込み可能
  • 無利息期間:最大30日間
  • 郵送物:なし(WEB申し込みの場合)

WEB完結とは?来店不要キャッシングのメリット

WEB完結とは申し込みから契約までの手続きを、インターネットで完了できる方法です。店頭に行ったり、契約機などを利用したりせず、スマホやパソコンなどで契約が可能。WEB完結のメリットには次のような点があります。

スピーディに契約できる

店頭などにわざわざ出かける必要がないので、時間のロスがありません。 24時間365日申し込みが可能なので、都合のよい時間に申し込めるのも効率的でしょう。書類のやりとりもスムーズにできれば、融資までの時間が短いことも多いです。

誰にも知られず申し込みができる

自宅からなど、どこからでも申し込みが可能です。お店で誰かに融資申し込みをしている姿を見られる心配もありません。 WEB完結の場合は原則、郵送日物がない点もメリットです。

カードレスで利用できる

基本的にスマホにアプリをダウンロードして、スマホアプリや口座振替で借入をします。カードレスなので、金融機関のカードを持ち歩く必要がありません。サイフなどに入っているカードを見られることもなく、サイフの整理整頓もしやすいでしょう。

来店不要キャッシングを利用する際の注意点

融資が早い、郵送物などで家族に知られる心配がないなど、メリットもあるWEB完結(来店不要)には、注意点もあります。

郵便物が届くケースがある

WEB完結の場合、確認書類などはダウンロードして提出したり、契約書もホームページからダウンロードできたりするので、基本的に郵便物が郵送されてくることはありません。しかし、メールが届かなかったり、返済期日が過ぎたりしてしまうと、自宅に郵便物が届くことがあります。

メールアドレスを変更したり、スマホやパソコンなどのトラブルがあったりした場合は、連絡をすることを忘れないようにしましょう。

審査時間や融資時間は長くなることもある

審査時間や融資時間が最短30分などと記載されていることも多いですが、それはスムーズに審査や手続きが進行した場合です。必要な書類に不備があったり、ほかでの借入が多いなど審査に時間がかかったりすれば、審査時間も長くなります。

急いで借入をしたい場合は、必要書類に不備がないよう確認をしたうえで申し込みをしましょう。また、そもそもほかでの借入額が多いと、審査通過ができないこともあります。返済にもかかわることなので、自分の借入額はきちんと把握し、返済計画を立てて申し込みをしましょう。

申し込み時間に注意

融資までの時間は申し込み時間によって異なることがあります。また融資時間は、書類確認が済んで審査が通過してからの時間なので、申し込んでその日にお金を借りられるとは限りません。

何時までに申し込めばその日に審査をしてもらえるのか、どのような条件があるのかは、金融機関によってさまざまなので、きちんと確認をしましょう。

「WEB申し込み」と「WEB完結」に注意

「WEB完結」は申し込みや審査、契約、借入など一連の手続きや契約をWEBでできる方法です。一方「WEB申し込み」は、WEBで申し込みができますが、契約の手続きなどは店頭や契約機などで行うことです。

どちらなのかは、流れをしっかり確認し間違わないようにしましょう。

借入しすぎないようにする

WEB完結はいつでも、どこでも申し込みができ、周りを気にする必要もなく、手軽に申し込めるのがメリットです。そのため、よく考えずに借入をしてしまうと、返済額が大きくなってしまうことがあります。

無理をせずにきちんと返済できる金額を借入するようにしましょう。

来店不要(WEB完結)を利用する際は条件や注意事項をチェック

来店不要(WEB完結)を利用する際は、それぞれの金融機関の方法や特徴、条件などをしっかり確認するようにしましょう。条件によっては自分には適していないと感じる可能性もあります。

また、WEB完結で借入ができる金融機関は多数あります。借入の方法だけでなく、無利息期間や金利、返済期日などを含め、総合的に判断し適した金融機関を選びましょう。

関連記事