カードローンとは。仕組み、審査や金利をわかりやすく解説

生活費が足りない、ちょっと高級な家具が欲しい、などさまざまなシーンでお金を用意したいと思うときがあるでしょう。毎月の給料だけでは購入できない高額なものもあります。このご時世でボーナスがカットされれば、住宅ローンの支払いが厳しくなることもあるでしょう。

また、病気で急に治療や入院しなければならない、ということも。病気によっては入院費用も含めれば30万、50万といった費用がかかることもあります。

親などに借りる方法もありますが、迷惑をかけたくないもの。そんなときに便利なのがカードローンです。カードローンなら、銀行のキャッシュカードの利用と同じように、お金を引き出すことが可能です。

カードローンの特徴やメリット、また種類やおすすめのカードローンについて解説します。

カードローンって何?カードローンの仕組みを解説

カードローンとは、銀行や消費者金融などの金融機関や貸金業者が、個人を対象に行う融資サービスのことです。利用限度額までなら、何度でも借入・返済ができる仕組み。銀行やコンビニ、商業施設にあるATMなどで借入や返済ができるので、いつでもお金を用意することが可能です。

住宅ローンや教育ローンなどのように、目的が決まった融資を申し込み、お金を借りるのではなく、利用目的は問われません。担保や保証人も必要なく、申し込みをして審査が通れば、インターネットやカードでお金を借りられます。

ただし、借入ができるのはそれぞれの金融機関の審査に通過できた場合です。審査に通らないと、借入はできません。また、カードローンによって設定された金利があり、利息がつきます。返済は元金だけでなく、利息を含んだ金額を返済することになります。

カードローンの種類と特徴

カードローンの特徴は

  • 利用限度額内で繰り返し借入・返済ができる
  • 無担保・保証人不要
  • ATMやインターネットで借入・返済が可能
  • 利用目的は問われない
  • 申し込みや手続きが簡単

といった点です。基本的にこのような特徴を持つカードローンですが、カードローンにはさまざまな種類があり、それぞれに特徴があります。

どのような種類や特徴を持つかというと、

  • Web完結
  • 最短即日融資が可能
  • 無利息期間がある
  • 低金利
  • 郵便物がない
  • カードレスで借入できる

などがあります。

Web完結

Web完結はインターネット上で申し込みから借入までの手続きが可能な方法です。店頭や無人契約機などに行かず、在宅で借入までできるのがメリット。申し込みは24時間可能なので、その分早く審査・借入ができます。

申し込みから審査、融資までの時間は、カードローンによってさまざまです。多くはインターネットで申し込みができるので、審査までの時間が短く、さらに問題がなければ最短で即日(申込時間などによる)で借入ができるカードローンもあります。

来店不要のキャッシング、Web完結に関する情報は、「キャッシング来店不要」で詳しく解説しています。興味のある方は、こちらを参考にしてみてください。

無利息期間を設定しているカードローンもある

カードローンには利息がかかりますが、申し込みや利用日から30日以内(中には60日以内)で返済すれば、利息がかからないというサービスを提供しているものもあります。

利息はカードローンによっていろいろで、少しでも低金利である方が返済金額も低くなります。借りてすぐに返済すれば利息がかからない、または低金利であることは大きなメリットです。

カードレスで便利に利用可能

スマホの普及が増えるに従い、アプリをダウンロードしてより便利に利用できるシステムのカードローンもあります。カードレスで利用できるため、おサイフにカードを持ち歩く必要がありません。パソコンやスマホで契約ができれば、申込書や契約書、カードなどの郵便物もなくなります。

カードローンとキャッシングの違い

カードローンもキャッシングも比較的すぐにお金を借りられる、利用限度額内で繰り返し借入・返済ができるといった点では同じですが、異なる点があります。

一つは利用限度額です。カードローンは最初の借入が50万円、または100万円や500万円と設定されているケースが多いのに対して、キャッシングの利用限度額は10万円~20万円が一般的です。これは、キャッシングはクレジットカードや銀行のキャッシュカードに付帯されているサービス、という位置づけだからです。

例えばクレジットカードには、ショッピング枠のほかにキャッシング枠がついているものがあります。別枠になっているものもありますが一緒になっている場合、ショッピング枠が50万円でも、キャッシング枠が10万円の場合、ショッピングで利用できる金額は40万円ということになります。

また、カードローンの方がキャッシングよりも金利が低めに設定されていることが多いです。これは、カードローンは借入をするためだけの機能なので、金利を低く設定できるのです。

消費者金融カードローンのメリットと安全性

カードローンの中には、消費者金融が提供しているものがあります。消費者金融と言うと、返済が厳しいのでは?借金のイメージが強く借りるのは抵抗がある、という人もいるでしょう。中には、闇金などとつながっているのでは?と不安を持っている人も。

しかし、消費者金融カードローンは安全性の高いものです。闇金のように、貸すだけ貸して返済金額を増やすということはありません。なぜなら、消費者金融カードローンは総量規制の対象だからです。借入には審査があり、総量規制を超える場合は審査が通らないのでお金を借りることはできません。

また、無利息期間を設けている消費者金融カードローンもあり、期間内に返済すれば元金だけの返済ですみます。審査上、問題がなければ最短で1時間以内に融資が受けられるケースもあります。

ただし、銀行が提供するカードローンよりも金利が高めなものが多いので、長期の返済になる場合は注意が必要です。

カードローンの申し込み方法

基本的なカードローンの申し込み方法は次の通りです。

申し込みの流れ

申し込み→審査→借入が基本的な流れです。申し込み方法はWeb、電話、店頭窓口、自動契約機などがあります。

審査では主に、安定した収入があるか、他社からの借入はあるかなどを調べると同時に、信用情報を確認し、融資しても大丈夫、返済可能、と判断されれば、契約に進みます。また、在籍確認があり、確認ができない場合、審査に通過できないこともあります。

カードローンの在籍確認については、「カードローン在籍確認なし」で詳しく解説しています。

借り入れ方法は、口座振り込みやカードを作成しATMなどで利用、またはアプリを導入しスマホで借入・返済ができる場合もあります。

申し込みに必要な書類

必要な書類は、本人確認ができる書類と、収入証明書です。本人確認書類は運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなど、収入証明書は厳選徴収票や確定申告書類、給与明細書など。詳細はカードローンによって異なるので、申し込みの際に内容をしっかりチェックしましょう。

カードローンはどんな人が利用している?

カードローンは幅広い年代の人が利用しているものです。マイナビニュースの調査によると、カードローン利用者100人のうち、20~25歳が30人、31~35歳が18人、36~40歳が17人、26~30歳が17人。20~40歳くらいまでの人が多く利用していることがわかります。

利用者の職業は会社員が半数以上を占めていますが、パートやアルバイトの人も利用しています。10人未満ですが、専業主婦やフリーランスでも利用している人もいます。

使い道については、生活費が53%で最も多く、趣味や旅行に使う人も。カードローンは基本的に使用目的が自由なので、さまざまな用途で使うことが可能です。

カードローンの選び方と注意点

カードローンを選ぶ際には、特徴やメリットを把握し目的に合った種類を選ぶことです。もちろん、利息や返済方法など、返済しやすいことも重要です。カードローンを選ぶ際には、次の点をチェックしましょう。

金利

カードローンの金利はさまざまです。さらに、金利には、5%~18%、のように下限金利と上限金利が設定されています。利用限度額が高いほど、低い金利が適用されますが、最初に借入をする場合は、ほとんど上限金利だと考えましょう。

1%しか差がないなら問題ない、と思うかもしれませんが、長期にわたって借入をしていれば金利の差が返済に影響してきます。金利はできるだけ低い方が返済しやすいです。すぐに返済できる場合は、無利息期間を設定しているカードローンを選ぶと、一定期間は無利息で借入できます。

使いやすさ

何度も借入・返済を繰り返す可能性があるなら、便利に使えるものがおすすめです。いつでも借りられる、借入場所が多いなどの利便性をチェックしましょう。また、ATMでいつでも返済できる、返済は自動引き落とし、返済日を選べるなど、返済しやすいことも重要です。

また、カードレスならおサイフにカードを入れる必要がないので、誰かに見られることもありません。おサイフに入れ忘れて借りられない、とい失敗も防げるでしょう。

ただし、借入がしやすいと、必要以上に借りてしまうことがあります。借入は増えるほど返済が大変になるもの。毎月の借入上限金額を決める、余計に借りた場合は追加返済をするなど、計画的な借入が大切です。

スマホで借入状況をチェックできるカードローンもあるので、借入が増えそうな人はそういったカードローンを選ぶとよいでしょう。

融資の早さ

Webでの申し込みなら、最短即日融資が可能、というカードローンも多いものです。すぐにでもお金が必要な場合は、審査や融資の時間の早いものを選ぶとよいです。

ただし、迅速に融資ができるのは審査に問題がない場合です。また、申し込みの時間や曜日などによって、融資時間は変わってくるので、条件や注意点を確認してから申し込みましょう。

融資の所要時間などについては、「今すぐお金が必要」で詳しく解説しています。こちらの記事もぜひご覧ください。

独自のサービスをチェック

独自のサービスを展開しているカードローンもたくさんあります。無利息期間サービスもその一つです。また、返済日をスマホに連絡してくれるサービスや、カードレス、開設するとポイントがもらえるなど、サービス内容はさまざまです。

自分に必要なサービスや、あると便利なサービスを提供してくれるかどうかもチェックポイントです。

おすすめカードローン5選

数あるカードローンの中でも、おすすめのカードローンを5つ紹介します。

SMBCモビット

Web完結で申し込めば、審査通過後最短3分で借入ができるという、対応の早さがメリットです。郵送物もありません。ホームページには10秒の簡易審査があり、本審査も最短30分という早さ。急いでお金を用意したい人におすすめです。

毎月の返済日も5日、15日、25日、末日から選ぶことが可能。Tポイントをカードローンの返済に充てることもできます。

  • 金利:3.0~18.0%
  • 融資限度額:1万円~800万円
  • 審査時間:最短30分(10秒簡易審査あり)
  • 対象:安定した収入があればアルバイト、派遣社員、パート、自営業の方でも利用可能
  • 無利息期間:なし

SMBCモビットの審査に関する情報は、「モビット審査」で詳しく解説しています。こちらの記事もぜひご覧ください。

プロミス

プロミスには30日間無利息サービスがあります。メールアドレスの登録とWeb明細の利用が条件ですが、初回利用日から30日間は無利息なので、早めに返済できる人は利用価値アリです。Web完結でカードレス。借入や返済もWebでできます。

審査時間も最短30分で、24時間振込可能な金融機関なら、振込時間は最短10秒です。

  • 金利:4.5~17.8%
  • 融資限度額:1万円~500万円
  • 審査時間:最短30分(最短15秒で事前審査可能)
  • 対象:安定した収入があればアルバイト、パート、派遣社員、契約社員、主婦、学生
  • 無利息期間:最大30日間

プロミスの審査に関する情報は、「プロミス審査」で詳しく解説しています。こちらの記事もぜひご覧ください。

アコム

最高800万円まで融資可能です。契約から30日間は金利ゼロで借入ができるのもメリットです。審査時間も最短30分で、即日融資も可能。インターネットバンキングを利用すれば、返済はインターネットから24時間365日可能です。

メールサポートが充実しているのもうれしい点。「返済期日の3日前」「返済期日の当日」「返済期日経過後の返済」をメールで通知してくれます。

  • 金利:3.0~18.0%
  • 融資限度額:1万円~800万円
  • 審査時間:最短30分
  • 対象:パート、アルバイトでも安定した収入があれば申し込み可能
  • 無利息期間:30日間

アイフル

Web申し込みなら最短25分で融資が可能です。スマホアプリをダウンロードすれば、原則24時間365日借入・返済ができます。最大30日間無利息サービスもあります。返済期日は、毎月1回、もしくは35日ごと、どちらか都合のよい方を選べます。

アイフルATMとセブン銀行ATM、ローソン銀行ATMであれば、1,000円単位での借入も可能です。

  • 金利:3.0~18.0%
  • 融資限度額:1万円~800万円
  • 審査時間:最短25分
  • 対象:安定した収入があればパートやアルバイトでも申し込み可能
  • 無利息期間:最大30日間

レイクALSA

30日間無利息のほか、Web申し込みで60日間無利息、さらに5万円まで180日間無利息といったサービスを提供しています。併用はできませんが、選択肢の幅が広がるのはメリットでしょう。審査時間は最短15秒、融資までは最短60分という早さです。

レイクALSA公式アプリ「e-アルサ」なら、セブン銀行ATMでカードレス利用が可能です。

  • 金利:4.5~18.0%
  • 融資限度額:1万円~500万円
  • 審査時間:最短60分(最短15秒審査可能)
  • 対象:安定した収入があれば派遣社員、パートやアルバイトでも申し込み可能
  • 無利息期間:最大180日間

無理なく返済できるカードローンを選び上手に利用しよう

今すぐお金が必要、生活費が足りない、などの状況を救ってくれるのが、カードローンです。パソコンやスマホからいつでも申し込みができ、時間帯によっては審査も借入も迅速に対応してもらえることも少なくありません。

カードローンの中には、無利息期間があったり、カードレスで利用できたり、さまざまなサービスを展開しているものもあります。金利や返済方法などを踏まえ、自分の使いやすいカードローンを選びましょう。

ただし、手軽に使えるからと必要以上に借入をするのはいけません。無理なく返済できるよう、計画的な利用を心がけましょう。

カードローン 新着一覧