バンクイック審査ガイド!即日不可の審査時間&審査難易度がやばい?

カードローン 2022.01.25

カードローンといえば消費者金融のイメージが強いかもしれませんが、銀行カードローンも今は知名度があがり利用者も増えています。

その中で三菱UFJ銀行の「バンクイック」は商品名に銀行名が入っていない分、他の銀行よりも知られていないようにみえるもののコマーシャルの影響もあり知っている人は増えています。

しかし、銀行カードローンには「審査が厳しい」という印象もあり、実際にカードローンを申し込みをしようとしながら二の足を踏んでいる人もいるでしょう。

この記事では、バンクイックの審査について、申し込みから契約までの流れや必要書類など具体的な内容から、審査が厳しいのか甘いのか、急ぎでお金が必要な時はどうすればいいのか、など細かく説明していきます。

メリット・デメリットをしっかり理解した上で、商品選びの参考にしてみてください。

この記事のポイント

  • バンクイックは三菱UFJ銀行の口座がなくても利用できる
  • 100万円以下の利用なら金利は13.6~14.6%
  • バンクイックはローンカードの発行が必須
  • 審査回答は早くても翌営業日以降なので即日融資はできない
  • アコムで事故情報の記録が残っていると審査に通らない可能性大
\簡単3ステップで手続き完了/

モビット公式ページへ

バンクイックはよく知られる三菱UFJ銀行の代表的なカードローン

バンクイックは、商品名に銀行名が入っていないためピンとこない人もいるかもしれませんが、三菱UFJ銀行が取り扱っているカードローンになります。

銀行カードローンといえば、低金利だけれど審査は厳しいという印象を持っている人も多いでしょう。審査について説明する前に、まずはバンクイックの商品概要を確認してみます。

金利(年利) 1.8~14.6%
※変動金利
限度額 10万~500万円
資金使途 さまざまな用途に使える
(事業性資金を除く)
利用期間 1年
※原則、審査はあるものの自動更新
申込対象者 満20歳以上65歳未満
国内に居住している
保証会社(アコム(株))の保証を受けられる
原則安定した収入がある
外国の人は永住許可を受けている
借入方法 ATM(三菱UFJ銀行・セブン銀行・ローソン銀行・イーネット)
本人名義の三菱UFJ銀行の普通口座へ振り込み
返済方法 自動支払い(口座引落)
ATM(三菱UFJ銀行・セブン銀行・ローソン銀行・イーネット)
振り込み(指定の口座に振り込み)
担保・保証人 不要

バンクイックの特長は次のとおり。

  • 金利が低い
  • インターネットならば24時間申込可能
  • 三菱UFJ銀行の口座がなくても利用できる
  • 全国のコンビニATMの利用が可能
  • 返済日が選べる

バンクイックは、銀行カードローンでは少数ある銀行口座がなくても申し込みできるカードローンです。もちろん、申込時に口座を作る必要もありません。

ただし、逆に住宅ローンも利用すると金利が下がったり、口座の残高が足りない時に自動的に融資してもらえたりするなどの銀行カードローンによくあるサービス機能はついていません。ちなみに自動融資機能がついているカードローンは別にあります。

金利が低いという銀行カードローンならではの特長に関しては、バンクイックも例にもれず低くなっています。また、消費者金融では細かくはわからない限度額と金利の関係も明確に表記されています。

利用限度額 金利(年利)
100万円以下 13.6~14.6%
100万円超200万円以下 10.6~13.6%
200万円超300万円以下 7.6~10.6%
300万円超400万円以下 6.1~7.6%
400万円超500万円以下 1.8~6.1%

※平成29年3月27日以降の契約の適用金利

肝心の審査に関してはこれから説明していきますが、銀行カードローンではつきものの保証会社がバンクイックにもついています。

バンクイックの審査はどんなもの?流れや時間、必要な書類について

バンクイックの審査は、アコムが保証会社になっていることから、銀行とアコムのどちらも行っていることになります。

銀行の審査は厳しいという話がありますが、これは銀行カードローンの多くが銀行と保証会社の2つの審査があるのが少なからず影響している面があります。ただし、だからといって必ずしも審査が厳しいわけではありません。

審査の厳しさについては後で触れるとして、まずはバンクイックの審査の時間や流れについて説明します。

バンクイックはどの申込方法でも審査回答の時間は同じ。審査の流れを説明

まずバンクイックの申し込みは、方法として3つあり、それぞれ受付時間が異なります。

申込方法 受付時間
パソコン
スマートフォン
(インターネット)
24時間
電話 平日9:00~21:00
土日祝日9:00~17:00
※12/31~1/3は休業
テレビ窓口 平日9:00~21:00
土日祝日9:00~17:00
※テレビ窓口は、店舗ロビーなど設置場所により、受付時間や曜日が異なることがあります
※12/31~1/3、2/11は休業
※2020年3月31日でテレビ窓口での新規申込受付を終了

テレビ窓口は、いわゆる自動契約機と同等のものになり、三菱UFJ銀行の店舗に設置されています。カードローン以外にも口座の開設や住所などの変更の手続き、海外送金などの手続きをオペレーターに相談しながら行うことができる場所です。全国に約650店舗近くあります。

バンクイックの審査の流れとしては、今説明した申込方法により手順やかかる時間に違いはあるものの基本的には同じといえます。

申し込み
書類の提出

審査回答
(メールまたは電話)

契約の手続き

カードの発行・受け取り
(テレビ窓口または郵送)

借り入れ

バンクイックでは審査が保証会社も行われると記載しましたが、審査の流れとしては別途手続きが必要なわけではなく銀行側から保証会社へ審査の依頼をするため、申込者から見るとまとめて審査が行われると考えればいいです。

実際には仮審査と本審査があり、保証会社の判断は早いものの最終的な本審査に時間がかかるとされていますが、借り入れまで時間がかかることは銀行カードローン全般にいえることです。

審査の回答は、WEBを使った場合はメールまたは電話、それ以外の申込方法だと電話で回答されることとなっています。また、どの方法でも回答時間が決まっています。審査結果の回答の連絡時間帯は、方法を問わず以下のように設定されています。
平日 9:00~21:00
土日祝日 9:00~17:00

審査に通って契約までできたとして、バンクイックでは(借り入れや返済に使わなくても)カードの発行は必要です。カードの発行は郵送とテレビ窓口でできますが、なるべく早くカードの発行ができるテレビ窓口での利用がおすすめです。

バンクイックの審査で必要な書類は基本的には本人確認書類になる

バンクイックの審査には、本人確認書類の提出が必要です。該当する書類としては以下のものから2点必要とされています。ただし、テレビ窓口で手続きをする場合は、1点でかまいません。

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • (裏面に住所の記載がある場合は裏面も必要)

  • 健康保険証
  • (氏名・生年月日・住所の記載のページ・カード型の場合は現住所を記載した裏面も必要)

  • パスポート
  • (顔写真・住所の記載のあるページ)

  • 個人番号カード
  • (現住所の記載があるもの・表面のみ)

  • 在留カード
  • (変更事項がある場合は、裏面も必要)

  • 特別永住者証明書
  • (変更事項がある場合は、裏面も必要)

申込方法によりコピーまたは写真のデータなど提出の形式が変わるかもしれませんが、どちらにせよ書類で表面だけ、両面必要になる場合があるため、間違えないようにしてください。特にカードなどで裏面に住所の記載がある場合は、裏面の提出も忘れないようにしないと書類の再提出などを求められて時間がかかるかもしれません。

もし、2点書類の用意が難しい場合は、別途書類での対応になります。本人確認書類が1点ある場合は、先に説明した書類の他にその他の書類または補完書類の中からもう1点用意が必要です。

【その他の書類】

  • 住民基本台帳カード
  • (顔者写真入り)

  • 運転経歴証明書
  • (平成24年4月1日以降に交付されたもの)

  • 官公庁から発行や発給された書類で官公庁が顔写真を貼り付けたもの
  • 身体障害者手帳などの各種福祉手帳
  • 住民票の写し
  • (コピーは不可) 
     
    など

【補完書類】

  • 公共料金の領収書
  • (電気・水道・ガス・固定電話・NHK)

  • 国税・地方税の領収書・納税証明書
  • 社会保険料の領収書

※現住所の記載があり、本人名義の6ヵ月以内のもの

本人確認書類に該当するものが全くない場合は、その他の書類を2点、またはその他の書類1点と補完書類1点の計2点、のどちらかが必要となります。

また、パスポートが最近のもので所持人記入欄がない場合は、現住所がわかる補完書類が必要となります。(新型パスポートと補完書類2点・テレビ窓口の手続きならば新型パスポートと補完書類1点)

その他に、希望限度額が50万円を超える場合は、収入証明書類として以下のものから1点、提出が必要となってきます。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 納税証明書その1・その2 ※個人事業主の場合
  • 確定申告書第1表・第2表
  • など

審査の状況で他の書類の提出を求められる可能性もありますが、基本的にはこれらのどれかが必要になります。希望額が多い時や審査が心配な時は、前もって用意しておいた方が審査はスムーズに進み安心です。

提出方法は、いくつかあります。

  • WEBアップロード(パソコン・スマートフォン)
  • テレビ窓口
  • FAX
  • 郵送

郵送は時間がかかるため、できればWEBでのアップロードまたはテレビ窓口で行う方が、手間の問題だけでなく時間がかからずに手続きを進めることができます。

バンクイックの審査は⼟⽇可能でも回答は早くて翌営業日になる

バンクイックは、申込方法によっては24時間受付となっていて土日も申し込み可能です。テレビ窓口や電話の場合でも時間は限れているものの土日祝日も利用可能で、テレビ窓口ではカードの受け取りもできます。

また、三菱UFJ銀行のHPでは、テレビ窓口が比較的空いている時間帯も表示されていて、比較的空いている時間帯は、昼前や16:00前後がおすすめのようです。

しかし、審査や手続きを考えると、土日に申し込みはできれば避けた方がいいかもしれません。土日祝日でも対応してもらえても、少なくとも即日の審査回答は望めません。

これは平日でも即日融資ができないため同じといえば同じですが、土日の場合、在籍確認がとれないことが想定されます。土日祝日にも稼働している企業ならば、在籍確認が取れますが、休みとなっている会社ならば在籍確認が取れないことになります。

在籍確認が取れないと、審査の最終段階で手続きが止まってしまうことになります。この点を考慮して申し込みをすることが大切です。

バンクイックも在籍確認は避けられない。銀行名で電話連絡が入る

カードローンでは、一般的に自宅や勤務先に連絡が入ることがあります。勤務先については、在籍確認といわれるものがこれに当たります。

バンクイックでは、この在籍確認が銀行名で行われます。銀行名でもカードローンだと周りにわかってしまうのではないかと心配する人がいますが、「バンクイック」の名前は出さないので周りにはカードローンとはバレずに手続きを行うことができます。

銀行の場合、金融機関の業務がカードローンに限らず多様にあるからです。例えば銀行から電話が職場に入った時、「口座を作ったことで確認の電話が入った」「口座の引き落としのことで連絡が入った」などと誤魔化すことができます。実際に銀行から口座についてや振り込みなどについて確認の電話が入ることはあります。

バンクイックの審査は⽢い?他社との難易度の差の判断は難しい

審査の厳しさについてですが、一般的に銀行カードローンは審査が厳しいといわれており、審査が銀行と保証会社の2つがあることは先にも触れました。確かに回数だけで見れば、審査は厳しいといえる面があります。また、一般的な常識として金利が低いほど、審査が厳しい傾向があるのは確かです。

それは、金利が低い状態で返済が滞ると、カードローン側の利益が少なく損害の方が大きくなってしまうからです。審査は、利用者の返済が滞った時のリスクを少なくするためにも必要なことです。

バンクイックの審査は厳しいのか甘いのかという点については、一概にはいえず、厳しいとも甘いとも断言できません。審査の結果は、申込者個人の属性や信用情報によるからです。

まず、バンクイックと他行のカードローンの申込条件を比較してみます。

カードローン 年齢などの対象者の条件
バンクイック 満20歳以上65歳未満
原則安定した収入がある
三井住友銀行カードローン 満20歳以上満69歳以下
原則安定した収入がある
みずほ銀行カードローン 満20歳以上満66歳未満
安定かつ継続した収入が見込める
りそな銀行プレミアムカードローン 満20歳以上満66歳未満
継続安定した収入がある
(学生、専業主婦(夫)は不可)
楽天銀行スーパーローン 満20歳以上62歳以下
お勤めで毎月安定した定期収入があるまたは専業主婦
イオン銀行カードローン 満20歳以上満65歳未満
本人に安定かつ継続した収入が見込める
(自営業者、専業主婦(夫)は可・学生は不可)
オリックス銀行カードローン 満20歳以上69歳未満
原則毎月安定した収入がある
ソニー銀行カードローン ソニー銀行の普通預金口座を持っている
満20歳以上65歳未満
原則安定した収入がある

年齢だけでみると、若干の差はあるものの多くは60歳台までが年齢の上限といえます。また、専業主婦の有無の違いについては、言及していない銀行も多いので判断は難しいところかもしれません。

しかし、どこも安定した収入は必須のため、申込条件だけでいえばバンクイックは特に甘いわけではなく、また特段厳しいわけでもないといえます。

バンクイックの審査通過率は公表されていない。アコムを参考にする

審査の厳しさを判断する材料のひとつとして、審査通過率が話に出てくることがあります。審査通過率とは、言葉のとおりカードローンの審査に通過する確率を指します。審査通過率が高ければそれだけ審査に通る人が多く、お金が借りやすいと考えられます。

しかし、バンクイックをはじめとする銀行カードローンは審査通過率を公表していません。公表しているのは、一部の大手消費者金融のみです。そのため、審査通過率からはバンクイックの審査の難易度はわかりません。

保証会社のアコムは審査通過率を公表しているため、もし審査通過率を参考にしたい場合は、こちらを参考にするしかありません。また、他と比較する場合も、やはり保証会社となっているところと比較することになります。

これらは、あくまで銀行カードローンの審査通過率ではないため、参考程度にしかならないことも承知しておく必要があります。

消費者金融 審査通過率(2020.10) 審査通過率(2021.03)
アコム 43.1% 41.0%
プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス) 38.7% 37.5%
アイフル 41.5% 38.1%

この中でも特に保証会社として知られているのが、プロミスを扱っているSMBCコンシューマーファイナンスになります。これらを比較してみると、アコムは審査通過率が良い方といえます。

それがそのままバンクイックの審査の厳しさ、または甘さに直結するわけではありませんが、ここからみる限りでは、バンクイックは特に審査に厳しいわけではないことが想定できます。

バンクイックの審査落ちたら再申し込みは可能でも避けた方いい

バンクイックに審査がある以上、落ちる人がいるのは確かです。ただし、審査に落ちてもその理由は教えてもらうことができません。そのため、理由については必ずしも確実ではないものの、一般的な要因は情報として出ているため、審査に落ちた理由はそこから考えていくしかありません。

【バンクイックの審査落ちの要因になるもの】

  • 借入希望額が大きすぎる
  • 他社や他行からの借金が多い
  • 延滞など、信用情報に傷がある
  • 虚偽による申し込みをした
  • 以前アコムの審査に落ちている

カードローンは、返済ができない人にはお金は貸せません。当然、他社や他行のカードローンでの借り入れが多ければ、その分、バンクイックに申し込みしても返済が難しいことは想定できます。そのため、すでに借金がある人は審査に通ることは難しいでしょう。

元々銀行カードローンは総量規制の対象外のため、年収の1/3を超える金額を融資することは法律的には問題ありません。しかし、昨今銀行カードローンも消費者金融並みの融資額を上限としていることが多いです。そのため、融資額が高額になりそうな場合も審査に影響を与えることになります。

また、過去を含めて他のローンやクレジットで返済が滞ったり債務整理などを行ったりした場合は、その延滞などの記録が個人信用情報機関に記録されてしまいます。この延滞等の情報を「信用情報に傷がついた」「金融事故情報」などといいます。「ブラックになった」という表現をすることもあります。

元々カードローンでは、申し込みや契約手続きを行う時、その契約情報を自社(自行)だけでなく個人信用情報機関に記録し、その記録を「個人信用情報」といいます。個人信用情報機関は、いろいろな金融機関が契約した個人のローンやクレジットの契約情報や利用内容を記録する機関です。

銀行や消費者金融はカードローンなどの申し込みがあった場合、審査の判断ができるよう、個人信用情報機関に記録されている個人信用情報を照会することができるようになっています。そこで個人信用情報に傷があると、カードローン側は返済に不安を覚えてその申込者に審査落ちという結果を出すことになります。

バンクイックも他行同様、個人信用情報に傷がある申込者は融資を断るでしょう。

自社の事故記録の影響は大きい。アコムが保証を行っている所も注意

特に銀行カードローンでは、銀行と保証会社の2つの審査があることは説明しました。2つの審査を通るには、その分、個人信用情報がしっかりしている必要があります。

個人信用情報機関に記録されている個人信用情報は、自己破産などの一部の内容と機関を除くと5年は記録が残った状態になります。しかし、各社とももともと自社に残っている記録は半永久的に残ります。

バンクイックの保証会社はアコムです。アコムにも事故情報の記録が残っているならば、ますます審査に通ることは厳しいでしょう。銀行カードローンでアコムが保証人を行っているところは、他にもいくつかあります。

  • ソニー銀行カードローン
  • セブン銀行ローンサービス(カードローン)
  • auじぶん銀行カードローン(じぶんローン)
  • 西日本シティ銀行カードローン(NCBキャッシュエース)

バンクイックの審査に落ちた場合、確かに申し込みだけならば再度バンクイックに申し込みすることはできますが、今までの個人信用情報を考慮すると必ずしも再度の申し込みで審査に通るとは限りません。今あげたアコムが保証会社になっている銀行カードローンも要注意です。

アコムが保証会社になっていない銀行カードローンか、アコム以外の消費者金融の方に申し込みすることをおすすめします。

早く対応してもらおうともバンクイックでは即日融資ができない

審査はあるものの早くお金が借りられることがカードローンのメリットですが、バンクイックでは、即日融資ができません。古い情報のままだと即日融資が可能となっていることもありますが、今、即日融資ができないのは他の銀行カードローンも同様です。

以前は審査の回答も即日可能だったのですが、今は審査時間に関しても最短で翌営業日での回答となっています。平均してみると、実際に借り入れまで2~3日かかっている人が多いようです。

審査には銀行だけでなく保証会社の審査もあるため、審査には時間がかかると上項で説明しましたが、最短で翌営業日となったのは別の要因も関係しています。

消費者金融の即日融資が可能と比べると遅い印象を持つかもしれませんが、地方銀行などではまだ1週間近く時間がかかるところもあり、銀行の中では比較的早く対応してもらえているといえます。

審査時間がかかる理由は警察庁のデータベース照会も関係している

以前は即日融資も可能だったバンクイックが、審査時間がかかり早くても翌営業日となった要因には、以下の理由があります。

  • 銀行カードローンの過剰な融資が社会問題になった
  • 審査の中で警察庁のデータベースの照会が必要になった

以前はカードローンのメインを大手消費者金融が担っていたのですが、多重債務者が増えたことで2010年に改正された貸金業法が完全施行されて、規制が厳しくなりました。その後、カードローンを銀行も幅広く扱うようになり、銀行カードローンの顧客も増えました。

今度は、銀行カードローンの過剰融資が社会問題になってきました。そのため、銀行カードローンの審査が、今までよりも慎重になってきました。

また、反社勢力への融資を防止するために、警察庁のデータベースの照会も義務化されることになりました。特にこのデータベースの照会に時間がかかり、即日で審査回答を出すことができず、早くても翌日、時間がかかる場合は長くて2週間ほどかかるとされています。

2週間というのは警察庁のデータベースに引っ掛かった場合にかかる時間のため、よほどのことがないとそこまでかかりませんが、このことにより、バンクイックをはじめとする銀行カードローンは、審査回答が最短で翌営業日となりました。

バンクイックは審査回答の時間帯も決まっているため、この時間も考慮しながら申し込みするようにしてください。

バンクイックの審査に落ちた時や急ぎの時は消費者金融の方がおすすめ

バンクイックの審査に落ちた時についての説明を上記しましたが、バンクイックに落ちた後、少しでもお金を借りられる可能性を上げるための対応方法のひとつとして、消費者金融に申し込みするのもおすすめです。

また、バンクイックを含めて銀行カードローンは即日融資ができないこともあり、少しでも早くお金を借りたい人も同様に、即日融資が可能となっている消費者金融の方がいいでしょう。

バンクイックとは違うメリットも。急ぎの時におすすめのカードローン

消費者金融でもこれらの大手消費者金融ならば、認知度の高さやサービスの充実、対応の早さの面でメリットは多いです。

カードローン 金利
(実質年率)
限度額 申込方法
SMBCモビット 3.0~18.0% 800万円 WEB
(パソコン・スマートフォン)
電話
三井住友銀行内に設置されたローン契約機
※郵送の申し込みは、2022年2月28日で終了
プロミス 4.5~17.8% 500万円 WEB
(パソコン・スマートフォン)
電話
自動契約機
店頭窓口
郵送
アコム 3.0~18.0% 800万円 WEB
(パソコン・スマートフォン)
電話
自動契約機
(むじんくん)
店頭窓口
郵送
アイフル 3.0~18.0% 800万円 WEB
(パソコン・スマートフォン)
電話
自動契約機
レイク ALSA 4.5~18.0% 500万円 WEB
(パソコン・スマートフォン)
電話
自動契約機

大手消費者金融は、どこも即日融資が可能となっていて、それぞれの金利や限度額に差はあまりないといえます。

金利は銀行カードローンよりも高いため敬遠されがちですが金利以外の面で考えると、銀行カードローンに負けないサービス内容となっていて、特に急いでお金を借りたい人や誰にもバレずにお金を借りたい人向けです。特長もそれぞれにあります。
カードローン 特徴
SMBCモビット 即日融資が可能
WEB完結申込ができる
WEB完結申込ならば電話連絡、郵送物なしで手続きができる
アプリでカードレスの利用が可能
急ぎの人は連絡すると早く対応してもらえる
プロミス 即日融資が可能
最短1時間で融資
WEB完結申込ができる
WEB完結申込ならば郵送物なしで手続きができる
上限金利が他社よりも低い
無利息期間がある
アプリでカードレスの利用が可能
女性専用のダイヤルある
バレ対策の相談にのってくれる
アコム 即日融資が可能
最短30分で審査完了
無利息期間がある
アプリでカードレスでの利用が可能
女性専用ダイヤルがある
返済期日に幅がある
アイフル 即日融資が可能
最短25分で融資
WEB完結申込ができる
WEB完結申込ならば郵送物なしで手続きができる
原則として自宅や勤務先に連絡なし
無利息期間がある
アプリでカードレスの利用が可能
女性専用のダイヤルある
急ぎの人は連絡すると早く対応してもらえる
レイク ALSA 即日融資が可能
最短60分で融資
WEB完結申込ができる
WEB完結申込ならば郵送物なしで手続きができる
無利息期間が選べる
アプリでカードレスの利用が可能
電話連絡では担当を男性女性を選択することができる
電話連絡が難しい場合、相談してもらえる

SMBCモビットは、周りにバレたくない人に最適なカードローンで、必要な口座など条件はあるものの、WEB完結申込で手続きをすると郵送物や電話連絡がないまま契約をすることができます。

また、スマホにアプリをダウンロードすると、セブン銀行ATMでの取り引きがカードレスでできるようになります。カードを持たないことも周りにカードローンの利用がバレにくいことに繋がります。

プロミスでよく知られているのが、高いながらも上限金利が他社よりも低いことです。WEB完結申込ならばカードレスにすることもでき、スマホを使ってセブン銀行やローソン銀行ATMで借り入れや返済をすることができます。

無利息期間は、メールアドレスの登録などの条件はあるものの、借入日翌日から30日間設定されています。他社は契約日翌日から換算されることが多い中、プロミスは借入日翌日から換算されるため、日数を無駄遣いせずにすみます。

アコムの場合は、バンクイックの保証会社ということもあり、バンクイックの審査に落ちた場合は申し込みを避けた方がいいかもしれませんが、急ぎの場合にはおすすめのカードローンです。

アコムでは以前はカード発行が必要でしたが、カードレスも可能になりました。アプリをダウンロードするとセブン銀行ATMで借り入れや返済をすることができます。

急ぎの場合、WEBまたは電話で申し込みをした後、自動契約機で手続きをすると早く手続きができます。返済も2週間前ならば毎月の約定返済として扱ってもらえます。無利息期間も30日間ありますが、契約日翌日からの換算になるため、利用する時は注意してください。

アイフルも人気のあるカードローンのひとつになり、即日融資ができるだけでなくWEB完結申込も可能です。WEB完結申込ならば郵送物なしで手続きできるだけでなく、カードレスにできます。その場合は、スマホアプリを使ってセブン銀行、ローソン銀行のATMで借り入れや返済が可能です。

申込時の連絡も原則として自宅や勤務先に連絡をしていません。無利息期間に関しては他社同様30日間になり、契約日翌日から計算されます。急ぎの時は、申込後に電話連絡をすると優先的に対応してもらえます。

レイク ALSAの一番の特長は、無利息期間サービスが選べる点です。条件や金額の上限はあるものの60日間(WEB申し込みのみ選択可)と180日間(5万円分まで)と選べ、60日間を選択できない場合も30日間の無利息期間サービスを選択することは可能です。また、WEB完結申込ならば、郵送物なしで手続きができます。

アプリを使ったカードレスに関しては、スマホATMによる借り入れは2020年12月23日から利用停止中ですが、セブン銀行ATMを利用することができます。

大手消費者金融それぞれに、似たようなサービスがあり選ぶのに悩んでしまうかもしれませんが、細かな違いがあります。また、即日融資が可能でも申込方法により対応の仕方や審査回答のタイミングが変わってくるため、よく考えてカードローンを選ぶようにしてください。

カードローンはやばい、怖いと思う人もいるがバンクイックなら大丈夫

カードローンというだけで、「やばい」「怖い」というイメージを抱いている人がまだ少なからずいます。バンクイックの場合、銀行名が商品名に入っていないことやカードローンのネガティブなイメージが合わさり、よく知らない人は心配になるかもしれません。

しかし、バンクイックは今まで説明した通り、大手都市銀行が取り扱っているローン商品なので、怖いことは全くありません。また、返済額も以下のように最低返済額が少額のため、返済に対しても不安になる必要はないでしょう。返済額は、最小返済額として以下のような例があります。

借入残高 最小返済額
10万円以下 2,000円
10万円超20万円以下 4,000円
20万円超30万円以下 6,000円
30万円超40万円以下 8,000円
40万円超50万円以下 10,000円
50万円超 借入残高が10万円増えるたびに2,000円追加の金額

※借入利率8.1%超の人

心配な人は、HPに返済早見表やシミュレーションがあるので、試算してみてもいいかもしれません。

バンクイックの審査が安心できることは口コミの内容からもわかる

他にもバンクイックの審査について口コミを参照してみると以下のような内容があり、評価もよく安心して申し込みできることがわかります。

  • セブン銀行ATMで借り入れや返済ができるので便利
  • 三菱系の銀行でメインバンクなので申し込みした
  • 銀行口座を使うと借り入れも返済も便利
  • 申し込みはテレビ窓口だったが丁寧な説明だった
  • 急ぎだったので、借り入れまで3日かかって焦った
  • テレビ窓口の設置がATMの一角だったので、声が聞こえないか不安だった

テレビ窓口は周りの目が気になるところですが、審査や手続き、対応についてはおおむね好意的な内容が多かったです。総合的に判断すると、バンクイックは、銀行カードローンの中でもおすすめのひとつといえるでしょう。

バンクイックは住宅ローンに影響することも。注意点について

一般的な話として、カードローンの借り入れをしていると住宅ローンに影響するといわれています。特にこれらの場合は、住宅ローンの審査に通ることがかなり厳しくなります。

  • カードローンの借入残高が大きい
  • カードローンを延滞している
  • カードローンを利用していなくても解約していない

住宅ローンに限らずローンの審査に影響を与える内容ですが、住宅ローンでは特に現段階の借入額が大きく影響します。

返済比率は住宅ローンでは必ずチェックされる。借入残高に注意

住宅ローンでは、返済比率といって、年収に対してローンの返済にどれくらいの割合(%)のお金を使えるか表したものを重要視します。

年間の返済額(合計)÷年収×100=返済比率(%)

(例)年収500万円・返済額150万円
150万円÷500万円×100=30% 返済比率30%

このローンの返済額には、カードローンなど他のローンも含まれます。カードローンの借入残高が多ければ、当然返済額が増えるため、返済比率は上がります。返済比率が高いということは、収入に対して借金がたくさんあることになるため、返済が厳しくなることが想定されます。返済が厳しい人は、ローンの審査に通る可能性が低くなります。

住宅ローンの返済比率は、一般的に30~35%までとされています。金融機関により設定された%は違いますが、厳しいところでは30%に満たない条件を持つところや、中にはカードローンの契約をしているだけで審査に通らない住宅ローンもあります。ここからカードローンは、審査に大きく影響を与えることがわかります。

また、延滞などを起こした場合、その人は返済が厳しくてできないのではないかと判断されるのは、住宅ローンに限ったことではありません。他のカードローンに申し込みする場合にもチェックされることです。金額が大きい分、審査が厳しいといわれる住宅ローンならば、当然、延滞などは審査に通らない理由になります。

また、カードローンを利用していなくても契約していているだけで審査に通らないという場合もあります。これは、限度額の枠があること=(イコール)それだけ借金をすることができることを意味しているからです。

借入残高以外の影響について。カードローンがプラスに影響することも

ただし、借入残高や延滞等の問題はあるものの、カードローンの契約のみでいえば必ずしも審査に通らないとは限りません。

銀行カードローンも住宅ローンも同じ銀行で利用している場合は、審査への影響が少ない場合もあります。中には住宅ローンを利用していてカードローンを申し込みした場合、金利が若干下がるカードローンもあるほどです。ただし、全ての銀行がこのサービスを行っているわけではありません。

バンクイックに関しても、金利優遇サービスがついているわけではなく、他の銀行のようなメリット的なものはありません。しかし、カードローンも延滞をせずきちんと返済を続けるなどの利用の仕方によっては、信用情報を高めることに繋がります。

返済をきちんと行った場合、逆にプラスになることもあるため、上手に活用するようにしてください。

急がない時は銀行カードローンの中ではバンクイックは申込しやすい

バンクイックは、三菱UFJ銀行が扱う大手都市銀行のカードローンですが、商品名から銀行カードローンとしてわかりにくいカードローンかもしれません。

しかし、銀行自体の知名度があることや対応の良さから評判もよく、銀行カードローンとしてみても金利が低いこと、口座を持っていなくても契約できる点など、メリットの多いカードローンです。

審査については、甘いとはいえないものの保証会社のアコムの審査通過率を参考にする限り、特に厳しいわけではないことが推測されます。

ただし、銀行だけでなく保証会社の審査もあることや今の銀行カードローンの制度により即日融資はできません。そのため、急ぎにはあまり向いていないといえます。そんな時は消費者金融をおすすめします。

関連記事